年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤井 英男ふじい ひでお

マンション管理業者85社中なんと27社に是正指導

公開日:2021年8月5日

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。 

 

 

国土交通省は7月30日、マンション管理業者27社に是正指導を行なったと発表しました。

 

 

 2020年10月から約3ヵ月間、全国85社のマンション管理業者へ立ち入り検査を実施し、今年度の指導率は31.8%で、前年度比10.3ポイント低下、過去5年間の平均(41.3%)との比較では9.5ポイント下回りましたが、一部のマンション管理業者においては重要事項の説明等の適正化法の各条項に対する理解不足が見られる結果となりました。

 

 

 是正指導別の業者数は、「重要事項の説明等」が18社で最も多く、「契約の成立時の書面の交付」(9社)、「財産の分別管理」「管理事務の報告」(いずれも6社)、「管理業務主任者の設置」(2社)となりました。

 

 

 違反のあった業者に対しては、立ち入り検査時に違反状態を是正するよう指導を実施。引き続き立ち入り検査等による法令遵守の指導を行なうと共に、悪質な違反に関しては、マンション管理適正化法に基づき厳正・適正に対処していくそうです。また、関係団体に対しても、さらなる法令遵守の徹底を図るため、研修活動等を通じてマンション管理業全般の適正化に向けた指導等を図るよう要請しました。

 

 

私共、仲介業者においては、中古マンションの取引きを行う際には、管理業者に相当な費用を支払い「重要事項調査報告書」等を発行していただき、売主様へのヒアリング、行政・法務局調査等を経て、「重要事項説明書」を作成しております。

 

 

 

中古マンションの購入をご検討されるお客様は、修繕履歴や修繕積立金が計画通り積み立てられているか等々、知りたいことが山ほどありますが、弊社のエージェントが報告書に記載がないことをヒアリングしても回答の内容は、管理会社または担当者により求める精度に届かないことも多くあります。

 

管理会社に理解不足等があると、後々、大きなトラブルに発展し兼ねないので、しっかりとした報告書の発行を求めます!

 

 

 

安心・安全な不動産取引きを望む方は、経験豊富なエージェントが揃った「REDS」にご相談ください!!

 

 

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

カテゴリー:

IT重説等について住宅購入者の半数が利用意向

公開日:2020年12月5日

皆様、こんにちは。

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。 

 

FRK (一社)不動産流通経営協会が、居住用不動産取得者の取得行動等を把握する目的で行っている調査2020年度「不動産流通業に関する消費者動向調査」の結果が今月1日に発表されました。

 

今回の注目は、重要事項説明・売買契約締結へのIT利用に対するニーズに関する設問を用意したことです。

 

今後住宅を購入する際の「IT重説」の利用意向(利用したいと思う)は49.7%。

年齢別では60歳以上の26%から年齢が若いほど意向度が高まり、29歳以下は56.0%となりました。

また、売買契約締結における電子署名の利用意向も53.2%となり、IT重説同様、年齢が若いほど利用意向は高かったそうです。

 

「REDS」でも当然、国土交通省に登録(売買事業者番号821)を済ませ、「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験」に参加しております。

 

近い将来、たとえコロナ過の中でも、安心・安全に不動産売買の契約手続きができる日が待ち遠しいですね!

 

 

不動産のご購入・ご売却をご検討されている方は、経験豊富なエージェントが揃った「REDS」に先ずはご相談ください!!

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

カテゴリー:

中古マンションの売出・成約価格乖離率は2013年以降ずっと横ばい

公開日:2020年8月7日

皆様、こんにちは。

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。 

 

不動産専門データバンク大手の(株)東京カンテイは、既存(中古)マンションの売出・取引事例を基に、売出・成約の価格乖離率と売却期間についての調査結果を公表しました。

 

 首都圏では、2020年上期(1~6月)は平均売出価格4,175万円(前年同期比10.1%上昇)、成約価格3,900万円(同10.5%上昇)となり、売出・成約の価格乖離率はマイナス6.59%(同0.30ポイント上昇)です。

 

ミニバブル期や東日本大震災直後は乖離率が上昇・下降を繰り替えましたが、2013年下期から、マイナス6%台半ばで安定推移しており、コロナ禍においても大きな変動がなかったそうです。

 

 また、売り出しから成約までの期間は、平均で3.91ヵ月(同0.09ヵ月短縮)となり、2012年上期頃から4ヵ月前後での推移が続いています。

 

 

 同社では「2020年上期はコロナ禍による不動産流通市場への影響は市場が基本的に“フリーズ状態”で停滞したことぐらいで、価格や成約期間については大きな変化がなかったが、緊急事態宣言後の市場の反応が出てくるのはもう少し時間がかかるだろう。」と分析しています。

 

 

 

不動産のご売却をご検討されている方は、経験豊富なエージェントが揃った「REDS」にご相談ください。

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!

 

 

 

カテゴリー:

コロナショックとマンション価格

公開日:2020年4月3日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

本日もTVやネット上には、コロナショックの影響で「緊急事態宣言」「ロックダウン」「オーバーシュート」「医療崩壊」等々・・・数か月前までは全く耳にしなかった恐ろしい単語が飛び交っており、皆様も不安な毎日をお過ごしかと思います。

 

 

私のところにも長いお付き合いのお客様より、自分のマンション価格は大丈夫?とのお問い合わせが相次いでいます。

 

 

よく比較されているリーマンショックの後は、首都圏マンションの中古価格は1割程度しか下落していません。それも一時的な話で、1年後には反転し、更に1年後には価格が以前の水準に回復し、都心部中心は更に上昇しました。

これは新築マンションを供給する中堅業者の多くが倒産したため、新築の供給が一時3分の1程度に急減したことと連動しています。供給が減れば当然、需要が安定している住宅の価格は上昇する方向に向きました。

また、現在は新築マンションの多くを体力のある財閥系や鉄道・金融系の大手ディベロッパーが供給しているため、需要が高く値下げの必要がない都心部含め相場をコントロールしてくるという予想もあり、新築が値下げしなけば、中古も下げる必要性がない、これが楽観的な見方です。

 

 

 

 

 

 

しかし、今回のコロナショックはリーマンショックをはるかに超えた経済損失が予想されていますので、マインド低下や収入減により買い控えもあり、オリンピックやインバウンド需要、再開発等で本来の実力以上に高騰が続いたエリア、いわゆる局地バブルのエリア中心に、世界不況と同時に不動産価格も暴落する。これが悲観的な見方です。

 

 

 

未来が予想できない、こんな時だからこそ、社会情勢や自然災害に強い「確かな資産性のある不動産を選ぶことが重要」です。

 

 

当面は金利も下がるでしょうから、「住宅」としては買い時かも知れません。

 

 

「REDS」には、これまでの不動産乱高下を体験した経験豊富なエージェントしか在籍していません。

 

 

不動産売買についてのご相談は先ず「REDS」にご相談ください!

 

 

「宅健士エージェント」が24時間365日、メールでのお問合せを受付しております!!

 

 

 

 

カテゴリー:

東京の築10年マンション、6年間で単価4割上昇

公開日:2019年8月3日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

不動産専門データバンクの「東京カンテイ」は7月31日、首都圏における新築マンションおよび築10年既存マンションの長期的な坪単価推移のデータを公表しました。

 

 首都圏は2018年に供給された新築マンションの平均坪単価は313万4,000円で、価格高騰局面がスタートした12年と比較して31.7%の上昇となりました。

 

都県別では、東京都が360万5,000円(12年比33.0%上昇)、神奈川県271万3,000円(同34.4%上昇)、埼玉県209万5,000円(同22.1%上昇)、千葉県200万7,000円(同32.9%上昇)

 

 12年以降2~3割の上昇となりましたが、90年代バブルのピーク(1990年)の平均坪単価は東京都464万1,000円、神奈川県347万5,000円、埼玉県235万円、千葉県236万4,000円で、各都県ともその水準には届いていません。
平成バブル恐るべしです。

 

 一方、築10年既存マンション平均坪単価をみると、2018年は首都圏平均で205万円(同29.3%上昇)と大きく上昇しました。

 

都県別では、東京都270万4,000円(同41.3%上昇)、神奈川県193万8,000円(同41.7%上昇)、埼玉県135万円(同20.2%上昇)、千葉県116万9,000円(同6.1%上昇)。東京都と神奈川県は新築マンションより上昇幅が大きく、価格格差が縮まっています。

 

 1990年の平均坪単価は、東京都459万9,000円、神奈川県249万7,000円、埼玉県207万円、千葉県214万円で、新築同様にピーク時には及んでいません。

 

 新築マンション平均坪単価を100とした場合の既存マンション坪単価の割合を計算すると、2018年は65.4%(前年比0.4ポイント上昇)でした。

 

東京都は75.0%(同1.7ポイント上昇)、神奈川県71.4%(同4.9ポイント上昇)、埼玉県64.4%(同2.6ポイント上昇)、千葉県58.2%(同0.3ポイント上昇)。

 

 

都心のマンションのご売却は今がチャンスです!

 

 

ご検討されている人は先ず「REDS」にご相談ください!!

 

 

経験豊富なエージェントが、24時間365日メールでのお問合せをお待ちしております!!!

 

 

 

カテゴリー:

REDSの「令和キャンペーン」実施中!

公開日:2019年5月2日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

いよいよ新しい「令和」の時代がスタートしました!

 

REDSでは「令和キャンペーン」を実施中です!!

 

5月末までにご契約のお客様全員に3万円の商品券をプレゼントします!!!

 

詳細は下記URLよりご確認ください。

 

https://www.reds.co.jp/lp/reiwa_camp/

 

 

10連休でも「REDS」はエージェントが交代で休暇を取得するため、通常通り営業しています!

 

ゴールデンウイーク中に不動産をお探しの方、ご売却をスタートされたい方は先ず「REDS」にご相談ください!!

 

経験豊富な「宅健士不動産エージェント」が24時間365日、メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

 

 

カテゴリー:

「REDS」はGWも営業します!

公開日:2019年4月17日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

さて、もうすぐゴールデンウイークですね。

 

 

今年は10連休のため、金融機関や公共機関の対応が心配されていますが、「REDS」はエージェントが交代で休暇を取得し、通常通り営業します!

 

ゴールデンウイーク中に不動産をお探しの方、ご売却をスタートされたい方は先ず「REDS」にご相談ください!!

 

経験豊富な「宅健士不動産エージェント」が24時間365日、メールでのお問合せをお待ちしております!!!

 

 

 

 

 

カテゴリー:

お引渡し完了しました。

公開日:2019年2月23日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

12月に成約しました「ヒルズ・グランウェイヴ調布国領」につきまして、先週金曜日に、無事お引渡し完了しました。

 

 

売主のS様にご協力いただき、スムーズに決済日を迎えられましたこと、感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

 

もちろん「REDS」でご売却されたので、仲介手数料も割引になりました!

 

 

皆様も「REDS」を利用して売却手取額アップを目指して下さい!!

 

先ずは査定から、

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

 

カテゴリー:

合意済みの個人間売買サービス

公開日:2019年2月10日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

昨年12月にご成約いただきました、江東区のマンションにつきまして、お引渡しが無事完了しました。

 

 

T様、S様おめでとうございます。

 

「REDS」の「合意済み個人間売買サービス」をご利用いただいたため、売主様も買主様も仲介手数料が、0.75%+1万5,000円で済みました!

 

書類作成~住宅ローンのお手伝い等、通常のお取引きとサービスは同じでも、仲介手数料はなんと他社の4分の1です!!

 

「ご親族間の不動産売買をご検討中だけど住宅ローンをご利用したい」等ございましたら、先ずはREDSにご相談ください!!

 

https://www.reds.co.jp/privatedeal/

 

 

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

 

カテゴリー:

「ヒルズ・グランウェイヴ調布国領」成約しました。

最終更新日:2019年2月23日
公開日:2018年12月23日

皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

弊社にてお預かりしておりました「ヒルズ・グランウェイヴ調布国領」が昨日、無事成約となりました。

 

S様、おめでとうございます。

 

良いご縁があって何よりです。

 

他社なら約142万円かかる仲介手数料が、「REDS」でご売却されたので半額の約71万円で済みました。

 

つまり約71万円も手取り額が増えたことになります!

 

皆様も「REDS」を利用して売却手取額アップを目指して下さい!!
先ずは査定から、

 

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!!!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: