上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

お知らせinformation

マンション売却ニーズに応えた『マンション売却のリアル』のサイトを開設

公開日:2017年9月7日

不動産・住まいに関するドラマやバラエティ番組の解説記事も話題に!

 
不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、高品質の仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(代表取締役:深谷 十三)は、自社のWebサイト上で展開しているオウンドメディア『不動産のリアル』に加え、新たに宅建士のプロがマンション売却や不動産売却の参考記事を投稿する『マンション売却のリアル』を開設しました。
 

 

mansion

 

2017年9月7日
株式会社不動産流通システム

 
ここ最近、新築マンションの価格高騰などを受け、中古マンションの流通が活発化しており、マンションや不動産の売却に関する知識やノウハウを求める声が高まっています。そうしたニーズにお応えし、お客様にとって後悔のないマンション売却のお手伝いをするため、宅地建物取引士ら不動産のプロが分かりやすく、多方面からお伝えします。
 
本媒体の特徴は、記事の執筆者がすべて宅地建物取引士や行政書士などの国家資格もしくはファイナンシャルプランナーなどの資格を有する実務経験者で構成されている点です。これは、レッズ(REDS)のエージェント全員が宅地建物取引士の有資格者で構成されていることと同様に、マンション売却の記事の執筆者も、経験と知識を兼ね備えた実務の経験者であればこそ、読者にとって有効な質の高い情報提供ができると考えたためです。
 

『マンション売却のリアル』Top画面

 
mansion
 

マンション売却のリアル

 
・本日(9月7日現在)までの掲載記事のタイトル(10本)
 
9月以降にマンション売却がしやすくなる理由
 
中古マンション売却の必勝法!?―ホームステージングとは
 
マンション売却で内見は真剣勝負
 
築年数別に見るマンション売却の注意点
 
マンションの早期売却に必要な担当者のスキルとは
 
マンション売却で最適な不動産会社を見つける方法
 
マンション買い替え時に注意しておきたいポイント
 
マンション売却 気になる仲介手数料の仕組み
 
マンション売却で不動産会社と結ぶ契約について
 
マンション売却時に知っておきたい査定の仕組みと注意すべきポイント
 
※参考:オウンドメディア『不動産のリアル
 
不動産売買にかかる諸費用を少しでも抑えたいというお客様の気持ちに応えるため、REDSは不動産売買の仲介手数料を法定上限の半額以下から無料としています。業界では、物件の売主と買主双方を自社で押さえて仲介料を双方から取る「両手仲介」や、それを実現するため物件の売却情報を市場にクローズとする「囲い込み」が横行しています。いずれも、業者と消費者との間にある「情報の非対称性」に起因するものですが、オウンドメディア「不動産のリアル」では、首都圏に住む初めて不動産を購入する方々をメインターゲットに、こうした「情報の非対称性」を解消し、クリーンな業界構築を目指すため、不動産のプロや有識者が執筆・監修した記事を提供しています。
 
《『不動産のリアル』で話題の注目コンテンツ ーT V番組を開設する「エンタメ」コーナー》
 
『不動産のリアル』での「エンタメ」コーナーでは、住宅や不動産を扱ったドラマやバラエティ、報道番組について宅建士らがプロ目線で検証し、「ウソ・ホント」を指摘しています。
 
最近では、日本テレビ系で火曜22時から放映されている人気バラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」でセレブタレントの森泉さんがボロボロの格安物件を自分でリフォームするという企画の解説記事を配信したところ、有力ポータルサイトで紹介されて大きな反響を呼びました。
 
特に、「幸せ!ボンビーガール」の2017年8月1日の放送内容の解説を、翌日2日に公開した、
『ボンビーガール』森泉が買った中古戸建てが大問題に!?ー不動産のプロが解説
 
image_mori
(写真はイメージです。本プレスリリースの内容とは関係がありません。)
 
という宅地建物取引士が解説した記事は多数のPVとともに反響を呼び、ネット系の芸能情報を扱う媒体からの本記事に関する取材を受けたほどでした。
 
昨年、北川景子さんが主演した人気ドラマ「家売るオンナ」が放映された際にも、同様の解説記事を配信しましたが、エンタメ番組でも大真面目に解説することで、不動産について深く知っていただくきっかけとなり、将来、取引をする際にお役に立てるように、という思いで配信しています。
 
■不動産流通システム(REDS)の概要
(1)商号: 株式会社不動産流通システム
(2)代表者: 深谷 十三
(3)本社所在地: 東京都千代田区神田松永町10番地 長谷川ビル702号室
(4)設立年月日: 2008年10月28日
(5)資本金: 8,519万円  資本準備金7,519万円
(6)事業内容: 不動産売買の仲介およびそれに付随する業務

カテゴリー :

「不動産のリアル」9月の人気記事のご案内

公開日:2017年9月2日

不動産売買のお役立ち情報が満載の「不動産のリアル」の人気記事のご案内

 

2017年9月1日

株式会社不動産流通システム

 

 

不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、高品質の仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(代表取締役:深谷 十三)のオウンドメディア「不動産のリアル」での人気の記事をご案内します。

 

「不動産のリアル」では、不動産売買にかかる仲介手数料の仕組みや不動産市況などの情報を、不動産売買にかかわるプロの宅地建物取引士、不動産鑑定士などの有資格者が執筆・監修した記事のほか、識者による最新の不動産の動向など深みのある情報を、物件売買を検討している方に向けて発信しています。

 

(さらに…)

カテゴリー :

「不動産のリアル」8月の人気記事のご案内

最終更新日:2017年9月1日
公開日:2017年8月1日

不動産売買のお役立ち情報が満載の「不動産のリアル」の人気記事のご案内

 

2017年8月1日

株式会社不動産流通システム

 

 

不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、高品質の仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(代表取締役:深谷 十三)のオウンドメディア「不動産のリアル」での人気の記事をご案内します。

 

「不動産のリアル」では、不動産売買にかかる仲介手数料の仕組みや不動産市況などの情報を、不動産売買にかかわるプロの宅地建物取引士、不動産鑑定士などの有資格者が執筆・監修した記事のほか、識者による最新の不動産の動向など深みのある情報を、物件売買を検討している方に向けて発信しています。

 

(さらに…)

カテゴリー :

「不動産のリアル」7月度の人気記事のご案内

公開日:2017年7月2日

不動産売買のお役立ち情報が満載の「不動産のリアル」の人気記事のご案内

2017年7月1日

株式会社不動産流通システム

 

不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、高品質の仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(代表取締役:深谷 十三)のオウンドメディア「不動産のリアル」での人気の記事をご案内します。

 

「不動産のリアル」では、不動産売買にかかる仲介手数料の仕組みや不動産市況などの情報を、不動産売買にかかわるプロの宅地建物取引士、不動産鑑定士などの有資格者が執筆・監修した記事のほか、識者による最新の不動産の動向など深みのある情報を、物件売買を検討している方に向けて発信しています。

 

(さらに…)

カテゴリー :

埼玉りそな銀行様から感謝状を頂きました

公開日:2017年6月26日

株式会社埼玉りそな銀行 ローン事業部長 猪俣 章様から弊社の代表深谷宛に「住宅ローンの利用促進」の貢献についての感謝状を頂きました。

感謝状は、埼玉りそな銀行 八潮住宅ローンご相談プラザ所長の荻原 和樹様、同 担当マネージャーの吉田 浩二様にご来社いただき、贈呈いただきました。

ご多忙の折、荻原様、吉田様には誠にありがとうございました。ご厚誼に心から御礼申し上げます。

今後とも弊社へのご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

「不動産のリアル」6月の人気記事のご案内

公開日:2017年6月1日

不動産売買のお役立ち情報が満載の「不動産のリアル」の人気記事のご案内

 

2017年6月1日

 

株式会社不動産流通システム

 

不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、高品質の仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS、レッズ)(代表取締役:深谷 十三)のオウンドメディア「不動産のリアル」での人気の記事をご案内します。

 

「不動産のリアル」では、不動産売買にかかる仲介手数料の仕組みや相続税対策、不動産市況などの情報を不動産のプロが執筆・監修した記事のほか、識者による最新の不動産の動向など深みのある情報を、物件売買を検討している方に向けて発信しています。

 

(さらに…)

カテゴリー :

プロの宅建士による「帰ってきた 家売るオンナ」の解説記事を公開

公開日:2017年5月27日

株式会社不動産流通システム

 
 
5月26日に放送されたテレビドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」(日本テレビ)の宅地建物取引士による解説記事を公開いたしました。不動産売買にかかわっているプロの宅建士による不動産業界での実態を交えた解説です。
 

 
当社では、昨年放送された女優・北川景子さん主演の人気ドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ系)の全話で、ドラマの内容を元に不動産業界の実態を分かりやすく、エンターテイメント性を持たせた解説記事を掲載していましたが、今回も同様の主旨によるものです。
 

カテゴリー :

「帰ってきた 家売るオンナ」紹介記事に当社が掲載されました

最終更新日:2017年5月19日
公開日:2017年5月17日

お客様各位

株式会社不動産流通システム

 
平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。
 
5月17日発売の『週刊ザテレビジョン』の「実録!ドラマな女たち」の特集で、5月26日放送の「帰ってきた 家売るオンナ」紹介記事(p21)で当社 不動産流通システム 代表取締役の深谷と営業部長の高坂が取材を受けた記事が掲載されました。
 
当社では、昨年放送された女優・北川景子さん主演の人気ドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ系)の全話で、ドラマの内容を元に不動産業界の実態を分かりやすく、エンターテイメント性を持たせた解説記事を掲載していましたが、5月26日の「帰ってきた 家売るオンナ」の放送後も翌27日の午前10時までに解説記事を公開する予定です。
 

 
また、当社が記事を提供している「excite.不動産」においても、当社のこれまでの「家売るオンナ」の解説記事のバックナンバーを、5月13日から26日まで連続で「振り返り」記事として配信しています。あわせて当社のFacebookでも「振り返り」記事としてバックナンバー全話を配信しています。

カテゴリー :

スマートフォンWebサイトの高速化(AMP)対応のお知らせ

公開日:2017年5月9日

 
 
不動産売買の仲介手数料を「最大無料」としながらも、効率的な業務体制で高品質な仲介サービスを提供する株式会社不動産流通システム(REDS 、レッズ)(本社:千代田区、社長:深谷十三)は、このたび、住宅ジャーナリストの榊淳司氏の人気コラムなどが掲載されているオウンドメディア「不動産のリアル」などのWebサイトに、Googleが提唱するモバイルページ高速化プロジェクト「AMP(Accelerated Mobile Pages)」に対応し、スマートフォン向けのWebサイトの画面表示を高速化しました。
 
今回のREDSのAMP対応と今年の2月に行ったシステム・サーバ移行でのWebサイトの速度改善で著しい効果が得られたことはIT業界からも高く評価され、5月10日~12日に東京ビッグサイトで開催される『クラウド コンピューティングEXPO春(クラウドジャパン春)』で、東証一部上場企業のさくらインターネット株式会社により紹介されることになりました。
 

「AMP」対応の背景

 
REDSでは不動産販売の仲介手数料を法定上限金額の半額以下(最大で無料)にするため、「両手仲介」や「囲い込み」など、業界の悪しき商慣習からの脱却を宣言し、資質と経験を備えた宅建士のエージェントによる高品質な仲介業務がお客様から好評をいただいております。
 
折り込みチラシなどコストがかかる広告活動を行わず、路面店舗を持たないにREDSにとって、Webサイトはお客様との接点を持つ最初のステップとなり、サービスの拡大を図る上で大きな役割を果たしています。
 
REDSの公式Webサイトで展開しているオウンドメディア「不動産のリアル」には、都心のタワーマンションについて独自の取材で詳しい分析を行っている住宅ジャーナリストの榊淳司氏のコラムをはじめ、専門家や有識者による分かりやすい解説記事が豊富に取り揃えられており、都内で不動産売買を検討されている方や不動産売買に関する情報感度の高い方々への認知度が上昇し、現在のアクセス数は月間10万PV超となっています。
 
現在、情報入手の手段として、パソコンよりもスマートフォンからサイトにアクセスすることが増えています。ただ、通信環境によっては、スマートフォンはパソコンよりも、データのダウンロードに時間がかかることが多く、いかに「軽く・早く」ページやコンテンツを表示させることができるかが、スマートフォンサイトの課題となっています。
REDSのサイトにも、スマートフォンからアクセスされる方が増えているため、Webサイトの表示とサーバの反応速度の改善・対応を進めてまいりました。
 

不動産売買の仲介業者では導入が珍しい「AMP」とは?

 
REDSはモバイルページ高速化プロジェクト「AMP」を、この5月からオウンドメディア「不動産のリアル」などのページに導入いたしました。「AMP」とは 、GoogleとTwitterが共同で開発中の、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末を利用したウェブページを高速表示するためのプロジェクトで、WebサイトのHTMLをあらかじめGoogleあるいはTwitter側でキャッシュすることで、読み込み時間を大幅に削減し、ページの表示速度を劇的に高め、ユーザーのページ離脱率を抑えるものです。
 
スマホユーザーにストレスフリーで情報をお届けするためのこうした対応は、不動産業界では先行事例が少なく、REDSのネット戦略とお客様対応に対する意識の高さの表れと自負しております。

 
現在、不動産売買の仲介会社の中で、AMP対応をしている会社はあまり見当たりませんが、REDSでは今後もスマートフォン(モバイル)対応を重視し、スマートフォンサイトの操作性や表示速度の改善と、さらなるお客様満足度の向上を目指していきます。
 

REDSでAMP対応をしているスマートフォンサイト(2017年5月9日現在)

 
不動産のリアル
コラム
『家売るオンナ』にみる不動産業界のウソ・ホント
 
AMPページのGoogleでの検索結果の表示画面
 

 

 
※今後もスマートフォンサイトのAMP対応ページは順次拡大していく予定です。
 

REDSのWebサイトの速度改善の取り組みが
「クラウド コンピューティングEXPO春(クラウドジャパン春)」で紹介

 
今回のAMP対応前に行ったサーバの反応速度の改善対応には、「さくらインターネット」と「プライム・ストラテジー」の2社に協力を仰ぎました。2017年2月中旬にサーバの反応速度を改善する施策を実施したところ、サーバのレスポンススピードは約2秒から0.03秒へと短縮。導入1カ月後には、Webサイトの月間の問い合わせ数が、前年比で200%を達成するなど、一定の効果が確認できました。
 
今回、REDSが実施した一連のWebサイトの表示速度改善の取り組みで、サーバ移行を含めて著しい効果が得られた成功事例として、クラウドコンピューティングに関する製品・サービスが一堂に出展する専門展「クラウド コンピューティングEXPO春(クラウドジャパン春)」の「さくらインターネット」のブースにて紹介されます。
 
『クラウド コンピューティングEXPO春(クラウドジャパン春)』概要
主催:リード エグジビション ジャパン
会場:東京ビッグサイト
日時: 5月10日(水)~5月12日(金)
10時~18時(最終日のみ17時終了)

 
 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する