年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
荒 芳弘あら よしひろ

9月の中古マンション価格、東京都心11カ月ぶり下落(日本経済新聞)

公開日:2021年10月26日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

日経に興味深い記事がありました。

ご紹介いたします。

 

9月の中古マンション価格、東京都心11カ月ぶり下落(日本経済新聞)

商品ニュース

2021年10月26日 0:04

 

 

東京カンテイ(東京・品川)がまとめた9月の中古マンション平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、東京都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)が8月に比べ13万円(0.1%)低い9239万円と11カ月ぶりに前月を下回った。首都圏全体は5カ月連続で上がっているものの、過熱感から購入を見送る動きも出てきた。

 

東京都全体では5876万円と49万円(0.8%)高く、15カ月連続で上がっている。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増え、住みやすさを追求し購入を急ぐ需要はなお旺盛だ。

 

都心6区は職場にも近く在宅勤務・出社のいずれにも対応しやすい。この1年の上昇率は7.7%と東京全体(13.1%)を下回るものの、もともと高値だったことで購入層が限られはじめたとの見方もある。東京カンテイの井出武上席主任研究員は「7月ごろから購入を様子見をする動きもみられた」と話す。

 

江東区などの城北・城東11区が4828万円と53万円(1.1%)上昇した。城南・城西6区(品川、目黒、大田、世田谷、中野、杉並)は48万円(0.8%)高の6212万円とわずかに上がった。

 

首都圏全体は8月に比べ62万円(1.5%)高い4305万円だった。埼玉県、千葉県、神奈川県でいずれも上昇している。近畿圏は19万円(0.7%)高い2653万円だったが、中部圏は4万円(0.2%)低い2137万円と下落に転じた。

 

東京都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)では購入を見送る動きも出てきたとのことですが、東京都全体では新型コロナウイルス禍で在宅時間が増え、住みやすさを追求し購入を急ぐ需要はなお旺盛とのことです。

 

弊社(REDS)は、東京営業所、渋谷営業所、池袋営業所、吉祥寺営業所、北千住営業所、横浜営業所、TX店があり、一都三県等の幅広いエリアに対応しています。

 

不動産の購入、売却は、弊社(REDS)にお任せください。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

最後に、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

REDSの売却:https://www.reds.co.jp/sell/

「スーモには掲載しきれなかった、高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください」

 

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:

首都圏の中古マンションの価格も上がっております。今が売り時です。

公開日:2021年10月19日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

上半期の新築マンション、発売戸数44.7%増 価格も上昇

新型コロナ

2021年10月18日 19:27(日経新聞)

 

不動産経済研究所(東京・新宿)が18日発表した4~9月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンションの発売戸数は前年同期比44.7%増の1万2809戸だった。新型コロナウイルスの影響で大幅減だった2020年の反動が出た。在宅勤務が定着し郊外住宅を購入する人が増加。平均価格も上昇し過去最高だった。

 

4~9月の増加は13年以来8年ぶり。地域別の発売戸数では東京23区が57.9%増えたほか、神奈川県や埼玉県でも大幅増だった。新型コロナの感染拡大で不動産各社が営業活動を自粛したため、20年は調査開始以来初めて1万戸を下回ったが、21年はコロナ前の水準まで戻った。

 

 

21年4~9月の平均価格は6702万円と10.1%上昇し、同期間の過去最高を更新した。平均価格が1億円を超える「億ション」物件の販売が好調だった東京23区は17%上昇の8686万円だった。価格が上がった中でも、消費者の購入割合を示す契約率は首都圏で70.6%と好調の目安である70%を上回った。

 

「以下省略」

 

新築マンションに買替をお考えのお客様へ

首都圏の中古マンションの価格も上がっております。

今が売り時です。

 

 

売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

REDSの売却:https://www.reds.co.jp/sell/

「スーモには掲載しきれなかった、高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください」

 

 

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:

好立地のマンションは出せば、売れる状況です。

公開日:2021年10月12日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

日経に気になる記事がありました。ご紹介いたします。

 

マンション「都心に出したら売れる」 五輪後も活況

マンション続く宴(1)

2021年10月11日 23:00

 

「見学の予約枠はすぐ埋まってしまう」。10月8日、東京五輪・パラリンピックの選手村として使われた大型マンション「晴海フラッグ」のモデルルーム。販売を担当する三井不動産レジデンシャル主管の古谷歩はこう語った。販売価格は4900万円台から2億2900万円台。発売は11月からだが、8月下旬に営業活動を再開して以降、見学客が途絶えることはない。

 

(中略)

 

現状ではマンション市場の活況がおさまる気配はない。

 

10月、東京・渋谷で超高級マンションが発売された。三菱地所レジデンスなどが扱い、13戸を販売する第1期の最高価格は6億円弱。資料請求は1200件を超えた。三井不レジが東京・千代田で1月に売り出した物件は平均価格が2億円超だった。当初計画の半分のわずか半年で完売した。

「億ション」の買い手は富裕層ばかりではない。住友不動産は「東京・品川のある物件では1億円以上の部屋の半分以上が会社員世帯の契約となっている」と明かす。

国内マンション市場を取り巻く環境はこの20年で大きく変わった。首都圏の新築マンションの発売戸数は過去最高の00年の3分の1ほどの水準にとどまる一方で、平均価格は6083万円と00年より2千万円高い。東京23区も7712万円と上昇を続ける。

会社員の平均年収はこの20年間で増えていない。それでも東京23区の新築マンションの発売初月の契約率は好調の目安とされる7割を上回る傾向が続く。共働きの「パワーカップル」が増えていることや、低金利という資金面での購入環境の変化が大きいからだ。

「立地も良く資産性もある。借り入れをして購入するのに不安はなかった」。都内のタワーマンションを購入した世帯年収が2千万円弱の30歳代の会社員夫婦はこう話す。子育てなどでライフステージが変われば、住み替えるつもりだ。リクルートの調査によると、20年時点で首都圏のマンション購入者に占める共働きの世帯の割合は59.9%で、01年の35.4%から上昇を続ける。

1990年ごろの銀行の住宅ローンは変動金利で8%強だったが、現在は1%を下回る。三井不レジ社長の嘉村徹は「同じ借入額なら、当時と比べれば今の月の返済額は半分から3分の1程度で済む」と語る。

「住宅ローン減税の特例があるうちに購入を検討したい」。今夏、都内のモデルルームを訪れた40歳代夫婦は担当者にこう話した。19年10月の消費税率の引き上げを踏まえ、住宅ローンの控除期間が10年から13年に延長する特例が追加されている。所得が伸び悩む中で、政策の後押し効果も一部に表れている。

 

(中略)

 

首都圏の主要駅では再開発プロジェクトも相次ぐ。不動産助言会社トータルブレイン(東京・港)副社長の杉原禎之は話す。「好立地のマンションは出せば、売れる状況だ」(敬称略)

 

また、以下のような記事もございました。

 

基準地価、都区部より都心アクセスのよい周辺部で上昇(抜粋)

20代からのマイホーム考(35)田中歩(たなか・あゆみ)氏

2021年10月11日 5:00

 

市川から船橋エリア、木更津エリアの地価が上昇

以下の表は、上昇率の上位10地点です。今年の特徴は都心部エリアでの価格上昇ではなく、郊外での価格上昇傾向が強いようです。千葉県では総武線沿線の市川駅、本八幡駅、船橋駅を最寄り駅とする地点や常磐線の柏駅、内房線の木更津駅を最寄り駅とする地点が上位に食い込んでいます。神奈川県では橋本駅や大和駅がランクインしています。東京都と埼玉県は10位以内には一つも入っていませんでした。

 

 

都区部住宅地の上昇は限定的

もう少し広い範囲でどのような変動率が見られたのかを調べるために、前年比で2.5%超の上昇率となった85地点の最寄り駅を以下の表にまとめてみました。最寄り駅までの距離は平均で約900メートルです。驚くことに、東京都区部で2.5%超の上昇となった地点の最寄り駅は6駅しかありませんでした。また東京都下においては5駅だけでした。このように、今年の基準地価は東京都内における地価上昇があまり見られなかったのです。

 

 

一方で、都内からのアクセスが比較的良い周辺地域の価格が上昇しているのです。千葉県だと市川から内房エリアと柏エリア、神奈川県は横浜駅近郊や湘南エリア、相模原および大和エリアと南武線沿線、埼玉県は浦和、川口、戸田エリアといった、都心部へのアクセスがよい都心部周辺エリアに価格上昇が目立っています。

 

新型コロナウイルス禍に伴うリモートワークの進展もあってか、都心部から周辺部の人気が高まったものと思われますが、やはり都心部への交通アクセス、最寄り駅への距離といった要素は価格に大きく影響しているようです。

 

という記事です。

 

どんな状況であっても、不動産購入熱が高いようです。

不動産の購入については、仲介手数料が最大無料になる弊社(REDS)にお任せいただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

また、、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

REDSの売却:https://www.reds.co.jp/sell/

「スーモには掲載しきれなかった、高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください」

 

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:

スポーツの秋です。ウオーキング等の運動を行って、いつまでも元気に生きていけるよう頑張りましょう。

公開日:2021年10月5日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

岸田内閣が発足し、閣僚20人に首相を加えた平均年齢は61・81歳で、菅内閣発足時の60・38歳よりやや上がったとのことでした。

年代別では、60歳代が12人と最多で、50歳代5人、70歳代と40歳代が2人ずつだった。女性は野田少子化相と牧島デジタル相、堀内ワクチン相の3人で、菅内閣の2人から増加したとのことでした。

 

日本は高齢化が進行し2020年9月15日時点で、65歳以上の高齢者が2019年(3587万人)に比べ30万人増加し、過去最多となりました。総人口に占める割合は28.7%と、2019年(28.4%)に比べ0.3ポイント上昇し、過去最高となりました。

 

 

最近、日経の記事で気になるものがありました。

内容は、以下の通りです。

 

「ウオーキング、速さも大事だが…まずは歩数から意識」

元気の処方箋(東京大学医学部付属病院 理学療法士 山口正貴さん)

「健康・医療」

2021年10月4日 5:00

 

スポーツの秋に運動を始めよう。まず思い浮かぶのはウオーキングだろう。手軽に始められるし、危険が少なく、健康維持に役立つ。どうせなら効果的に歩きたい。何を意識するといいのだろう。歩く距離だろうか。それとも歩くスピードだろうか。

米国立衛生研究所(NIH)などが米国の40歳以上の約4800人を対象に、1日の歩数や歩行強度(歩くスピードが関係する)と死亡率の関連を追跡した調査結果をまとめている。1日に4000歩しか歩かない人と比べると、8000歩の人は死亡のリスクが51%、1万2000歩では65%低くなった。心臓や血管などの循環器疾患とがんによる死亡率も、歩数が多いほど低下していた。

一方で歩行強度と死亡リスクとの関連は認められなかったという。つまり長生きするためには歩数の多さが重要になるということだ。

両方の調査結果を踏まえると、歩数を意識するところから始めるといいように思う。手近に歩数計がなかったとしても、スマートフォンの無料アプリなどを使えば簡単に歩数を計測できる。まずは1日に8000歩を目指してみるのはどうだろう。

歩行強度まで意識できるようならば、速く歩くことにも挑戦してみてほしい。ただしペースには注意しよう。人それぞれ年齢や体格、筋力や心肺機能に応じた自分なりのペースがある。誰かと一緒に歩けば継続しやすいかもしれないが、ペースが乱れてしまう可能性がある。

理想的なのは「ややきついな」と「まだ楽に感じる」の中間ぐらいとされる。速歩は途切れ途切れでよいので、1日20分を目指そう。

という記事でした。

 

 

住宅ローンを利用中の方は、ほとんどが70歳代まで返済していると思います。

スポーツの秋です。ウオーキング等の運動を行って、いつまでも元気に生きていけるよう頑張りましょう。

また、早めに不動産を購入すれば、早めに住宅ローンが完済できます。

不動産の購入については、弊社(REDS)にお任せいただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

また、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

REDSの売却:https://www.reds.co.jp/sell/

「スーモには掲載しきれなかった、高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください」

 

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: