年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
伊藤 彰洋いとう あきひろ

優良住宅ローン②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月2日

こんにちは

 

「仲介手数料最大無料」の株式会社不動産流通システムの伊藤です。

 

フラット35の窓口につきまして「ARUHI」や「ファミリーライフ」が良く知られるところですが、「優良住宅ローン」が安いので、お勧めしております。

「優良住宅ローン」は2021年4月1日より「住信SBIネット銀行」の子会社となりました。

これまで、あまり知られていなかったかもしれませんが、これから認知度が上がっていくと思います。

 

 「フラット35」は窓口をどこにするかで金利と手数料が変わります。

金利は全国最低金利になりまして、12月の金利は1.33%になります。一定の条件を満たした物件になれば、「フラット35S」の金利が適用されまして、当初5年間か10年間は0.25%金利が優遇されまして、1.08%となります。

他の窓口と比べて、同じか、安いです。

1.33%がいくらまで融資するか判断する時に用いられる金利になりますので、こちらが安ければ、融資を多く借りられることになります。

以前もご紹介しましたが、初期費用の中の銀行へ支払う事務手数料が安いです。融資手数料は2.2%のところが多いですが、この場合、5,000万円の融資を受けると、融資手数料は110万円になります。

「優良住宅ローン」は「住宅性能評価有」の物件でしたら、0.5%ですので、25万円、住宅性能評価無しでも0.8%ですので、40万円です。

住宅を購入する時に、大きい割合を占める融資手数料が半額以下になります。

ちなみに、上記の他で住宅購入にかかる費用の主なものは、仲介手数料、登記費用、火災保険費用です。

 

「フラット35」の固定金利分は9割までの融資になりますが、残りの1割は変動金利2.725%(12月の金利)で組むことも可能ですし、諸費用も融資可能です。

「フラット35」は民間の金融機関より、多額の融資を受けやすいので、気を付けなければいけませんが、魅力の1つになっていると思います。

 

税制の改正大綱が今月末発表されますが、「住宅ローン控除」が今、0.7%になって10年間か15年間に変更か、それとも年間の支払い利息を上限に控除されるかとなりそうです。

年間の支払い利息が控除の上限になりますと、変動金利を選択する方が今は多いですが、当初10年間に関しましては、固定金利の利用も少し増えるかもしれません。

 

お役に立ちましたら、幸いです。

 

先月は2件の成約と3件のお引き渡しに立ち会わせていただきました。

良縁をいただきまして、心より感謝しております。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る