23区内といえばどうしても「賃料が高い」というイメージを抱く方も多いことかと思いますが、家賃相場が比較的高いような土地でも、物件のランクをそう落とさずに安く済む方法はいくつかありますので、今回はその点について紹介していきたいと思います。

 

まず考えていただきたいのが、南向きや角部屋などの条件に対するこだわりを軽くするということで、これらの条件は人気であるために、それだけで内装が同内容の部屋に物件に比べて賃料が高くなってしまうことも多くありますから、そういったこだわりをつよく持たないようにすれば、賃料を抑えることも可能になるでしょう。

 

南向きの部屋には多くのメリットを期待されるものですが、日当たりが良い分日中は暑くなりすぎる可能性もあり、夏場にはエアコン代がかさむ可能性もありますし、日中を多く室内で過ごさない場合にはその日当たりの良さによる恩恵を受けにくかったりもしますので、自らのライフスタイルなども考えながら検討すると良いですよ。
同時に考えていただきたいのが、1階などの低層階に住むことで、防犯上の問題からどうしても低層階は避けたい!という方もいらっしゃるかと思いますが、災害時の被害が簡単である、急いでいる時の移動が簡単であるなどのメリットを見積もることもできますので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る