ついこの前、不動産関連のTVのニュースを見ました。
都市再生機構(UR都市機構)とイケア・ジャパン(株)は、共同で新プランを提案する
「イケアとURに住もう。」の新規募集を開始しました。
築年数の経過した団地をイケアの商品で室内をリニューアルしておりました。
「イケアとURに住もう。」は、イケアキッチンの導入やイケアのカラーコーディネートを通じて、
住まいのリデザイン(リノベーション)を提案する取り組みだそうです。
両社はコンセプトに「サステナブル・リビング」を掲げ、UR賃貸住宅の住戸バリエーションと
イケアの商品バリエーションを生かし、幅広いユーザー層に、
季節や多様化するライフスタイルなどの変化を楽しむ暮らしを提案していくそうです。
割と原色を使った商品が多いイケアですから、これから春先にかけてピッタリかも知れませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る