こんにちは。

 

ブログの更新の間隔が空いてしまいました。

申し訳ありません。

 

さぼっていた訳じゃなんいですよ。

ちょっとというか、かなり忙しくて、ついつい後回しにしていたら…、

(これを「サボる」と言われれば、まさしくそうなんですが)

 

ところで、忙しかったのは、私だけではなかったんですね。

(当たり前ですが)

 

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が、昨日発表した「月例速報」によれば、2015年8月の首都圏の不動産市場動向によれば、以下の様に、非常に好調だった様です。

この記事には書いてませんが、在庫の数も減少傾向にある様なので、現在の不動産市況は好調ですね。

(9月の市況もこのままで、最近の株安の影響を受けないと良いのですが…)

 

??????????????????????????????????????????

◆ マンション(中古)

8 月の中古マンションの成約件数は、2,415件と前年比プラス14.0%と5 ヶ月続けて前年同月を上回った。

成約?単価は前年比プラス2.6%、成約価格は前年比プラス0.4%となり、ともに2013 年1 月から32 ヶ月連続で前年同月を上回った。

○首都圏概況
成約件数は、5 月以降すべての地域が前年比で増加しており、横浜・川崎市と千葉県以外は前年比で2 ケタ増となった。

成約?単価は、埼玉県と千葉県を除く地域が前年比で上昇し、東京都区部は35 ヶ月連続、横浜・川崎市は26 ヶ月連続で前年同月を上回った。

 

◆ 戸建(中古)

8 月の中古戸建の成約件数は、923件と前年比で21.3%増加し5 ヶ月続けて前年同月を上回った。

成約価格は、前年比で0.9%上昇し10 ヶ月連続で前年同月を上回った。土地面積は前年比マイナス0.2%、建物面積は前年比プラス0.0%とほぼ横ばいだった。

○首都圏概況
地域別動向 成約件数は、すべての地域が前年比で増加し、東京都区部や千葉県、神奈川県は前年比で2 ケタ増となった。

成約価格は、多摩と横浜・川崎市以外の地域が前年比で上昇し、埼玉県と千葉県は前年比で2 ケタの上昇となった。

 

(2015年9月10日 公益財団法人 東日本不動産流通機構 公表レポートより抜粋)

?????????????????????????????????????????

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る