年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

伊藤 彰洋いとう あきひろ

4.94件

楽天銀行につきまして

公開日:2022年2月24日

こんにちは

 

「仲介手数料最大無料」不動産流通システムの伊藤です。

ネット銀行につきまして、利用する方、ご相談いただく方が増えてきました。

 

今回は「楽天銀行」につきまして、

 

特徴は事務手数料の安さだと思います。

 

通常、諸費用の一部となる銀行の事務手数料は融資金額の2.2%となります。

 

5,000万円で110万円となりますので、結構高いです。

 

楽天銀行の場合は融資額の上限は1億円までですが、融資額に関わらず、事務手数料に関しましては一律で33万円になります。

事務手数料が融資額の2.2%の他行と比較しますと、1,500万円以上の融資の事務手数料は楽天銀行の方が、安くなります。

 

但し、楽天銀行の金利に関しまして、今月現在、0.537%となります。

他行は0.475%位になりますので、毎月のお支払いに差が出てきます。

 

融資額5,000万円を例に取ると、0.537%、35年返済で毎月130,611円

0.475%、35年返済で毎月129,241円

上記の金利の差から出る住宅ローンの35年の総支払額の差は575,400円になります。

 

5,000万円の事務手数料の差は楽天銀行33万円に対して、2.2%の事務手数料の銀行は110万円ですので、77万円になります。

 

総支払額と事務手数料を合計した差は楽天銀行の方が、19万4,600円安くなります。

 

 

では、次にいくらの融資額ならば、楽天銀行の方が高くなるでしょうか。

 

融資額が減りまして、3,000万円になりますと、金利0.475%では毎月77,544円

楽天銀行の金利0.537%では78,367円となりまして、35年で345,660円、楽天銀行が高くなります。

楽天銀行の事務手数料が33万円、他行が66万円としますと、差額は33万円になりますので、

3,000万円の住宅ローンを組む場合の総支払額と事務手数料を足した金額は楽天銀行の方が、少し高くなります。

 

 

あくまで、本当におおまかな目安になります。返済年数は35年、今の変動金利を例に取った試算になりますし、審査によっては、上記の金利の優遇がお客様により上下します。

また、団信などの条件で細かな違いがございますので、都度、ご相談ください。

 

お役に立ちましたら、幸いです。

 

 

 

 

 

 

先日、M様より中古マンションのご契約をお預かりしました。

 

今回2度目のお取り引きとなりました。

 

大切な資産をお任せいただきまして、誠にありがとうございました。

残金の決済まで、滞りなく進めて参りますので、引き続きまして、何卒よろしくお願い致します。

カテゴリー:

お客様の声をいただきました

公開日:2022年2月16日

こんにちは

仲介手数料最大無料、不動産流通システムの伊藤です。

弊社でご売却のお手伝いをさせていただきました一戸建てのお引き渡しが無事に終了致しました。

 

お客様より「お客様の声」をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

Q:REDSを何でお知りになりましたか?

A:Google検索

Q:REDSに問合せてみようと思った理由は何でしょうか?

A:仲介手数料の面で。

Q:REDSスタッフの対応は如何でしたか?

A:よかった。

Q:他に比較した不動産会社はありましたか?

A:あり。

Q:REDSにお任せ下さった理由は何でしょうか?

A:仲介手数料と、担当者の誠意ある対応。

Q:REDSの業務内容にご満足いただけましたか?

A:

  1. 仲介手数料体系は? →よかった。
  2. 専門家としてのアドバイスは? →よかった。
  3. 契約金額は? →満足している。
  4. 成約までに要した期間は? →迅速であった。

Q:もしも、将来また不動産の売買をおこなうとしたら、
また、REDSをご用命いただけますか?

A:すでに次の案件を依頼した。

 

F.Y様、内見、契約、お引き渡しまで、お忙しい中、柔軟に対応いただきまして、

誠にありがとうございました。

 

新たにお任せいただいた物件も早期のご売却に向けまして、尽力して参ります。

引き続きまして、皆様からのお問い合わせをを心よりお待ちしております。

 

カテゴリー:

2月の固定金利に関しまして

公開日:2022年2月10日

こんにちは

 

不動産流通システムの伊藤です。

 

2月に入りまして、寒さが増してきました。今日は雪が降っています。

 

そんな中、2月の長期固定の住宅ローンの金利がじわりと上昇しています。

 

大手銀行が2月から住宅ローンを一部上げたという記事がありまして、

長期金利は新発10年物国債を代表的な指標としておりますが、先月一時、流通利回りは年0.215%まで上昇しました。

これは日本銀行がマイナス金利政策の導入を決めた2016年1月下旬以来、約6年ぶりの高水準となります。

 

上記に伴い、大手銀行が10年固定の住宅ローン金利を上昇傾向にある長期金利を反映させました。

 

下記、先月1月と今月の大手銀行の10年固定の金利です。

みずほ銀行     1月0.65% →2月0.7%

三井住友銀行    1月1.2%  →2月1.3%

三菱東京UFJ銀行   1月0.74% →2月0.84%

りそな銀行     1月0.645% →2月0.695%

※上記は最優遇金利が適用された場合です。

 

フラット35の金利にも影響が出ております。

よく利用すると聞く「ARUHI」を窓口にしました金利は

1月1.25%→2月1.3%

 

変動金利に関しては日銀の政策金利の影響を受けますので、ネット銀行を含め、まだ上昇する傾向にはなさそうです。

 

住宅ローンの金利の決定のタイミングは住宅ローンを借りた月になりますので、前月に売買契約でお引き渡しが翌月になりますと、翌月の金利が適用されます。

 

ちなみに上記の1.2%と1.3%の返済を比べる為に、5,000万円、35年返済で計算すると、

1.2%の場合、毎月14万5,851円ですが、1.3%になると毎月14万8,241円となります。

毎月2,390円の差ですが、年間28,680円、35年で100万3,800円になります。

0.1%で100万円変わる計算になりました。意外と大きい差です。

 

お役に立ちましたら、幸いです。

カテゴリー:

SDGsのバッジを付けています

公開日:2022年2月2日

こんにちは

 

「仲介手数料最大無料」の不動産流通システムの伊藤です。

先月より、弊社社員はSDGsのバッジを着用しております。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成されまして、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本も積極的に取り組んでいます。

 

17のゴールは以下のようになります。

 

■ゴール1.貧困をなくそう

 あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

 

■ゴール2.飢餓をゼロに

 飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

 

■ゴール3.すべての人に健康と福祉を

 あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

 

■ゴール4.質の高い教育をみんなに

 すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

 

■ゴール5.ジェンダー平等を実現しよう

 ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

 

■ゴール6.安全な水とトイレを世界中に

 すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

 

■ゴール7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

 すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

 

■ゴール8.働きがいも経済成長も

 すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

 

■ゴール9.産業と技術革新の基盤をつくろう

 強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

 

■ゴール10.人や国の不平等をなくそう

 国内および国家間の格差を是正する

 

■ゴール11.住み続けられるまちづくりを

 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

 

■ゴール12.つくる責任つかう責任

 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

 

■ゴール13.気候変動に具体的な対策を

 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

 

■ゴール14.海の豊かさを守ろう

 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

 

■ゴール15.陸の豊かさも守ろう

 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

 

■ゴール16.平和と公正をすべての人に

 持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

 

■ゴール17.パートナーシップで目標を達成しよう

 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

 

17項目の目標達成に向けて、世界中の人々が一丸となって活動をしなければ解決できない課題でもるため、一人ひとりがSDGsに挙げられた社会問題に対して当事者意識を持つことが大切です。

 

バッジを付けて、SDGsの認知度を上げようというのは、弊社らしい試みだと思います。

 

今週もよろしくお願い致します。

カテゴリー: