年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
荒 芳弘あら よしひろ

アスベスト(石綿)について、気になるニュースが報道されました。

公開日:2020年12月29日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

アスベスト(石綿)について、気になるニュースが報道されました。

バスマット2万点超に石綿 ヤマダHD、イズミなど販売

厚生労働省は28日、家電量販大手のヤマダホールディングス(HD)や、西日本を中心に商業施設を展開するイズミ(広島市)などが販売したバスマット11種、計約2万4千枚に、法令基準を超えるアスベスト(石綿)が含まれていたと発表した。

厚労省によると、バスマットはケイ藻土を使用、北九州市の「不二貿易」が輸入。今年7月以降、ヤマダやイズミのほか、九州や山口でホームセンターを展開する「グッデイ」(福岡市)でも販売された。

通常の使い方をしている限りは石綿が飛散する恐れはないが、削ったり割ったりするなどして破損した際に飛び散る恐れがあるという。

 

今更このようなことが起きることに驚きました。

 

アスベストとは

アスベスト(石綿)は、天然にできた鉱物繊維です。熱に強く、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っていることから、その特性を活かしさまざまな製品に使用されてきました。一方、丈夫で変化しにくいため、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、15~40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫( 悪性の腫瘍) などの病気を引き起こすおそれがあります。目に見えないくらい細い繊維のために、気づかないうちに吸い込んでしまう可能性があります。

日本においては、アスベスト含有製品生産や建設作業に携わっていた作業者の健康被害に対する補償が行われてきましたが、2005年にアスベスト含有製品を過去に生産していた工場近辺における住民の健康被害が明らかになったことで、医療費等の支給など救済措置のための法律が制定されることになりました。

 

不動産取引において不動産業者は、不動産を購入される方に重要事項説明として、建物について過去に行った石綿(アスベスト)使用調査結果の記録があるかどうかを説明する義務があります。

建物に石綿(アスベスト)があるかどうかの説明とは異なり、石綿使用の有無の調査を義務付けるものではありません。

 

実際は、石綿(アスベスト)使用調査結果の記録の有無と以下のような説明をしています。

“本物件建物には、アスベストが使用されている可能性があります。本物件建物の解体、改修工事を発注する際には、工事の請負人に対し、当該建築物等における石綿含有建材の使用状況等の情報(設計図書等による)を提供するよう努めなければなりません。また、解体等の工事を請け負った事業者が、契約条件等によりアスベストによる健康被害防止のため必要な措置を講ずることができなくなることのないよう、解体方法、費用等につき労働安全衛生法およびこれに基づく命令の遵守を妨げないよう配慮しなければなりません。詳細は「建築物からの石綿粉じん対策」をご確認ください。アスベストが使用されている建物の解体費用(改修費用)は、通常より高額になる場合がありますので、あらかじめご承知おきください。”

 

「建築物からの石綿粉じん対策」の詳細内容

 

 

石綿(アスベスト)は、家庭用の製品のうち、電磁調理器、冷蔵庫、洗濯機、アイロン、掃除機、エアコン、こたつ、電気ストーブ等に使用されています。(経済産業省の調査 平成17年12月28日現在)

 

アスベスト含有製品を持っていると危ないのか。

メーカーでは、使われているアスベストが他のものと混合され、固められているものが多く、通常の使用においてはアスベストが飛び散る心配がないとのことです。

 

早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。

皆様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。

なお、弊社は、新年1月4日から営業開始となります。

来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

来年も売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

 

忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しくださいませ。

良いお年をお迎えください。

カテゴリー:

あるお客様の売買契約が無事に終了し、不動産業者が売主の中古物件を購入したため、仲介手数料が無料になりました。

公開日:2020年12月23日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

今年も残り約1週間となりました。

コロナ禍の感染者数が増えております。

感染して新年を迎えるのは、非常に寂しいです。コロナ禍に感染しないよう、なお一層気を付けてください。

 

先日、あるお客様の売買契約が無事に終了しました。

このお客様は、不動産業者が売主の中古物件を購入したため、仲介手数料が無料になりました。

そのため、不動産購入に掛かる諸費用がだいぶ節約できました。諸費用において、仲介手数料の占める割合はかなり高いものです。

また、このお客様は手持ち資金をあまり使いたくないため諸費用についても借入し、住宅ローン減税を利用するため耐震基準適合証明書(以下の※をご参照ください。)を取得する必要がありました。

この一連の事についても、私がご協力させていただきました。

 

※耐震基準適合証明書とは、住宅などの建物の耐震性が建築基準法で定められた耐震基準を満たしているかを証明する書類です。この証明書を取得する場合は、申請が必要です。

耐震基準適合証明書を取得するメリットは、築25年超の耐火建築物と築20年超の非耐火建築物の中古住宅を購入し、住宅ローン減税等を利用するためです。

築25年以下の耐火建築物と築20年以下の非耐火建築物ならば、耐震基準適合証明書がなくても住宅ローン控除等のメリットを受けられますが、この築年数を超えた建物は耐震基準適合証明書が必要になります。

耐火建築物とは、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造(軽量鉄骨造を除く)、コンクリートブロック造、れんが造などが該当します。 非耐火建築物とは、木造、軽量鉄骨造が該当します。

 

 

一般のお客様は、耐震基準適合証明書を取得しようとしても、具体的にどのようにすれば良いか分からないと思います。インターネット等にいろいろな案内がございますが、面倒臭いと思います。

また、作成費用についてもまちまちですので、私にご依頼された方が手軽で安心です。

 

結果として、このお客様は、不動産購入に掛かる諸費用の節約と住宅ローン減税の利用ができるようになり、満足していました。最後に、価格交渉も可能な限り行いました。

皆様も私をうまく活用し、賢い不動産購入を行っていただければと思います。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

なお、弊社(REDS)は年内12月25日まで営業しておりますので、不動産の売却・購入をお考えのお客様は奮ってお問い合わせいただければと思います。なお、12月26日以降もお問い合わせいただいたお客様については対応する予定です。ご安心ください。

 

毎回ですが、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しくださいませ。

カテゴリー:

年内12月25日まで営業しておりますので、不動産の売却・購入をお考えのお客様は奮ってお問い合わせいただければと思います。

公開日:2020年12月15日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

今年も残り約2週間となりました。

今年は、コロナ禍で始まり、自粛で終わりそうです。

昨日、今年の漢字が「密」に決まりました。なるほどと思いました。

GoToトラベルも一斉停止となりました。年末年始は家でゆっくり過ごそうと思います。

初詣についても、「密」を作らないため、年内の参拝(幸先詣(さいさきもうで))を呼び掛けたり、正月三が日にこだわらない新たなスタイルが提案されています。

 

私も「密」を避けて、初詣をする予定です。私は、毎年 鎌倉の鶴岡八幡宮に行っています。

 

 

クリスマスは、ケーキを食べて、ワインではなく、レモンサワーを飲みます。

子供が大きくなりましたので、クリスマスケーキではなく、ショートケーキを買います。(笑)

 

 

また、お正月は、レモンサワーでも飲んでゆっくり家で過ごす予定です。

 

皆様もコロナ禍に感染しないよう、気を付けてください。

感染して新年を迎えるのは、非常に寂しいと思います。

 

なお、弊社(REDS)は年内12月25日まで営業しておりますので、不動産の売却・購入をお考えのお客様は奮ってお問い合わせいただければと思います。

なお、12月26日以降もお問い合わせいただいたお客様については対応する予定です。ご安心ください。

 

毎回ですが、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しくださいませ。

カテゴリー:

売却依頼を受けました「さつき荘(1棟売アパート)」が今年一番のスピードで成約いたしました。

公開日:2020年12月8日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

きらびやかなイルミネーションが街を彩る季節となりました。

しかし、コロナ禍の感染者数も増えています。感染しないよう3密(密閉、密集、密接) を避けながら、これからも頑張りましょう。

 

 

売却依頼を受けました「さつき荘(1棟売アパート)」が今年一番のスピードで成約いたしました。

 

何と11月18日に物件情報の公開をしてから、4日後に購入申し込みがありました。

先日、無事に売買契約を締結しました。

私の担当している物件で、今年一番のスピードです。

購入したお客様は他社のお客様であり、弊社(REDS)が物件の囲い込みをしないことが今年一番のスピードで成約した要因です。

 

これからも物件の囲い込みをせず、売主様に機会損失を与えず、高値成約、早期売却を目指して頑張りたいと思っています。

 

 

毎回ですが、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しくださいませ。

カテゴリー:

日経新聞の記事を見て、不動産について気になった記事を紹介いたします。(NO.2)

公開日:2020年12月2日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

日経新聞の記事を見て、不動産について気になった記事を紹介いたします。(NO.2)

 

増える在宅、自宅も快適に 高まる中古リフォーム熱

国内のリフォーム市場が活気づいている。新型コロナウイルスをきっかけに自宅への意識や不満が拡大。新築分譲マンションの供給減のため希望エリアで希望物件が見つけにくいなか、広めの中古物件を購入し自分好みに改装するファミリー層が増えている。2000年前後に大量供給された新築マンションが順次リフォーム適齢期に入るだけに、人気は今後も続きそうな気配だ。

 

「子供が増え、より広い部屋に移りたかった」

30代男性はリフォームを行った。男性は千葉県内の賃貸マンションに住んでいたが、築19年ながら以前より8割ほど広い中古マンションを購入。間取りを3LDKに変更するなど室内を丸ごと刷新した。大型収納エリアも設け、計1600万円をかけて新しくした。

 

こうした動きについて、「4月以降、30代を中心に広がった」。緊急事態宣言を受け在宅勤務が一段と増加。「自宅にいる時間が長くなり、自分自身の住居について考える機会が増えた」とみる。新築マンションが欲しいが希望エリアになく価格面でも難しい。そこで築年数はたつが条件に合った中古物件を探し、短期間でできる改装を選ぶファミリー層が増え始めた形だ。

 

リフォームの受注内容は幅広い。風呂や洗面所など水回りを変える人もいれば、働く場所として書斎を作る家族もいる。子供が生まれることを見据えた間取り変更も少なくない。工期は長くても3カ月程度。リフォームの平均費用は1千万円前後という。

 

国内で新築志向は根強いが、近年は供給戸数が少なく価格も上昇が続く。都心部では「高根の花」となりつつあるなか、中古マンションは相対的に割安だ。東日本不動産流通機構(東日本レインズ)がまとめた首都圏の10月の成約件数は前年同月比31%増え、在庫件数は11カ月連続で減少している。住宅産業研究所(東京・新宿)の関博計社長は「リフォームに一定の需要が生まれている証左だ」と指摘する。

 

弊社(REDS)もリフォーム事業に力を入れています。割安な中古マンションを購入し、リフォームをお考えのお客様は私宛にご連絡いただければと思います。

また、弊社(REDS)を利用すると諸費用のうち最も金額が掛かるであろう仲介手数料が最大無料になります。

無料にならない場合でも、一般の不動産会社様でご購入いただく際の仲介手数料を割引させていただきます。

無料または割引になったからといって、保証やサービスが疎かになることは一切ございません。

逆に(無料または割引なのに)、「ここまでお世話してくれるの?」と驚かれることのほうが多いくらいです。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

最後に、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

 

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: