2019年10月、消費税率が現行の8%から10%に引上げられる見込みです。

 

土地の購入、中古戸建・マンションの購入の場合、消費税が課税されないため影響はありませんが(不動産業者が売主である物件を除く)、新築住宅の購入時には課税されるため注意が必要です。

 

それは、住宅購入時における消費税率は、契約時の税率が適用されるのではなく、引渡し時の税率が適用されるからです。

 

ただ、今回の消費税率引上げによる経過措置として、税率引上げの6か月前の指定日の前日までに契約された住宅については、引渡し時期に関係なく契約時の税率が適用されることとなります。

 

つまり、

1.2019年3月31日までに契約した住宅は、引渡し時期に関わらず8%

2.2019年4月以降に契約し、2019年9月30日までに引渡しを受けた場合も8%

3.2019年4月以降に契約し、2019年10月以降に引渡しを受けた場合は10%

ということです。

 

尚、税率10%の適用を受けた場合でも、一定期間は住宅ローン減税の3年間延長措置を利用することにより、消費税率引上げ分に相当する額の還元を受けることができるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る