年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
金沢 永漫かなざわ えいまん

新築戸建ての種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年8月2日

こんにちは。

仲介手数料最大無料【REDS】不動産流通システム「宅建士」「2級ファイナンシャルプランニング技能士」「住宅ローンアドバイザー」の金沢です。

今回は【新築戸建ての種類】についてお話させて頂きます。

新築戸建てを検討する際は「土地を選んで新築住宅を建てる」場合と「すでに完成している新築戸建て(建売住宅)」場合の大きく2つに分かれます。

 

土地を選んで新築戸建てを建てる場合

1.注文住宅で建てる

2.建築条件付き売地で建てる

で分かれます。

 

【注文住宅】とは、まずは土地を選び、自分の希望の間取りを、自身で選んだハウスメーカーや工務店などに依頼し設計してもらい建築するものを言います。

価格は予算に応じて設定できますが、自由設計のため、総じて高額になります。

 

【建築条件付き売地】とは、土地を選んだ後に建築するという部分では注文住宅と同じですが、建物を建てる会社があらかじめ決まっている土地となります。注文住宅と違い自身でハウスメーカーなどを選ぶことが出来ず、土地を売っている販売会社が施工会社を指定します。

ある程度自由に設計プランを決めることが出来る場合が多いですが、完全自由ではなく決められたパターンの中から選ぶことになります。

建築条件付き売地の場所が気に入り、どうしても自身の選ぶハウスメーカーで家を建てたい場合は、金銭面での交渉することで建築条件を外してもらえる場合もあります。

 

すでに完成している新築戸建(建売戸建て)

建売住宅とは、すでに完成済み(または建築途中)にて販売されている住宅の事を言います。
すでに完成している(建築中でもプランが決まっている)ため、実物または類似物件を確認して購入できます。

メーカーの決められた設計プランにて建築されているため、注文住宅に比べ価格面は安くなります。

当初は建築条件付き売地として販売していても、一定期間内に売れない場合、建物を建築してしまい建売住宅として売り出す場合も結構あります。

 

以上、新築戸建てを検討する際には種類があり、各々メリットデメリットがございますので、しっかりと仕組みについてご理解された上で進めていくことが必要となります。

実際に新築戸建てをご検討の際は、私が詳細につきしっかりとご説明させて頂きます。

 

不動産ご購入・ご売却ご検討の際は、不動産流通システムREDSエージェントの金沢にお任せ頂いた場合、【仲介手数料割引・最大無料】【不動産のプロとして最善のご提案】をさせて頂くことをお約束させて頂きます。

不動産のご購入・ご売却はぜひ不動産流通システムREDSエージェントの金沢にお任せください。

 

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る