年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
手塚 竜也てづか たつや

大企業の務め

公開日:2021年1月28日

日経電子版を読んでいて気になった記事がありましたので、

ご紹介いたします。

 

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/011100708/

 

通称GAFAが中低所得者向けの住宅の住宅供給を後押ししているようです。

年収が1000万円を稼ぐ4人家族でも低所得者層になってしまい

会社近隣のエリアはバブルの様に価格や賃料が上昇して

住宅が足りないそうです。

 

安かろう悪かろうではしょうがないですが、

3Dプリンターで平屋の家を作ってみたり

限られた空間をうまく使うために、部屋の天井をうまく使う方法を考えたり

日本ではまだ難しいかもしれませんが、

この技術や考え方

これから建てる家やリフォーム工事に使えれば

日本の家も変わってくるのかなと思います。

 

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・割引》の【REDS】の手塚でした。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

カテゴリー:

緊急事態宣言 再発令 購入において出来る事

公開日:2021年1月21日

2度目の緊急事態宣言 予定通りに2月7日までとなっておりますが、

勝手に3月末までかかるのではないかと思っているREDSの手塚です。

 

前々回は売却で考えてみましたけど、購入の場合も色々考えてみます。

以前書いた購入の準備も見てください

https://www.reds.co.jp/2016/10/?cat=40

 

住宅ローンの事前審査を行ってみるのが大事と書きましたが、これはこれで大事な事です。

 

それ以外に物件を見る前に大切な事

・不動産ポータルサイトに掲載されている写真は信じてはいけない(現実の3割増し位に思う事)

 私どもも売却活動をしている中で、ポータルサイトに掲載する写真を撮る事があります。

 なるべく嘘偽りが無い様に写真を撮りますが、売却活動をしている商品です。

 見栄えが悪い写真より、見栄えの良い写真をなるべく撮ります。

 また写真を撮る技術や加工するアプリ、PCスキルなど 色々勉強しております。

 写真を撮っている側が言うのもなんですが、実際より良く見えている場合がありますので、

 ポータルサイトに掲載されている写真をすべて信じない様にしましょう。

 

・予算を超えている物件は見ない(高いには高いなりの理由がある 逆に安いなりの理由もあります。)

 ご自身で決めた予算を超える物件は、見る事もやめた方が良いです。(お支払いできるのであれば良いかもしれません)

 通勤や通学で職場が近い方が良い 駅から近い方が良い 学区の兼ね合いで今住んでいるエリアで

 子供が出来たので、広い家が欲しい 不動産を購入する目的は色々あると思いますが、

 高いには理由があります。

 駅から近い 土地・建物の面積が大きい 築年数があまり経過していない 近隣の相場が上がっている

 そもそも探しているエリアに唯一といっても過言ではない物件

 私たち仲介業者は近隣の成約事例や今売りに出ている事例などから相対評価し、査定をしています。

 不動産鑑定士ではありませんので、ピンポイントで〇〇万円です、という査定は致しません。

 高い物を見てしまうと、それが普通に見えてしまいます。

 その後に予算内の物を見ると、物足りなさを感じると思います。

 

・過度な値引きを期待しない

 上で相対的な評価をし、査定していますと書きました。

 購入側も購入する理由があり、売却側も売却側の理由があります。

 明らかに近隣の相場よりも高く売り出していても、高く売り出している理由があります。

 例えば この価格で売れないと手出しになってしまうので抵当権の抹消が出来ない。

 その様な物件の場合 値引きしたくても値引きが出来ない事は良くあります。

 過度な値引き交渉は売主様の気分を害する可能性がありますので、あまりお勧めは致しません。

 

このコロナ禍で不要不急のの外出が叫ばれています。

気になった物件の近隣を歩く事もなかなかしにくいので、

グーグルのストリートビューで近隣を見てみる。

気になる点があったら 検索してみる。

物件を見に行く前に準備出来る事はあります。

 

住宅ローンの事前審査 物件の近隣の事 先に下調べをしておけば

あとは素早く決断するだけです。

 

買う準備をしてから 内覧してみませんか。

 

文章を作るのが苦手なREDS】の手塚でした。

REDSでは不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも割引または無料です。

 

カテゴリー:

REDSにも外国人の波が、、、

公開日:2021年1月15日

REDSにも外国人の波が

と言っても 外国の方からのお問い合わせが増えたわけでは無く

 

本来は芸人である パックンマックンのパックンが

弊社 REDSの特命PR担当になりました。

年末の番組でネタを久々に見ましたが、

芸人というよりも 文化人 経済人と言ったイメージが強く

弊社のPR担当にはもってこいの人だなと思っております。

 

また弊社の経営企画室に 知る人ぞ知る

リチャード・ナッシュさんが入社致しました。

 

今後はワールドワイドにとはいきませんが、

日本の不動産業界をよくするべく 色々な事を考えてくれると思います。

 

コロナ禍とはいえ

出来る事からコツコツと

 

私、手塚竜也のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

 

 

カテゴリー:

緊急事態宣言 再発令 売却活動において出来る事

公開日:2021年1月9日

東京都では年末に新規コロナウイルス感染者が1000名を超えたと思ったら

もう2000人超えの日々が続き また緊急事態宣言が発令されました。

 

嘆いていても何も始まりません。

私どもも感染しない様に事務所の換気、最低限お客様との物理的距離を取り

内見時は入室前に手のアルコール消毒を徹底し

使い捨てのスリッパをご用意しております。

 

現在売却活動中の売主様の出来る事

まずは、売却活動を続けるべきか否か

人それぞれ売却の理由はあるかと思います。

営業の私が言うのもなんですが、一回売却活動を止めてしまう事もできます。

このコロナ禍、緊急事態宣言発令される中 ワクチン接種もまだまだ時間がかかりそうです。

知らない人が来るのが怖いと言った声も聞こえます。

不動産の売却活動がストレスになってしまうと、余計病気にかかりやすくなってしまうかもしれません。

それなら一層の事、売却活動を中止にしてしまうのはいかがでしょうか。

緊急事態宣言明けに再度売却活動を行う事もできますので、売却のスケージュールに余裕のある方

一緒にタイミングを見極めて売却活動を始めませんか。

 

売却活動を続ける方

これから少しの間は購入を検討する方も巣ごもりし、

購入の反響も減ってきます。

その巣ごもりしている人の為に、

年末に掃除したと思いますが、

再度換気の為に掃除して

WEBに掲載できる建物内部の写真を増やしたりしませんか。

特に水回り

水回りの写真掲載があるとお問合せの数も多いようで

キッチン お風呂

掃除した時に写真を撮ってみませんか。

 

縦横 電気ある無し 水が入ってる入っていない

違うお風呂ですが 左のお風呂の方が見栄えが良いかと思います。

 

もう一度掲載されている写真の内容を確認しても良いかと思います。

 

 

私、手塚竜也のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

 

カテゴリー:

新年明けましておめでとうございます。

最終更新日:2021年1月3日
公開日:2021年1月1日

2021年、明けましておめでとうございます。

 

1年ずれてしまいましたが、オリンピックイヤーの今年、

コロナの影響もあり、経済も今後の事も

もちろん不動産市況は不透明な状況ですが

REDSのエージェントは全員が宅建士です、専門的な知識と

経験を生かして1件、1件の取引を大切に皆様の不動産取引

のお手伝いをさせて頂きます。

今年からはTX営業所(八潮)もでき

東京、渋谷、池袋、横浜、八潮と契約できる場所が増えました。

不動産の売買をご検討中の皆様、先ずは仲介手数料半額~無料

少し遠いかなと思わず、

不動産流通システム「REDS」へお気軽にお問合せ下さい。

 

本年もよろしくお願い致します。

カテゴリー: