年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
伊藤 彰洋いとう あきひろ

不動産の面積につきまして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月28日

こんにちは

 

「仲介手数料最大無料」の不動産流通システムの伊藤です。

 

日の落ちる時間が早くなってきました。

パックンCM

今回は不動産の面積につきまして、

 

単位は「計量法」に定められ、長さは「m」、面積は「m2」で示されます。

 

土地の面積は水平投影面積にて測定し、宅地、鉱泉地は100分の1未満の端数は切り捨てます。

建物の面積は同じく投影面積にて測定し、100分の1未満の端数は切り捨てます。

 

またよく「ここは何坪です。」という会話があります。

1坪は何m2でしょうか。

 

以前、不動産登記の表示も実は「坪」でしたが「m2」に切り替えられました。

 

その時に「m2」は「坪」の121分の400の面積とされました。

 

この121分の400は割れませんが、分母と分子を反対にすると割れます。

 

121分の400は3.30578… 割れません。

400分の121は0.3025

 

3.30578を使って坪とm2の変換をしてしましますと、少し誤差が出てしまいます。

 

ですので、0.3025を使用して、計算をすることが望ましいのです。

 

特に都心の商業地などを計算する場合、1坪あたりいくらと査定したところ、上記の計算を間違えると、大きく価格に影響を出してしまいます。

ご参考になりましたら、幸いです。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る