年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
嶋田 淳しまだ あつし

銀行から感謝状をいただきました。

公開日:2021年1月31日

皆様、こんにちは。

 

ありがたいことに先日、銀行から感謝状をいただきました。

 

 

 

 

身の引き締まる思いとなりますが、これからも

少しでも皆様のお役に立てるよう、日々勉強に励んで参りたいと思います。

 

なお、住宅金融支援機構の民間住宅ローン実施調査によると、

住宅ローン利用者の約4割~5割の方が住宅ローンの商品特性や

金利リスクへの理解度について不安を抱いているそうです。

 

<よくあるご質問>

■変動と固定、どちらが良いのか。

■実際に、どの金融機関が有利なのか。

■金利が違うと、具体的にどのくらい総支払額に差が出るのか。

■将来的に金利が高騰した場合、どのくらいのリスクを負うのか。また、その対処策はあるのか。

■金融商品を選ぶ時、金利のみを重視して選んでも良いものか。

■変動金利はどのくらいの頻度で変動するものなのか。また変動するタイミングや根拠は何なのか。

 

当社では経験豊富なエージェントが数多く在籍しておりますので、

例えば上記のような、各お客様のご不安・ご質問に対して、

都度、個別に回答させていただいております。

 

その他、何か些細な事でもご不明な点があれば、

なんでもお気軽にREDSの各エージェント迄、ご相談ください。

 

 

 

カテゴリー:

三郷中央センターマークスがスピード成約となりました。

公開日:2021年1月24日

皆様、こんにちは。

 

12月より販売開始しておりました、

つくばEX線「三郷中央」駅徒歩1分、

三郷中央センターマークスがご成約になりました。

 

 

実質的には販売開始から約1カ月、スピード成約です。

 

 

駅から徒歩1分、千代田区まで電車で約30分で到着する利便性に加え、

室内の程度や眺望も良い、良質な物件ではございましたが、

本当に早かったですね。

 

N様、早期のご成約、誠におめでとうございます。

 

お引渡し迄、お手続きにお付き合いのほど、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー:

REDSのイメージキャラクターがパックンで決まりました!

公開日:2021年1月17日

皆様、こんにちは。

 

当社REDSのイメージキャラクターとして

「パックン」こと、パトリック・ハーランさんの起用が決まりました。

 

 

 

今後、当社の「特命PR担当」になり、さまざまな広告媒体で

ご活躍をいただけるとの事です。

 

 

起用の主な理由としては、

 

・知的なイメージがある(ご本人はなんとハーバード大卒となるそうです。)

・親しみやすいキャラクター

・当社がアメリカ式の不動産仲介会社を目指している。

 

 

主に、上記のようになるそうですが、

私としては米国式の仲介会社を目指すと云う、

会社の方針に賛同しております。

 

 

なぜ、米国式を推奨するのかについて、

ご存じない方へお伝えをさせていただきますと、

実はアメリカでは、不動産購入の際に「仲介手数料」が掛かりません。

 

 

※私の以前のブログになります。

アメリカの不動産仲介会社

 

 

その分、売主様のご負担は6%の仲介料と高額になる訳なのですが、

多くの買主様とっては、同じ6%でも、物件価格に仲介料が含まれていた方が、

喜ばしいのではないでしょうか。

 

<日本の仲介料の基本>

売主・・・3%

買主・・・3%

 

<アメリカの仲介料の基本>

売主・・・6%

買主・・・0円

 

なお、REDSでは下記のように仲介料を定めております。

 

<REDSの仲介料>

売主・・・0円 OR 割引

買主・・・0円 OR 割引

 

つまり、日本の他の一般的な仲介会社やアメリカの仲介会社のように、

現在のシステムでも、計6%に届く取引は、REDSでは行いません。

 

・・・手前みそですが、利用しない手はないのではないでしょうか。

REDSの仲介料は世界的に見ても、本当にお得かと思います。

 

実務においても、ほとんどのエージェントが業界歴10年以上の経験を積んでおりますので、

売買のお取引自体も安心・安全に行えます。

 

 

 

今後とも御贔屓の程、よろしくお願いいたします。

カテゴリー:

緊急事態宣言 1都3県で2月7日まで!

公開日:2021年1月10日

みなさま、こんにちは。

 

先日、再び、緊急事態宣言が一都三県で発動されました。

 

 

予定の期間は1カ月、内容としては下記のようになるそうです。

 

 

▽飲食店などに対して営業時間を午後8時までに短縮し、酒類の提供は午前11時から午後7時までとするよう要請。

▽特に午後8時以降の不要不急の外出の自粛を徹底するよう呼びかける。

▽テレワークを推進して、出勤する人の7割削減を目指す。

▽イベントの開催制限については、収容人数の半分か5000人の少ないほうを上限とする。

 

 

残念なニュースにはなりますが、新規感染者の方もだいぶ増えて

いるようですので、致し方ない事ですね。。

 

一人、一人が出来る事は、限られておりますが、

大切な人にうつす事がないよう、

私もこれまで通り、うがい、手洗いの徹底や、

万が一、少しでも体調が良くない時は

代わりのエージェントに引き継ぐ等、

しっかりと自己管理を行いまして、

厳しい状況下の中、お越しいただけるお客様に

少しでも安心してご見学をいただけるように、

励んでまいりたいと思います。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

カテゴリー:

新年のご挨拶

公開日:2021年1月3日

新年明けましておめでとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

弊社【REDS】は1/4(月)より営業開始となります。

 

 

 

ご売却やご購入をお考えのお客様、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

ここからは、2021年度の税制改正の変更点を

簡単にまとめさせていただきます。

 

① 住宅ローン控除(13年)が期間延長となりました。

 

2019(令和1)年10月の消費税10%への増税をきっかけに、

控除期間が「13年」となる緩和策(消費税が掛かる物件が対象)

が取られていましたが、この特例を2年間延長することが決まりました。

 

<延長期限>

契約期日
・注文住宅:2021(令和3)年9月末
・分譲住宅:2021(令和3)年11月末

※2021年いっぱいではございませんので、ご注意ください。

 

入居期日

・2022(令和4)年12月末

 

※11年目から13年目の控除額につきましては、

「建物の取得価格の2%÷3」か「年末のローン残高の1%」

上記のどちらか少ない方が適用になります。

 

 

 

② 住宅ローン控除の適用要件、「床面積50㎡以上」という項目が、

「40㎡以上」に緩和されることが決まりました。

 

ただし、50㎡未満のお住まいは所得制限「1,000万円以下」が

設けられますので、注意が必要です。

 

更に、マンションは「内法」で床面積が算出されますので、

特に、販売図面上の延床40㎡ギリギリの物件については、

壁芯と内法の差異により、住宅ローン減税が受けられない場合があるため、

物件毎に各エージェント迄、お問合せください。

 

 

 

カテゴリー: