後藤 光志ごとう みつし

コロナ詐欺

公開日:2020年5月28日

 こんにちは、5月ももう終わり、暑い夏がやってきます。その前に嫌な梅雨がありますが・・

 

 さて東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏1都3県と北海道で続く緊急事態宣言についても5月25日に解除され全面解除となりました。初めての経験でどんなことになってしまうかと心配でしたが、ほっと一息つけた気がします。強制力のない不要不急の外出自粛の要請で、緊急事態宣言の解除にまで持ってくる日本人ってすごいな。感激します。

 

 そういえば手に入らなかったマスクやアルコール消毒液も、薬局やスーパー、ディスカウントストアーなどで目にすることができるようになりました。価格もだいぶ安くなったものを目にします。

 

 でもまだまだ気を緩めることはできません。東京のここ数日間の一日の感染者数10人台も気になりますし、海外の例もあります。100年前に日本を襲ったスペイン風邪も2年間に3回の波があり、第2波で多くの死者が出たそうです。とはいえ今後のことを考えれば経済活動を再開させていくこともとても重要なことですよね。三密を避けマスク、手洗い等の基本はしっかり守りましょう。緊急事態宣言解除後にマスクをしない人が増えているように感じます。せっかくの頑張りが無駄にならないようあとひと踏ん張りしましょう。

 

 ところで、新型コロナウイルスに便乗した詐欺のニュースも多くなりました。給付金申請の代行を装った詐欺、マスクや殺菌スプレー等の偽販売サイトによる詐欺、テレワーク関連商品を扱う詐欺、新型コロナウイルスを口実にしたオレオレ詐欺、厚生労働省のホームページの偽サイトによるフィッシング詐欺、新型コロナウイルスに関するアンケート調査を模したネット詐欺等・・・よくぞまあこんなに悪知恵が働くものです。

 

 では不動産業界の新型コロナウイルスに便乗した詐欺はどうでしょう。

HOME’Sで紹介された「不動産投資詐欺~5つの手口~」によると、①手付金詐欺 ②満室詐欺 ③二重譲渡詐欺 ④デート商法詐欺 ⑤海外不動産投資詐欺 だそうです。いくらなんでもこんな詐欺はそう多くあるものではないでしょうが、まだ一握りの業者である事なのでしょうね。

 

 弊社エージェントの数名が新型コロナウイルスを理由に囲い込みが横行していることをブログで書いておりますが、これも立派な詐欺行為に当たるのではないでしょうか?信じて売却を依頼した売主様に対する大きな裏切りです。弊社は、原則両手仲介はありません。従って囲い込みは致しません。囲い込みは意味を持たないからです。REDSの社員は公明正大な精神で物事に取り組みます。

 

 先週末は多くのお問い合わせとご案内がありました。大変ありがとうございます。お問い合わせ、ご案内件数も徐々に戻ってきた気がします。

 

それでは売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSのエージェントに何なりとご相談ください。

カテゴリー:

コロナに負けずに頑張りましょう!! 不動産の購入・売却はその状況・時代で最善な方法を選択することが肝心です。

最終更新日:2020年4月25日
公開日:2020年4月22日

 こんにちは、桜の季節も過ぎ、道路沿いの木々は若葉で青々しくまぶしく感じます。もう新緑の季節を迎えようとしているんですね。

 

 緊急事態宣言が全国に拡大され新型コロナウイルスの感染者数も増える一方で減る気配がありません。毎日毎日感染者数が右肩上がりに増え、これがいつ急激な上昇カーブに変わらないか心配でなりません。今の良い季節を十分堪能することもできないですね。

 

 クラスター、オーバーシュート、ロックダウン、パンデミック等のカタカナ文字を毎日目にします。

 

 政府から「社会的接触を8割削減する」ことが目標とされました。この根拠が正しいとか正しくないとかの議論はあるようですが、目標設定としては分かりやすいですね。

 

 弊社では早い段階から在宅勤務を始めているので、今回の件で大きく営業スタイルを変える必要はありませんでした。とはいえ私の部署では仕事柄今まで在宅勤務はなく、今回の件でようやく取り入れることになりました。自宅でも作業の効率を考えて、複合機を自宅に持ち込んでいます。(小型とはいえ家庭に持込むには場所を取り、家族にひんしゅくを買っていますが・・・)それでも週一回程度の在宅勤務なので8割削減の目標には程遠いと思いきや、皆様の努力のおかげで目標に近い削減ができているかも・・・

 

 というのも、接触の多い電車の混雑は緩和しており、満員電車では2m以内の距離に10人程度はいると思いますが、今は2名以下、土日に至っては2m以上離れることが可能です。混雑する山手線・京浜東北線は避けて京成上野駅から歩いて秋葉原まで。少しでも貢献しなくては、命を削って日夜戦っている医療従事者の方々をはじめ関係者の方に申し訳ありません。

 

 NHKで感染リスクを減らすために取り組むべきこと「4か条」というのが放送されていました。

 ①接触する人数を8割に減らすこと。
 ②人との距離を2mに保つこと
 ③対面での食事を避けること
 ④運動するときは屋外で、人との距離を保つこと

だそうです。目標設定にしやすいですね。

 

 コロナウイルスに感染しないように注意しましょう。又、もしかしたらコロナウイルスに感染しているかもしれないという意識をもち、他人に感染させないよう行動しましょう。
まだまだ先が見えない状況ですが、少しでも早く状況が好転するよう皆さん頑張りましょう。

 

 さてこの状況下で不動産については価格が下がるとか、下がる物件と下がらない物件の二極化が進むとか、いろいろと言われておりますが、住宅用不動産の購入・売却については、欲しいとき、売りたいとき、必要な時が売り時・買い時とよく言われます。景気の良いとき悪いとき、金利が高いとき低いとき、長い人生いろんな局面がありますが、不動産価格が安く、金利も安く、給料がうなぎ上りに上昇する時代はきません。その時代・局面で最善の方法をとることが大事だと思います。買い替えを考える場合、購入不動産価格が下がれば売却する自宅の価格も下がります。自宅の売却価格が高額な時代は購入不動産も高くなります。金利が下がって住宅ローンが有利なときは不動産価格が高額かもしれません。不動産価格が下がっても金利が上昇しているかもしれません。その時代時代で少しでも高く売却し、少しでも安く購入するよう最善な選択をすることが大切だと思います。

 

 売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSのエージェントに是非お任せください。

カテゴリー:

新型コロナウイルス

最終更新日:2020年3月26日
公開日:2020年3月21日

こんにちは、毎日毎日新型コロナウイルスの話題でいっぱいです。新聞、ラジオ、テレビでも、ニュースやワイドショーでの話題と言えば新型コロナウイルスです。毎日増え続ける感染者・死者の数。マスクが手に入らない。消毒用アルコールが手に入らない等の話題から始まり、学校の臨時休校。遊園施設・娯楽施設・レジャー施設の休園・休業。講演会・大規模イベントの軒並み中止。新型コロナウイルスの影響で、工場・店舗などの休業、外食業界の大打撃。株価の急落。資金繰り破綻、倒産連鎖と。とにかくいろんなところに影響が出ているというニュースばかりです。

 

弊社では先月2月の時点では殆ど影響は感じませんでした。不動産業界は新型コロナウイルスについては割と影響が少ない業種と考えていましたが、流石にここにきて影響が出てきています。

案内減少・案内予約のキャンセル。売買契約のキャンセル。

新築住宅やリノベーション住宅では、中国からの製品・部品・器具・材料等の調達が滞っているために引渡を延長する取引が出てきています。

ある銀行融資担当者が休暇を取らされ住宅ローン業務が機能せず、引渡を延長した取引もありました。

 

世間の関心事は「新型コロナウイルス」ですが、気が重くなるものばかり。「新型コロナウイルス」を取扱えば視聴率が上がるのでしょう。多くの業界から、多くの各専門家が、多くの解説をしてくれます。でもここまで多いと経済への影響に逆効果では?

そんなニュースの中でも、ある自治体では備蓄のマスクや消毒用アルコールを医療機関や福祉施設などに寄付したとか、高齢者がマスクを買い求めて何件もの店をまわる姿を見て、甲府市の中学生が手作りマスク600枚を寄付。材料費は貯めてきたお年玉。

こんなニュースは心が温まります。買占めて通販での転売で儲けようとする行為と比べてどう思います?

 

桜が咲き始め、街には新緑も芽吹き始め、いろんな花が咲き始める季節。可愛いピカピカの一年生が大きなランドセル背負って元気に登校する季節。社会人1年生が新しいスーツを着て目を輝かせて夢と希望に満ちて会社に通う。そんな季節が来ようとしているのに、「新型コロナウイルス」の暗い話題ばかりでは気が滅入ってしまいます。

 

休みの日には思い切り外にでて気晴らししましょうよ。「新型コロナウイルス」に私たちができることと言えば、風通しが良く、人混みはできるだけ避ける。とにかく手洗い。そしてマスク・うがい(やらないよりはやった方が良い)です。

これをしっかり守って普段通りでいきましょう。この普段通りが、「新型コロナウイルス」が経済に与える影響を最小限に食い止める道かもしれません。

 

それでは皆さん引き続き、売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSにお任せください。いつものように。

 

カテゴリー:

3月のつぶやき

最終更新日:2020年3月26日
公開日:2020年3月13日

こんにちは。

2月もあっという間に過ぎてしまいました。

2月のニュースは新型コロナ一色で社会は騒然とする中であるにも関わらず多くのお客様に弊社をご利用いただき、大変ありがとうございました。

 

 3月の初日、3月1日の東京マラソンは一般参加者の参加はなくなり残念でしたが、エリート選手のレースはすごかったですね。中でも大迫君はすごい。鳥肌物でしたね。

レース後のインタビューで見せた涙に、東京オリンピック選考会を兼ねたこのレースに掛けてきた思いの重さが伝わってきます。こういうレースを見ると東京オリンピックは開催してほしいですね。マラソンは東京から北海道にコースが変更になりましたが、コース変更だけならまだしも、中止で走れなくなってしまったらと思うと気の毒でなりません。

マラソンだけのことではありませんが、東京オリンピックを目標にし、選手として出場する権利を手にした選手のことを思うと・・・

 

 さて今回は、こんな(こんなことしちゃダメでしょ)マンションがありましたという話です。それなりに大手の分譲マンションだったのですが、建物が完成し完了検査を受けた後、マンションの駐車場部分を敷地から切り離して売却しているんです。容積率オーバーになっています。売却先がマンションの管理会社。駐車場代金を管理会社がもらえるから管理費は安くしましょうとか、マンション建て替えの際は敷地として貸しますよとでも約束があったのでしょうか?古いマンションで何もそんなことは残っていません。

 また別のマンションも同じく建物完成後駐車場を敷地から切り離し、こちらは持ち分で分譲していました。取得者はマンションの所有者だけなのか、どうか定かではありません。

何故こんなことしちゃったんでしょうね。

 もっと凄いのありました。玄関入ると左右に各々1部屋がある間取りのマンションありますよね。そのマンションの分譲時のパンフレットをみると左右のどちらか一つが部屋でなく駐輪場・物置で玄関入って中からは入れず(壁になっています)。廊下から直接自転車が入れられるような間取りになっていました。変わった作りのマンションですが、第一種低層住居専用地域に建築されたマンションで、容積率に余裕がなく駐輪場・物置は、どうも容積率不算入措置を受けているようです。ところが綺麗にリフォームされたその部屋は、駐輪場・物置は普通の部屋になっています。壁を抜いて部屋の中から出入りできるようになっています。前所有者がすでにそのように変更工事をしていたらしい。しかもこのマンションの数部屋が同じ工事をしているようです。管理会社は何も言わないのでしょうか?まあ部屋の方が使い勝手はいいですよね。でもこれ駄目でしょう。

 このようなマンションは本当に稀ですが、注意しましょうね。

 

それでは皆様、2月同様今月も、売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSにお任せください。

カテゴリー:

2月のつぶやき

公開日:2020年2月9日

こんにちは。

早いものであっという間に1ヵ月が過ぎてしまいました。

1月は多くのお客様に弊社をご利用いただきました。

大変ありがとうございました。

 

今年は暖冬で、寒いの大嫌いな私としてはありがたい年となっています。(ここ数日寒いですが・・・)

ですが、暖冬の影響で、スギ花粉が早くも飛散しているとか、海水温が下がらず天然トラフグの水揚げ量が少ない。

雪不足でスキー場が悲鳴。北海道では、雪が布団の役目をするのに雪不足で土壌が凍結し越冬野菜が凍って傷む可能性があると言う。

暖冬の為、越冬野菜が凍結だって。暖かいの?寒いの?どっちなの?って感じですが、すごいですね自然って。

 

さてさて民法改正の話しがあちこちで聞かれるようになりました。

当初 売買では売主様の責任が増え買主様にとっては有利みたいな記事を多く見ましたが、

最近では契約書に定めていない事項については民法が適用されることになるわけで、売主様に過度な責任を負わせることのないよう、

契約書の条文等で実際の取引では大きく変わらないようになりそうです。極端な変更は混乱を招きますものね。

 

そういえば以前、不動産登記法の改正によって中間省略登記が出来なくなると騒がれたことがありました。

その一方ではできるという意見もあり、どっちなのはハッキリしませんでしたが、

結局以前の形での中間省略登記はできませんが、結果として同じ効力が得られる新中間省略登記「第三者の為の契約」とかが可能となり、

こういう取引も極稀な取引ではなくなりました。法律が変わっても、現状維持的な力は働くようですね。

 

それでは皆様、1月同様今月も、売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSにお任せください。

 

 

 

 

カテゴリー:

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

最終更新日:2020年1月30日
公開日:2020年1月4日

東京オリンピック・パラリンピックイヤーである2020年が明けました。

 

今年も、正月の風物詩「ニューイヤー駅伝」と「箱根駅伝」に感動し、勇気をもらい、一年が始まりました。箱根駅伝で活躍した選手たちが実業団に入り世界を目指し、活躍している姿は、応援したくなります。

 

今年の箱根は区間最高記録のラッシュ。世間で騒がれている、シューズ(意識して見ていると殆どの学生が履いている)や天候に恵まれていたこともあるのでしょうが、東京オリンピック・パラリンピックが決まってからの卒業生の活躍などが、関係者そして学生の意識、情熱の後押しをしているのでしょう。学生たちの走る姿、物語に涙し、感動し、応援せずにはいられません。

 

初詣の御神籤では、万物を大切に見よ。謙虚な気持ちで自然と向き合え・・・と、末吉かと思えば大吉。どうも大吉とは何をしても吉ということではなく、心構えが吉を招くということらしい。何事にも謙虚・感謝の気持ちを忘れずに。

 

さて、民法が改正され今年4月1日から施行されます。不動産取引においても賃貸・売買の取引や契約書についても変更されます。今回の民法改正では、貸主や売主の責任が拡大されている内容になっているので、改正された民法のままだと貸主・売主様にとっては恐くて契約できなくなってしまいます。ですので、契約条項や特約で実質的には現在の契約書の内容と大きくは変わることが無いようになるものと思われます。

 

2020年スタートいたしました。売るときも買う時も「どんな不動産も仲介手数料が全て割引!更には無料も」のREDSにお任せください。

 

カテゴリー: