上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

進藤 聡

大手不動産会社アンケート実施の住んでみたい街ランキング!

公開日:2019年10月4日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

 

新築マンションポータルサイトMAJOR7(メジャーセブン=住友不動産・大京・東急不動産・東京建物・野村不動産・三井不動産レジデンシャル・三菱地所レジデンスの大手7社)で、2019年度の「住んでみたい街アンケート」の結果が発表になりました。

 

本アンケートでは、恵比寿駅が5年連続トップになっておりますが、調査する会社によって、結果が色々と微妙に変わってくるのが、こうしたランキングの面白い所かと思います。※本アンケートは新築マンションを検討されている、特に大手の不動産会社さんが分譲した商品に、お問合せをされている方が中心の、調査結果かと思われます。

 

1位~5位に入っている、恵比寿駅・品川駅・目黒駅・自由が丘駅・吉祥寺駅は、本アンケートでは、毎年ほとんど安定していて、この中で若干の上げ下げがあるだけで、ほとんど順位の入れ替わりがありません。

 

そんな中で、去年圏外から、本年度のTOP20に飛び込んできた3駅と、去年からの上昇率ベスト3駅をご参考までに取り上げてみます。

 

◆圏外からランクインベスト3

1位:代官山駅 圏外→16位

2位:目白駅  圏外→18位

3位:豊洲駅  圏外→19位

 

◆上昇駅ベスト3

1位:鎌倉駅  20位→15位

2位:東京駅  15位→11位

3位:表参道駅 10位→7位

 

また本アンケートでは、男女別のランキングも行っていて、こちらも違いがあり、面白いと思いました。男性のアンケートにしか登場しない駅、女性のアンケートにしか登場しない駅があり、そのベスト3も調べてみました!

 

◆男性のアンケートにしか登場しない駅

1位:四ツ谷駅  男性11位・女性圏外

2位:麻布十番  男性18位・女性圏外

3位:青山一丁目 男性20位・女性圏外

 

◆女性のアンケートにしか登場しない駅

1位:代官山駅  女性11位・男性圏外

2位:代々木駅  女性14位・男性圏外

3位:銀座駅   女性17位・男性圏外

 

男性の、四ツ谷駅11位というのは渋いチョイスであると感じます!通勤の利便性も考慮された結果なのでしょうか?(私も落ち着いていて、好きな場所です。)

 

代官山駅が、女性のランキングではよい順位なのに、男性では登場しないのも、これもよくわかる感じがいたします。お洒落なカフェ・レストラン・ショップが近隣に多くあり、その点をよしとするか、住まいに近すぎるのはどうかと考えるか等、色々な考え方があるかと思います。

 

銀座に住みたいと言える女性の方と、言うのですら及び腰になる男性の方(住むのにいったい、いくらかかるの…?)という構図を想像したり、やはり色々と楽しめる住みたい街ランキングでした。

 

また新たなランキングが出てきましたら、ご紹介させて頂きます!

カテゴリー :

本年度の住みたい街ランキング・埼玉県勢の常連「川口」「大宮」駅!

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年9月11日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

私が勝手に行っている、最近の住みたい・住みやすい駅ランキングに登場する、注目駅・意外な駅をクローズアップするシリーズです!

 

今週、埼玉エリアの物件をご案内したのですが、価格のバランスと周辺環境の良さが際立つ非常によい物件でした!(お申込みも頂きました。ありがとうございます。)

また、ご案内帰りの東武線の車内で、話題になった映画の「飛んで埼玉」をもじったのか、「住んで埼玉」というキャチコピーにも触れ、さらに刺激を受けまして、今回は埼玉県勢で、最近のランキングによく登場してくる常連駅、「川口」駅と「大宮」駅に注目したいと思います。

 

まずは「川口」駅ですが、本駅は、色々なランキングや、お客様の評判等から、人気度の上昇をここ最近、特に感じる駅になっています。

 

SUUMOさん調査の「穴場だと思う駅ランキング」で関東全域の中で堂々10位!ARUHIさんの「本当に住みたい街大賞」では堂々4位に入る等、都内の人気駅をおさえて、かなり上位に食い込む健闘を見せています。

 

埼玉県エリアの人気駅はまず、都心の主要な駅に鉄道沿線でアクセスが良いのが特徴ですが、「川口」駅も秋葉原駅にはJR京浜東北・根岸線で1本、約21分で着ける利便性の良さがあります。

 

かつての工業用地がマンションに代わり、駅周辺の再開発が進み、埼玉県内でも第3位の利用客数を誇る、大型中核駅として発展しています。

「アリオ川口」「そごう」「かわぐちキャスティ」「川口キュポラ」等の大型商業施設からスーパー(西友、コモディイイダ、OKストア、ドン・キホーテ等)、飲食店、コンビニ等、買い物には困らない店舗の充実があり、にぎわいを見せています。

 

上記の店舗の充実だけでなく、住みやすいとの評判もある理由として、約3万平方メートルの公園をはじめとする、緑が多いエリアであるというところや、中学生までの医療費免除等の行政サービスの充実も挙げられるかと思います。

再開発事業によって文化・教育環境の充実にも力を入れ、図書館や保育園、広場等、お子様がいらっしゃるご家族も過ごしやすい環境を実現しているエリアになっています。

 

続いてご紹介させて頂きたい「大宮」駅も人気度の上昇が著しい駅で、SUUMOさんの住みたい街ランキングで5年前の20位から、右肩上がりで、現在2019年度は堂々4位まで上昇しています。

 

やはり「川口」駅同様に都心へのアクセスが抜群で、12路線(!)の沿線利用可能なだけでなく、「新宿」や「東京」等の都心主要駅に1本30分前後の時間で着けてしまうところが魅力です。

※1日の本駅の乗降人数は約51万人(!)と、新幹線の乗り入れもある巨大ターミナル駅になっています。

 

埼玉県内だけでなく、県外の方にもその利便性が認知され、人気を取り込めたのが、ランクアップの一因ではないかと思われます。

 

それでは引き続き、人気・活性化駅・注目駅を掘り下げていきたいと思います。今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー :

千葉エリアの注目駅「柏の葉キャンパス」「千葉ニュータウン中央」駅

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年9月8日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

本日から明日にかけて、台風15号が関東甲信または静岡県に上陸・通過の恐れありとのこと、くれぐれもお気を受け下さい。私もちょうど帰社時間が影響をもろに受ける時間帯のようで、今からハラハラしております…。

 

先日お客様のご案内で、千葉エリアに行ってまいりました。都内に比べご案内の頻度は少ないのですが、ご案内するたび、都心へのアクセスも良く、区画整理されたよい街並み多く、価格も都心に比べ抑えることも可能な場所もあり、非常に良いエリアだと感じます。

 

そんな中でも、2019年度の住宅ローン専門会社のARUHIさんが選ぶ「本当にすみやすい街大賞」で、都内の人気駅を抑え、堂々TOP10入りを果たした、千葉県内の注目2駅をクローズアップさせて頂きます。

 

まずご紹介させて頂きたいのが、上記ランキングで5位に入った、「柏の葉キャンパス」駅です。本駅は弊社のある秋葉原駅からですと、つくばエクスプレス1本で約34分の、都心へのアクセス良好駅になります。

 

本駅は、官民・大学が一体となった新しい街づくりが進められていて、東京大学や千葉大学のキャンパスもありながら、三井不動産さんのららぽーと等の商業施設も点在する多様性・先進性のある次世代の街を感じさせるエリアになっています。

 

面白いのは、「最先端の知の集積」「健康長寿」の実現を掲げていて、前者においては、「科学警察研究所」「税関研修所」「国立がん研究センター東病院」等の先進性を感じる新しい施設が存在し、後者においては、バリアフリーや環境配慮型を意識したスマートシティの構築を進めている点です。

 

また、日本型のシリコンバレーを目指すベンチャー支援ネットワークの構築や、シックハウス症候群の研究や実証実験を行う、ケミレスタウン等、様々な先進的な知の取り組みを行っています。

 

上記のような発展は、結果として駅の人気度を押し上げることに繋がっているようで、本ランキングの評点項目の、交通の利便性と、コストパフォーマンスの2点においては、近年は混雑度がアップし、以前と比較するとコスパはやや下がると、人気度に反映して価格が高くなり、交通も混雑する要素が出てきているようです。今後さらに発展が期待される良駅かと思われます。

 

もう1駅は、ランキング8位の「千葉ニュータウン中央」駅です。本駅は、秋葉原駅から約54分の都心1時間圏内エリアになります。

 

千葉ニュータウンは印西市、船橋市、白井市にまたがる開発地区で、ショッピングエリアや教育施設・医療機関の充実したエリアになっています。※駅前にも大型商業施設・企業オフィスビルあり

また、柏の葉キャンパスエリアと同様、総合的な都市開発がうまく機能し、公園等の自然環境との調和をはかりながら、イオンモール等のショッピングセンター・教育・文化環境共に充実した街づくりに成功しています。

 

引き続き、色々なエリアの魅力的な駅をご紹介させて頂けたらと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

カテゴリー :

本当に住みやすい街とは?(神田駅がシニア編で健闘!)

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月19日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

以前のブログで、住みたい街ランキングに入っている活性化エリア・駅についてご紹介させて頂いたことがございました。色々なサイトが独自の視点でランキングを発表していて、とても面白いのですが、そうした憧れの街ではなく、本当に住んでよかった、実際に住みやすい街のランキングってないのかなと、ふと思い探してみましたら、ちゃんとあるんですね…。不勉強ですみません。

 

ご購入を検討されていて、住宅ローンについてお調べの方はよく目にされるかと思います、住宅ローン専門の金融機関さんのARUHI(アルヒ)さんが発表されている「本当に住みやすい街大賞」というランキングがあります。このランキングは、住みたい街ランキングとかなり異なり、かなり渋いラインアップになっているのですが、私自身が不動産業に従事している中で、評判の良さや人気度の上昇を肌で感じたことのある駅が数多くみられ、とても面白いランキングになっておりました。

 

ご参考に2019年度のTOP10を列記させて頂きますと、

1位 赤羽駅

2位 南阿佐ヶ谷駅

3位 日暮里駅

4位 川口駅

5位 柏の葉キャンパス駅

6位 勝どき駅

7位 南千住駅

8位 千葉ニュータウン駅

9位 小岩駅

10位 矢向駅

 

総じて、開発エリアもしくは人気ターミナル駅付近でありながら、下町情緒や住環境の良さがあるという、利便性と住環境のバランスの良い駅が多くランキングしていると感じました。

 

赤羽・日暮里・勝どき・川口・南阿佐ヶ谷駅は、よい評判や人気度のアップを感じることが多い活性化駅で、ランキングはなるほどと感じさせるものでしたが、南千住・小岩・矢向駅や、柏の葉キャンパスや千葉ニュータウン駅は改めて、その人気の理由を自身でも調べてみたいと思いました。住みたい街ランキングにはあまり登場してこない駅かと思いますが、だからこそ、住んでいる方は知っているその独自の魅力が知りたくなります。

 

また、本ランキングのさらに面白いところは、番外編で、本当に住みやすい街のシニア編ランキングも作っているところです。(本年から新設) そのベスト2に、弊社REDSのある秋葉原隣駅の神田駅がランキングしておりました!

 

神田駅は言わずと知れた、都心の利便性の良いターミナル駅ですが、近年スーパーや日常の買い物スポットも増え、かつクリニック・大学病院等の大きな病院も周辺に多く、趣味のスポットも多彩な人形町や神保町エリアに近いことも、シニアの方に支持されるランキング入りの理由になっているようです。

 

また、シニアの方だけでなくファミリーの方にも、物件エリアを選ぶ視点として重要と思われるのは、防災に関する視点かと思われます。神田駅のある千代田区は、耐火建築物が多く、災害時にも防災拠点となりうる大型ビルもあり、地震を含めた地域危険度が総じて低い好エリアとなっています。※緊急車両も通りやすい道路の整備が整っていることもその助けになっているかと思われます。近年自然災害の痛ましい被害のニュースを目にするたび、長期的に住むエリアを選定するに当たって、外せない指標・視点であると感じます。

 

ちなみに本シニア編ランキングの1位は大泉学園駅、3位は印西牧の原駅(千葉県内・北総鉄道北総線沿線)とこちらも意外性のあるランキングになっておりました。物件選定のご参考資料の一つにして頂ければ幸いです。

カテゴリー :

住みたい自治体ランキング(躍進した街・王道を行く街)

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月6日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

色々な不動産関連サイトで、「住みたい街」ランキングを目にする機会って多いかと思います。

 

毎年ランキングが色々なサイトから出てきますが、私は、ランクを上げた駅・人気度を上げ躍進した街を、特に注意して見ております。

それぞれのランキングで不動の地位を築いている駅・区もあれば、順位や顔ぶれが全く違うこともあり、その点も面白いと思います。

 

そんな中で、2019年のランキングで順位を上げてきた自治体(市・区)をご紹介させて頂きたいと思います。

 

複数のサイトで順位を上げてきた駅で、目をひく躍進を見せているのが、東京都心エリアが上位を占める中、埼玉県内の自治体で唯一気を吐く、さいたま市(大宮区、浦和区)です。

2001年に浦和市、大宮市、与野市の3市が合併、その後岩槻市を編入した100万都市で、政令指定都市の中で唯一の内陸県として知られています。

 

生活ガイド.comでは、2019年度で昨年41位→6位のランクアップを果たしています。SUUMOの住みたい自治体ランキングでも17位(大宮区)18位(浦和区)と強豪がひしめく中で上位にランキングしています。※住みたい駅ランキングでも大宮駅が堂々第4位です。

人気の要因は、まず都心へのアクセスの良さが挙げられます。JR・私鉄・新幹線と多くの路線が乗り入れている通勤便の良さがあり、かつ住民の方の多くが(アンケート調査で約8割の方が)住みやすいと答える、住環境の良さを兼ね備えている所が評価に繋がっていると思われます。

 

また、神奈川県勢では、鎌倉市がSUUMOのランキングでは9位で、上位陣の中でも、最も上昇率の高いエリアになっておりました。

 

こうしたランキングで面白いのは、あくまで住みたい街ランキングであって、住んでよかったランキングではない所です。住みたい駅ランキングで、恵比寿駅、新宿駅、横浜駅等の個性のある人気巨大ターミナル駅が多く登場するのは、その象徴かと思われます。

 

また、アンケートをとっている年齢層や独身の方・ファミリーとターゲットにする層の構成率が変わると、内容も大きく変わってくると思われ、そのため多様なランキングが登場するに至っています。

 

それでも、住みたい街に思いを馳せるのは、自由な妄想を限りなく広げることが出来、楽しいですよね。SUUMOランキングの上位、1位:港区、2位:世田谷区 3位:目黒区…。

是非とも住みたいです…。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する