年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

大橋 暢昌おおはし のぶあき

4.511件

お住まい探しの注意点②(住んでから気が付く事を事前に知れたら良いですね)

最終更新日:2021年4月23日
公開日:2021年1月29日

こんにちは。

 

仲介手数料最大【無料】REDSの大橋です。

 

申し訳ございませんが今回も私の歴史にお付き合いいただけたらと思います。

前回の資料のその②をお送りいたします。

 

当時は今のように何でも充電が必要としておりませんでした。

携帯電話・タブレット・電気ポット・掃除機・電子タバコetc.

現在は充電を必要とする機器が増えそれに伴いコンセント問題が発生して

おります。

それでも、今より電子機器が少なかった当時からお客様からの相談は 

多くございました。こちらが資料となります。

 

特に古い中古マンションですと、電気のアンペアを増やせない場合

もございます。

と、ならない様考えていきたいと思います。

当時の対策方法はいかがだったのか。ご報告いたします。

◎特に、注文住宅や建築条件付き売地、新築マンションやリフォームをお考え

 でしたら事前にイメージしてコンセントを増設することが出来ると思います。

 お掃除ロボットやコードレス掃除機の充電用に収納内にコンセントを設する方。

 キッチン周りのコンセントは別系統のブレーカーにしたりと対応可能です。

 

 既存住宅の場合は、お引越しの前にコンセントを増設しブレーカーの容量も

 電気工事士さんにご相談いただけたらと思います。

 これは、今でも相談を受ける永遠のテーマです。

 便利になり、コードレス家電が増えました。ワイヤレス商品も電源が

 必要となります。

 

私の子供(息子)は9歳になりますが、生まれた時からスマートフォンが

当たり前の時代です。これからの時代さらに便利になると思います。

 

私が昔見たドラえもんの様な未来が来るのでしょうか.....

 

 

 

カテゴリー:

お住まい探しの注意点(住んでから気が付く事を事前に知れたら良いですね)

最終更新日:2021年4月23日
公開日:2021年1月25日

こんにちは。

 

仲介手数料最大【無料】REDSの大橋です。

 

今回は私がまだ若かったころにお客様にお送りしていた資料が見つかりましたので、ご紹介できればと思います。

お客様にご理解いただけますように必死になって作成していたのを思い出しました。

簡単な資料ですので補足も加えながらご紹介させていただきます。

恐縮ですが、お付き合いいただけますと幸いです。

まずはこちらです。

◎この様なかたちで、当時お客様から頂いていた質問や対応を、

これからご購入するお客様にお伝えしておりました。

そして、この問題の答えが次のページです。

◎当時はペアガラスは復旧しておりましたが、現在の様な弊社グループの「ヒノキヤ住宅のZ空調」や、どうしても結露をしてしまうアルミ部分に樹脂を巻いた「樹脂サッシ」等は当時はまだ無かった事から、結局換気が必要だったことを覚えております。

 

現在の新築市場ですと、マンションはほぼ100%、新築一戸建ても50%程度は樹脂サッシや、すべての物件に音が静かでランニングコストのかからない24時間換気システムが設置されております。

建築の設備や資材を作っている企業さんの弛まぬ努力が皆様の生活環境を常に向上させてくれているのです。

私も不動産の知識は当然ですが、元々は現場監督でしたので設備には興味があります、お客様とお住まいの見学をしながら新しい設備を学べればと思います。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

カテゴリー:

不動産の購入なら【身体が健康なうちに】が【ベストなタイミング】です。

最終更新日:2021年2月20日
公開日:2021年1月22日

こんにちは。不動産流通システム【REDS】の大橋 暢昌です。

 

前回に引き続き、【不動産の購入のタイミング】についてお話したいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

◎住宅をご購入の際は住宅ローンを利用する方がほとんどだと思います。

ご存じの事とは思いますが、住宅ローンを利用した場合の利点をお伝えできればと思います。

 

住宅ローンには基本的に【団体信用生命保険加入】が必須です。

 

・よく、「マイホームは人生最大の買い物」と言われます。しかもそのマイホームを、ほとんどのお客様は「人生最大の借金」によって購入するわけですから、躊躇するなというほうが無理でしょう。

しかしお客様は、マイホームを買う事によって不要になる心配事もあることを知っているでしょうか。世帯主に ”万一” があっても、マイホームさえあれば遺族は住む家の心配をせずに済みます。

賃貸住宅と違って保証人や家賃を求められる事もありませんし、住宅ローンは団体信用生命保険(団信)によって弁済されます。

【マイホームを買うということは、安心を買うことでもあります】

 

・団信とは、金融機関に住宅ローンなどの債務を負う人が、返済期間中に死亡または高度障害状態となった場合に、その時点の債務残高に相当する保険金が支払われる生命保険で、一般に金融機関が契約者かつ保険金受取人となります。

 

・銀行の住宅ローン商品では、おおむね融資実行の条件に団信への加入が含まれています。(保険料は金融機関が負担する場合が多い)実際には、住宅ローンを利用されている方のほぼ100%が団体信用生命保険の加入者でもあります。このようなお客様は(世帯主を借り入れ人とする住宅ローンを利用して)マイホームを取得した時点で併せて世帯主の ”万一” にも備えた事にもなるのです。

・賃貸住宅の場合ですと、世帯主に万一があった場合でも、家賃は必ず必要になりますし、財産と言う形でも残りません。

 

・ところで、団信への加入を前提とすれば、持ち家の取得時は生命保険を見直す絶好の機会ともいえるのではないでしょうか。お客様が現在加入している生命保険の保証内容は、おそらく ”万一” の後に必要となる生活費を見積もって設計されているはずです。マイホームの購入と同時にその生活費に相当する保障を削減すれば必然的に保険料の負担も軽減されますので、この機会に見直しされるのも良いかと思います。

 

・最後にですが、この団信に加入の際は審査が必要となります。

 今までの経験からですが、持病や疾患を持った方ですと金利が大幅に上がったり、住宅ローン自体が否決になったりする事が少なくありませんでした。

 

【身体が健康なうちに】がベストなタイミングです。

皆様もどのタイミングがよろしいかお考えになられてはいかがでしょうか?

ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けください。

 

 

カテゴリー:

不動産購入 家を買うタイミングはいつ? 

最終更新日:2021年2月20日
公開日:2021年1月17日

皆様、こんにちは。

不動産流通システム REDSの大橋です。

 

現在はコロナの感染で生活環境が大きく変わってきたと思います。

ですが、震災を何度も経験している日本は強い国だと思います。

皆々様で何とか乗り越えていきましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は、多くの方が感じている【不動産はいつが買い時なの?】

ご説明したいと思っております。

 

国は不動産の購入を推進しております

 

・なぜなら…

不動産取得税・建物消費税・登記費用・契約書収入印紙etc...多くの税金が入ります。

(5,000万円の建売住宅で約200万円の税金を払う事になります)

※別に固定資産税・都市計画税は毎年納税義務があります。住宅ローンや火災保険等金融業も潤います。

 

・そこで…

住宅ローン控除・すまい給付金住・次世代住宅ポイント・贈与税非課・税枠etc.. 

住宅を購入しやすいように政策が盛りだくさん。

・金利も最低水準継続中。 

これには理由があります。 

 

実際にもらえる年金の額の概算。

・今現在は65歳からの支給となりますが、こちらの表は日本の平均年収の方で40年間年金を支払った方の目安です。

総額で約22万円貰えることがわかります。先程の高齢夫婦世帯の概算支出が263,717円ですので、年金プラスαで生活出来ます。ただし居住費が15,000円以下の場合です。要は居住費は固定資産税分と計算されていると予測されます。

◎結論‼

住宅ローンは60歳、遅くとも65歳時には完済しておきたいところです。
今が買い時!なのではなく、遅くとも35歳から40歳ぐらいまでに購入をご検討いただく事を推奨いたします。
ちなみに【三菱UFJ銀行】さんの実例では、平均24年間で住宅ローンを完済されているそうです。

以上となります。

 

ご参考いただけましたでしょうか?

次回も不動産を購入した場合の利点をお知らせいたします。

カテゴリー:

はじめまして【REDS】の大橋 暢昌(おおはしのぶあき)です。

公開日:2021年1月10日

はじめまして。

ご縁があり、新しく不動産流通システム【REDS】のエージェントとなりました大橋 暢昌(おおはし のぶあき)と申します。

不動産の仕事をしてから早19年が経とうとしております。

1000組以上のお客様のお話をお伺いしましたが、誰一人として全く同じ条件だった事はございません。

私が不動産業に従事した新人の頃の先輩には「不動産購入と結婚は一緒だ。」と言われたものでした。

皆様それぞれの思いがあり、ご縁の巡り合いがあって初めて成せるものです。

お住まいとお客様の”ご縁”を結びつけるのが私の仕事と考えております。

お住まいのご購入を考えていらっしゃる方々は、幸せなご家族であったり、生活を豊かに過ごしたい方であったり、財産を手に入れたい方であったりと、今を前向きに考えられている方ばかりです。

その様なお客様の姿を見て、私も感化され前向きにひたむきにお客様と接してこれたと思っております。

これからもそんな素晴らしいご縁をいただき、お客様にご満足いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: