年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

伊藤 彰洋いとう あきひろ

4.94件

お客様からのご質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年3月2日

こんにちは

 

 

仲介手数料無料は、住宅ローンの金利にすると何%優遇に匹敵するかという質問をいただきました。

計算してみました。

 

物件価格5,000万円で計算を致します。

 

まず、通常の5,000万円の法定上限の仲介手数料(税込)は1,716,000円(物件価格 × 3% + 6万円 + 消費税)となります。

 

一般的な銀行の変動金利の優遇後の金利は0.475%ですので、こちらを例に取りまして、5,000万円を35年返済で計算すると、毎月129,241円

 

金利を0.658%に変えると、毎月133,314円となります。

 

133,314円と129,241円の差は4,073円

 

毎月4,073円の差は35年返済(420回払い)で1,710,660円です。

最初に出した仲介手数料1,716,000円と1,710,660円は誤差がありますが、ほぼ同じと考えると、

 

5,000万円の物件で仲介手数料が無料の場合は金利に置き換えると、0.658%-0.475%で0.18%の差となります。

この差は、物件価格が上がれば、仲介手数料は高くなっていきますので、その分広がっていきます。

 

こんな角度からも大変お得だと分かります。

 

気になる物件がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お役に立てましたら、幸いです。

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る