上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

進藤 聡

開運神社ベストランキング!※仕事を後押ししてくれるベスト神社は?

最終更新日:2019年11月1日
公開日:2019年10月29日

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

最近自然災害による大変な打撃のニュース等あり、気持ちが沈んでしまうこともありますが、前向きにがんばっている良いニュースもたくさんあり、私も気持ちを前向きにしていこうと思う、今日この頃です。

 

本ブログで住みたい街や住んで良かった街、地価が上がる予想等のランキングを取り上げさせて頂き、こうしたランキング物が好きな私ですが、また面白いランキングを発見いたしましたので、ご紹介させて下さい。

 

その名も「人生を切り開く!成功神社ランキング」です!

あの一流経営者も、あの天下人も通った開運神社のベストランキング…という内容で、色々な評点をもとに神社をランキングしたムック本です。

由緒ある神社をランク付けしちゃっていいのかな…という気持ちもありつつ

(98位にランキングした神社の関係者の方は微妙な反応ではないかと想像いたします…。)

 

色々なカテゴリーのランキングがあるのですが、「仕事を後押ししてくれる神社ベスト100」というランキングの中で、関東近郊の身近に行ける神社をいくつかご紹介させて頂きます。

 

本カテゴリーの栄えある第一位神社は、茨木県の鹿島神宮です。

正直、本神社は私はよく知らず、意外なランキング1位だったのですが(失礼ですね…)歴代の大物武将である、源頼朝が熱心に崇拝し、徳川家康の天下統一の野心を叶えたことで、多くの武士の崇敬を集めた神社とのことです。

ビジネス的には、本神社が事業創始の神として知られていることから、起業や勝負事の前にぜひとも参拝したい神社になっています。

 

第3位にランクインしたのが、神奈川県にある箱根神社です。

本神社もまだ行ったことのない神社だったのですが、関東でビジネスするなら、まずここへ、と言われるほど財界の大物の方が崇敬することで、有名な神社であるとのことです。(不勉強でした…。)伊豆に流刑になった源頼朝が繰り返し参拝し、やがて鎌倉幕府を開いたという伝説が残っているそうです。(源頼朝さんは非常に信心深い方だったことがうかがえます。本神社は復活へと導く神社だったのですね!)

その後、内閣総理大臣を務めた、吉田茂さんや西武グループの創始者である、堤康次郎さんなどの多くの財界人の方が、勝運祈願を行っているご利益のある神社です。

 

5位には赤坂の日枝神社、7位には秩父神社、10位には鎌倉の鶴岡八幡宮が入っておりました。

神社仏閣巡りが好きな私にとって、新たな行き先をたくさん教えてくれた本になりました。

また面白いランキングがありましたら、ご紹介させて頂きます!

カテゴリー :

不動産業界を舞台にした映画と、「ハウスオブカード」

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月22日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

映画や海外ドラマが大好きで色々と見ている私ですが、不動産業界を舞台にした作品は、意外に少ないと感じます。

 

企業を舞台にした社会派作品は色々とありますが、証券会社や銀行、投資会社等を舞台にしたものはドラマティックに描きやすいからか数多く、名作もある中で、不動産会社が舞台の作品は、よくよくじっくり思い出してみないと、全然思い浮かんできません。(映画:「ウォール街」や海外ドラマ:「スーツ」のような感じで不動産業界を格好良く描いた作品を製作して欲しいものです。)

 

日本のテレビドラマでは、不動産売買仲介会社を舞台にした「家売るオンナ」が続編まで作られ、「おっさんずラブ」も大ヒットし、同業者としてうれしい限りでしたが、最近の海外映画・ドラマではピンとくるものがなく、20年以上前の映画で、私が好きな俳優さん達がたくさん出演している「摩天楼を夢見て」という映画をやっと思い出しました。

 

不動産会社のセールスマン達の悲哀と戦いを描いた群像劇…といった内容の映画なのですが、キャストは非常に豪華で、主演はアル・パチーノで、ジャック・レモン、エド・ハリス、アレック・ボールドウィン等ベテランが脇を固める、良い俳優陣の作品です。※内容のインパクトはそれほどなかったと記憶しています。

 

その中でも、ひとくせもふたくせもある不動産営業マン達を束ねる、狡猾な上司役で、ケヴィン・スペーシーも出ています。ケヴィン・スペーシーは、「セブン」や「ユージュアル・サスペクツ」等のヒット映画で主役級の脇役として(見た方は意味わかると思います…。) 有名な俳優さんなのですが、このケヴィン・スペーシーが主演を務め、最近降板することになってしまった最高に面白い、おすすめしたい海外ドラマが、「ハウスオブカード」です。

 

ハウスは家ではなく、ホワイトハウスのハウスになります。アメリカ大統領を目指し、そして見事その地位に上り詰め、それからは熾烈なパワーゲームに明け暮れるという、NETFLIX(ネットフリックス)の大人気シリーズです。※全てDVD出ております。

 

このドラマはシーズン6で完結で、私自身は最近ようやくあと少しで見終わるところまできたのですが、このシーズン6を撮っている最中に、主役のケヴィン・スペーシーが自身の問題で降板することになり、すべて脚本を変更し、役の中で死んだことにし、奥様のクレアを主役に据えての最終シーズンになるという、実際にも怒涛の展開を見せたドラマです。

 

なんといっても見どころは、主人公のクレアがアメリカ合衆国大統領になり、色々な権力闘争に一歩もひかずに、ご主人亡き後も変わらず、野望の階段を上り続けていくところです。見始めると一気見してしまう作品なので、容易にはお勧めできないのですが、企業物・社会派ドラマがお好きな方や、権力闘争に興味のある方(たくさんはいないかと思いますが…)必見の作品です!

※「フォレストガンプ」のヒロインだったころの面影は本作ではあまりなく、ひたすら強くカッコいい女性です!

カテゴリー :

怖いけど、ためになる本

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月5日

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

弊社REDSは、営業部が8月7日から15日まで夏季休暇に入ります。(交代で2名ずつ出社しておりますので、お問い合わせのご対応をすることは可能です。)

 

ここ5年間程、我が家は、毎年夏にはハワイ旅行に行っていたのですが、本年は私の会社移籍や、その他家族の予定等もあり、延期する形になってしまいました…。

 

ハワイ旅行に毎年行くことを家族の公約にしてきた私にとって、今年は肩身の狭い夏であり、そんな背景がそうさせたのか、普段あまり手に取らない講談社新書を店頭で見つけ、購入するに至りました。

 

その本こそ話題のベストセラー「妻のトリセツ」です。

まず、表紙の副題の「理不尽な妻との上手な付き合い方」、書き出しの「妻が怖いという夫が増えている…」とのっけから目が離せなくなり、飛ばし読みをしていく中で「話し合いはビジネスプレゼンのメソッドで」「何十年分もの類似記憶を一気に展開する女性脳」「名もなき家事がふたりをわかつ」とキャッチーかつ、男性ならあるあると、思わず大きくうなずいてしまうようなタイトルがならび、これは今の自分に必要な本であると、即買いするにいたりました。

 

今は食生活や、健康関連の本しかり、ストレスフルな今の時代を生き抜くための本しかり、科学的な調査や根拠に基づく知識を提供してくれる本が多く出ており、それをうまく取り込むことで、人生をよりよく展開していきたいと願う今日この頃です。

 

この「妻のトリセツ」も著者はAI研究者の方(黒川伊保子さん)とのことで、科学的な知識に裏付けされたとても戦略的な本で、実生活に生かせる男性必見の本であると感じました。

※直視するのは怖いけど、ためになる本です。

 

ただこの本を読んでいることは妻には内緒にしようかな…とも思っております。

隠れてせっせと勉強し、さらりと本書で得た知識を行動に移す…、これがベストではないでしょうか?(そうに違いありません。)

 

それでは皆様、良い夏休みをお過ごし頂ければと存じます。

カテゴリー :

この夏公開の楽しみな映画達!

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月4日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

猛暑が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏休み真っ盛りで、ご家族と外出される方も多いと思います。海やアウトドアも良いですが、涼しい室内で、映画を見るのも最高ですよね。(私は、映画館にいる時間が大好きです!)

 

この夏公開される作品は、人気シリーズの続編やスピンオフ、人気監督の最新作など、必見の作品が目白押しです。

 

私は、シリーズものは律義に全て見ていく真面目な性格で(自分で言いますが)、代表的なものですと、先日シリーズ集大成の完結編が世界歴代最高の興行収入をたたき出した、アベンジャーズ/エンドゲームが属するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画は、いまのところ大方見ております。

※シリーズ中「キャプテンマーベル」だけまだ見ていません。それでも20作以上は見ていることになると思います。

MCUのフェイズ3(興味のない方には意味不明なワード…。)の最後を飾る、スパイダーマン最新作ファーフロムホームも、エンドゲームからつながるストーリーで、このシリーズを見てきた方であれば充分楽しめる作品になっていて、おすすめいたしたいです。(個人的にはトビー・マグアイア演じる最初のスパイダーマンが好きです。)

 

8月2日から公開の「ワイルドスピード」シリーズのスピンオフであるスーパーコンボも、ヒット間違いなしの外れのない痛快アクション大作で、私自身も早々に見たい作品です。(ちなみにシリーズ8作全て見ております。)

 

また既に大ヒットしている「アラジン」は吹替版を先日見ましたが、実写版は思った以上に良い出来で(ウィル・スミスのCGのジーニーを心配しておりましたが、ぴったりはまっていました!)実際のキャストの歌声が聞ける字幕版も、是非見たいと考えています。大人でもお子様方とでも楽しめる、是非見ていただきたい作品です。

 

その他にも同じディズニーの実写化「ライオンキング」や人気シリーズの「トイストーリー4」、人気の新海誠監督の最新作「天気の子」、タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を楽しみに見ていきたいと思っております。

 

面白かった映画がありましたら、是非教えてください!(私はおすすめ頂いた映画も、やはりきっちり見るタイプです。)

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する