年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
リチャード M.ナッシュRichard M. Nash

3月のアメリカ不動産市場スナップショット

公開日:2021年5月17日

       4月下旬にアメリカにおける2021年3月の既存(一軒家、マンション等を含む中古)住宅販売関連データを全米リアルター協会(NAR)が発表しました。それによりますと、3月の販売戸数は季節調整済年率換算値ベースで前月比3.7%落ち込み、6百1万戸になったそうです。しかし、昨年の同時期の販売戸数と比較すると12.3 上昇しているとのことです。堅調な需要環境が依然続いていることを示していると言えます。

       既存住宅の中央値価格は、アメリカの各地域で二桁の価格上昇を達成し、昨年3月の$280,700に比べて17.2%も上昇し$329,100に到達したそうです。これは109ヵ月連続の対前年比増額になります。9年以上も連続して値上がりしていることに驚きは隠せないですね!

       この凄まじい勢いに乗ったトレンドの理由は長引く住宅物件の在庫不足だそうです。3月末の在庫戸数は2月末と比べ3.9%増え107万戸になりましたが、これは前年同時期の149万戸と比較し28.2%下落し、歴史的に低水準が続いています。この為、売物件が市場に出ると、先月の20日間という記録を更新し、僅か18日で売れてしまうとのこと。昨年同時期は29日間ですから需要が如何にホットな状況にあるかが分かりますね。

       3月に入り住宅ローン金利が微上昇しましたが、まだ歴史的低水準にあるため、経済見通しは明るいとの結論でした。

カテゴリー:

グローバル不動産市場において表れ始めている4つの不動産トレンド

公開日:2021年5月1日

  NAR(全米リラルター協会)が4月9日の記事で報告した内容によると、コロナ禍は人々の生活と仕事の仕方を破壊的に変えただけではなく、世界中において幅広い経済的な後遺症をもたらしました。現在、不動産業界のトップ陣はその長期的インパクトに直面しています。

  デジタル化、リモートワークやオンラインショッピング等の既存傾向に拍車をかけたのがコロナ禍でした。これらの潮流が消費者購買を促進し、景気回復に繋がり2021年後半の不動産市場を後押することが期待されています。ただし、実現にはワクチン接種の順調な展開とロックダウン制限の解除に頼ることになります。

調査によると、グローバル不動産市場のレーダーが捉え始めているトレンドは以下の4つになります:

  • 不動産は資本を引続き惹きつける: 歴史的に例のない現在の低金利環境は世界的に不動産投資に興味を向かせている。今ではコロナ禍以前よりも収益不動産物件が注目されている。特に、投資家は今の好需給関係を見て住宅物件への投資比率を高めている。コロナ禍がこのトレンドを更に加速させている。
  • 事務所セクターは依然不確実性が高い: オフィス市場の不透明感は続くと思われる。リモートワークの普及、従業員への健康配慮、通勤時間短縮志向等により賃貸需要は今年と来年は弱まると予測されている。しかし、専門家の中には、事務所に戻りたい従業員もいてハイブリッド型の働き方も増えると考えている。そういう意味ではブレッキシブルスペースが事務所市場の成長分野になると思われる。ただし、興味を引くのは近代的で柔軟性を持つビルであり、古くて使い勝手が悪いビルは低迷するだろう。
  • ESGが更に重要視される:構築環境が吐き出す炭素排出量の自然環境への影響はより多くの企業にとって大きな課題になってきている。その為、Environment (環境)、Social (社会)、そしてGovernance (ガバナンス)にさらなる重きを置き始めている。約1年半の間にこの課題は企業の考えの全面に来ている。今までは金融提供者や大型テナントが圧力をかけていましたが、今後は政府が規制を強化していくことが期待される。その為、ビルのオーナー達はもっと積極的にこの問題に取組んでいくと期待される。
  • 小売り分野の再構築:ブリック&モルタル、即ち実店舗小売業界はオンライン小売業界の脅威に以前から晒されてきたが、コロナ禍はこれに追討ちをかけた。だが、投資家達はこのセクターの価格下落を見て積極的に新しいチャンスを探し始めている。小売向け物件を購入しもっと使いやすいフォーマットに変更する、或いは完全に違う物に、例えば住宅や都心型物流物件に、再構築する動きが出てきている。

  これらのトレンドは日本でも同じように表れているような気がします。ある意味では、コロナ禍は世界の不動産市場のグローバル化に拍車をかける一番大きな要素になったのではないでしょうか?

カテゴリー:

Four Real Estate Trends that are Emerging in Global Real Estate Markets

公開日:2021年5月1日

     According to a recent report by the NAR, the coronavirus pandemic has disrupted the way we live and work in a major way and caused a massive economic fallout that affected the entire world.  Global industry leaders are still trying to understand the long-term impact to the real estate industry.

     The coronavirus has accelerated many existing trends, including digitalization, remote working, and online shopping.  It is hoped that this will lead to an economic recovery based on increased consumer spending that will feed into an uptick in real estate business in the second half of 2021.  This, however, will depend on how well the vaccination proceeds and how soon the lockdown restrictions are eased.

The report states that the 4 major real estate trends that are emerging around the globe are, as follows:

  • Real estate is still attracting investment: Around the world, the low interest rate environment is fueling interest in real estate investment.  Income-producing real estate is drawing greater attraction this year than in pre-pandemic times.  Given the beneficial supply-demand dynamics, allocation to residential assets have increased.  This is a trend that has been speeded up by the pandemic.
  • Future of office sector is still uncertain: The outlook for the office sector will continue to be unclear.  Remote working, rising concern for employee health, and undesirability of long commutes are expected to negatively affect office leasing this year and next.  Quite a few real estate market observers believe employees will want to return to the office, leading to a hybrid working style.  In that regard, “flexible space” is one area of this sector that might show strong growth.  Even then, only the modern and adaptable high-quality buildings will draw the most interest, while demand for outdated and inflexible buildings are expected to suffer a noticeable decline.
  • ESG becoming top issues: Carbon emissions from the built environment is becoming a graver issue for a growing number of companies.  Thus, companies are placing a greater emphasis on understanding the impact on environmental, social, and governance issues.  Within the past 18 months these issues have migrated to the front and center of corporate thinking.  Up to now, it was the financiers and the major tenants that were exerting pressure on building owners.  Now, it is expected that governments will begin to pass regulation in near future.  For this reason, building owners would most likely start addressing these concerns more actively.
  • Retail sector is re-envisioned: The physical brick-and-mortar retail sector has been under increasing threat from online competitors for some time, but the coronavirus has worsened this situation.  Despite this, given the softening prices in this sector, real estate investors have begun to look for new opportunities.  In that regard, investors are acquiring retail assets to reconfigure them into more usable retail formats or re-create them into something completely different, such as for residential or in-city warehouse uses.

     I believe that the same 4 trends are manifesting themselves in Japan’s real estate market as well.  In a sense, can it not be said that the coronavirus pandemic has been the biggest single factor that has truly globalized the world’s real estate industry.

カテゴリー: