皆さん、住宅ローン減税の適用期間が延長されることはご存知でしょうか。

 

※住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)

年末の住宅ローン残額の1%を所得税・住民税から10年間控除(最大500万円)することができる減税措置

 

今年10月に予定される消費税率アップ(税率10%)に伴い、現行の住宅ローン減税の適用期間を10年から3年間延長し、13年間にすることが予定されています。

これは、消費税率アップによる住宅購入者の負担を軽減することを目的とします。

 

対象となるのは、2019年10月1日から2020年12月31日までに居住の用に供した住宅です。

(2019年3月31日以前に契約した住宅を除く)

 

控除額は、借入後10年間はこれまでと同様の減税(年末の借入残額の1%を所得税等から還元)を受け、プラス3年間は「年末の借入残額の1%」と「購入価格の2%÷3(年)」の少ない額を所得税等から控除することができることとなります。

 

具体的には、購入価格3,000万円の住宅を購入し、11年目の借入残額が1,000万円である場合、「年末の借入残額の1%=10万円」と「購入価格の2%÷3(年)=20万円」のうち、少ない10万円分を所得税等から控除することができるということです。

 

これにより、消費税率2%アップ分に相当する金額を3年かけて還元することができるそうです。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る