年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
魚谷 知道うおたに ともみち

もう少し深堀! ーブロック塀についてー

最終更新日:2021年4月19日
公開日:2021年2月4日

みなさん

 

こんにちわ

仲介手数料が《無料もしくは割引》の不動産流通システム<REDS>の魚谷です。

 

今回から「もう少し、深堀!」シリーズを第2弾。

 

今回の話題は「ブロック塀」について

 

 ブロック塀は一般の建物に附属するものは建築物と定義されています。

 

 ブロック塀はよく隣地境界に作られることが多いため、越境トラブルなどの

要因となることもありますし、そのブロックの保存や設置に瑕疵があることに

よって他人に被害を被った時には、その占有者は損害賠償を負うことも

あります。

 

 そんな一見、脇役的な「ブロック塀」も実は、侮れません。

以下の項目をチェックすることをお薦めいたします!

①塀の高さは2.2m以下か?

②塀の厚さは10cm以上か?

 (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

③塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え塀があるか?

④コンクリートノ基礎はあるか?

⑤壁に傾き、ひび割れはないか?

⑥壁に鉄筋ははいっているか?

 

以上6項目を不動産を購入する前に、不動産仲介会社の担当と

一緒に確認することをお薦めします。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

不動産流通システム<REDS>

魚谷

 

カテゴリー: