年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菅原 秀泰すがはら ひでやす

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年8月度

公開日:2021年9月22日

先週はバブル崩壊後最高値の30795.78円を記録したかと思えば、今週は中国の恒大集団のニュースで世界的に株価下落となり、変化の大きい市場となっています。

コロナの新規感染者数は一時から見るとかなり下がってきて、緊急事態宣言も出口が見えてきたように感じられるようになってきました。

とは言えまだまだ油断はできない状況ではありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先日、レインズの8月度の速報が発表されましたのでお知らせ致します。

成約件数は3月以降、減少傾向が続いており、成約単価に頭打ち感が見えてきました。

また在庫数は前月比は3か月連続の増加となり、今後も増加傾向が続く期待が持てる気がしますが、成約件数が減少している影響も考えれれますので、今後もそのバランスをウォッチしていく必要があります。

中国問題による今後の株価の推移も気になりますが、基準地価も2年連続で下降し、不動産相場上昇もそろそろ頭打ちと見てよいのではないでしょうか。

 

今後も市場動向について、今後もお知らせして参ります。

皆様からの不動産に関するご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年7月度

公開日:2021年8月10日

オリンピックが終わってしまいましたが、次は甲子園が始まりました。その次はパラリンピックと、コロナ禍の2度目の夏。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて本日、レインズの7月度の速報が発表されましたのでお知らせ致します。

価格上昇は相変わらずですが、4月以降の成約件数減少が続いています。その影響も考えられますが、在庫数が先月に続き、微増ではありますが、増加しました。

この8月も7月同様の傾向が続くと思います。9月からの動向が今後の行方を予想するのに非常に重要だと考えています。

日経平均株価も下がってきているので、不動産価格上昇にも歯止めがかかるのではないかと思っておりますが、今後も相場動向をウォッチして参ります。

 

皆様からの不動産に関するご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ 第5波と日経平均株価

公開日:2021年8月1日

今日から8月 夏真っ盛りです。 オリンピックも始まり、熱い戦いが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、コロナのほうは第3波のときよりも、はるかに急増して日々「過去最多」と記録更新している状況です。

7月末の日経平均株価終値は27283.59と下がって終わりました。グラフで見るとなだらかに右下がりでピークを過ぎたのかなと思える数字になってきました。

さすがにコロナがこれだけ長引いている中で、日経平均が3万円を超える場面もありましたが、実体経済に則した数字に近付いていくのでしょうか。

明日以降はもちろん、オリンピック終了後の株価の動向がどうなるか、それによって上がり続けている不動産市況もどうなるか、とても難しい予想ですはありますが、私個人的には、暴落はしないと思いますが、緩やかに下がっていく傾向にはなるのではと考えています。

今後も不動産市況に関するデータをお知らせして参ります。

 

皆様からの不動産に関するお問い合わせをお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年6月度

公開日:2021年7月18日

関東も梅雨明けし、急に暑くなりましたね。オリンピック開催間近ですが、ここ数日は新規感染者数3000人を超え、第5波の兆候です。相変わらず不安な日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて先日、レインズの6月度速報が発表されましたので、お知らせ致します。

成約件数に関しては前年比-0.37%となりましたが、昨年が1回目の緊急事態宣言の影響で4・5月の落ち込みの反動があったものであり、高い水準を維持していると思います。また、成約単価についても前年比2桁増が3月から4か月連続となっていて、上昇傾向が続いています。

一方、在庫数は前年比20%超のマイナスが続いていますが、前月比を見ると0.91%ではありますが、1年ぶりにプラスへ転じ、下げ止まり感が見えて参りました。

オリンピック期間中の市場は動きが停滞するでしょうが、その後に反動で活発化するのではと期待しております。ワクチン接種率が上がってくる必要もあると思いますが、売出物件数が増加し、価格上昇にも一服感がでてくるのではと、私個人的には予想しております。

 

引き続き、マーケットデータについてはウォッチ致しまして、お知らせさせていただきます。

 

皆様からの不動産に関するご相談・お問合せをお待ちしております。

 

 

カテゴリー:

日経平均株価と成約単価の推移

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年6月19日

間もなく緊急事態宣言も解除になりますが、まだまだリバウンドの懸念など心配は尽きませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、先日お伝え致しましたレインズのデータに日経平均株価(月末値)を重ね、2001年4月のデータからグラフにしてみました。

こうして見ると、日経平均株価の推移と不動産相場の推移が連動しているのがわかります。また、株価の変動幅よりは不動産相場の変動幅のほうが小さくなっていて、少し遅れて変動しているのがわかります。

2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災、昨年のコロナショックで下落している局面はありますが、概ね上昇トレンドが続いています。

また成約件数は毎月の月間の成約件数ですので、3月がピークになるよな変動はありますが、概ね取引件数も上昇トレンドが続いていて、中古マンション市場が拡大しているのがわかります。

 

今後のオリンピック後やコロナ収束後の株価や不動産市況がどうなるか、予想するのはとても難しい話ではありますが、こうして見ると、私個人的には、オリンピック後に若干の落ち着く場面はあるでしょうが、暴落のようなことは起きずに、基本的に上昇トレンドが続くと思います。とは言え、バブル期のように株価が4万円に近付くことはないでしょうから、どこかで踊り場といわれる局面が来るのだとは思います。

 

結局、購入するお客様にとっては、いつか購入するのであれば、早く買った方が良いですよというのが市況を見るとおわかりいただけると思います。

 

売却する人にとっては、先延ばしした方が相場が上がるとは言え、物件の築年数は確実に古くなりますので、単純に先延ばしすることが良いとはなりません。踊り場を向かえる前に売却されることをお勧めいたします。

 

皆様からの不動産のご購入・ご売却のご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年5月度

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年6月10日

梅雨明けしたかのような真夏並みの暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて本日、レインズの5月度速報が発表されましたので、お知らせ致します。

成約件数は、4月と比べると下がってはいますが、5月としては1990年の機構発足以降で過去最多だそうです。成約単価については、前年比はプラスを維持していますが、前月と比べるとマイナスに転じております。とは言え、まだまだ下がる気配ではないとは思います。

在庫件数の減少と売出価格の上昇が、相変わらず続いております。しかしながら、在庫件数の減少幅が鈍化している傾向がこの3か月で見て取れます。

いずれにしても、オリンピックで潮目が変わると思いますので、引き続き、市場動向をウォッチして参ります。

 

不動産のご売却も、ご購入も、皆様からのご相談をお待ちしております。

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年4月度

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年5月20日

間もなく関東も梅雨入りしそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先日、レインズの4月度速報が発表されましたので、お知らせ致します。

昨年の4月は成約件数が落ち込んだため、対前年比は116.4%の上昇となっていますが、前月比で見ると約21%の減少となっています。

成約坪単価は相変わらず上昇を続けています。在庫数の減少も続いていますが、減少速度が少し緩やかになっているように見えます。物件減少に歯止めがかかることを期待します。

今月も緊急事態宣言が続いており、株価も28000円前後になって先読みが難しい状況ですが、また今後もマーケットのご報告をさせていただきます。

 

皆様からの不動産のご売却・ご購入のご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年3月度

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年4月12日

新年度に入り、まん延防止等重点措置も始まり、なかなか落ち着かない日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日、レインズの3月度速報が発表されましたので、お知らせ致します。

3月は成約件数が増え、業界全体でも好調でした。東京のマンションでも前年比15%超の増加です。

成約坪単価も前年比10%以上の上昇です。

一方で売れ行き好調な分、在庫数の減少に歯止めがかかりません。売出価格の坪単価の上昇傾向も続いています。それでも成約件数は伸びているわけですから、価格上昇もやむを得ないですよね。

4月、5月と売出物件数が少なくなっている中、市場がどのように動いていくのか、なかなか先読みが難しいですが、今後も動向をウォッチしてお知らせさせていただきます。

 

皆様からの不動産のご売却・ご購入のご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

2021 地価公示と日経平均株価

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年3月29日

満開の桜も週末の春の嵐で散り始めてしまいました。

緊急事態宣言が解除されて1週間ですが、新規感染者数も少し増えていて、心配な状況が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

 

先日、令和3年1月1日現在の公示地価が発表されました。

昨年もこの内容をお伝えしましたが、ついこの間のような気がして、もう1年経ったかと感じました。

さて、ここ数年上がり続けていた公示地価が、今年は新型コロナの影響で下落に転じました。

グラフは公示地価の東京圏住宅地平均と毎月の日経平均株価の月末値を重ねています。

株価は上がっていますが、公示地価は下がりました。

今まで上昇していた要因がインバウンドによる影響があったところは、大きく下がりましたが、都心では上昇しているところもあります。

まだまだ新型コロナの影響は続くでしょうから、東京オリンピックがどうなるか、今後の株価がどうなるか、不動産相場がどうなるか、本当に先が読めないですね。

でも、実際に住む家については、乱高下はないと、私個人的には考えております。

相場を気にするよりも、ライフステージの変化に合わせてお住み替えをご検討されるほうが合理的だと思います。

 

また今後も、いろいろなデータを取り上げて行きたいと思います。

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和3年2月度

最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年3月22日

 

長かった緊急事態宣言も昨日で終了しましたが、変異型の流行の懸念など、まだまだ安心できない日々が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

 

さて、ご報告が遅くなりましたが、先日レインズの2月度速報が発表されましたので、お知らせ致します。

成約件数については、前年比がマイナスにはなっていますが、件数としては先月より増加しています。

成約m2単価も継続して上昇しています。

また在庫件数については、下げ止まりでしょうか。緊急事態宣言の解除の影響で増加に転じることを期待しますが、3月に入っても物件が少なく、取り合いの状況は変わってない気がします。

成約件数は前年比で減少してはいますが、在庫数の20%超の減少と比べると、売り出している物件が成約に至る確率は上昇している状況ということです。しかも、m2単価は上昇しておりますので、売却のチャンスと言えると思います。

ご売却をお考えのお客様も、ご購入をお考えのお客様も、皆様からのご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー: