年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
水谷 岳洋みずたに たかひろ

リフォームの話。

公開日:2020年11月27日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

先日、REDSでマンション購入とフルリノベーションしていただいたS様の、完成した室内をお引渡し前に内覧させていただきました。

リフォーム前のリビング

 

リフォーム後のリビング

 

リフォーム横にはリビング横に和室がありました。

 

和室を無くし、リビングを広くしました。

 

 

初めてご案内させていただいた時の物件状況は跡形もなく、S様のご要望とセンスで埋め尽くされた室内がとても素敵で感動しました。

 

リフォームは確かに予算がかかりますが、REDSなら仲介手数料が割引や無料になるので諸費用が安くおさえられる分、リフォームに予算を回すことができます。

 

またREDSのリフォームは、物件購入を検討されている段階から、現地調査、見積もりなどの作業を同時進行で進めることができるので効率的です。

 

築年数がそこまで古くないマンションでも、そこに何年かの間、人が生活していれば室内にはそれなりにダメージがあるものです。

 

せっかく不動産を購入されるのであれば、綺麗にリフォームして、新たな気持ちで生活を始められるのが理想だと思いますので、中古物件の購入からリフォームまで、いつでもREDSにご相談いただければと思います。

カテゴリー:

インフルエンザ予防接種の話。

公開日:2020年11月20日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

11月とは思えないくらい暖かい日が続いてますが、コロナの感染者はこの1週間でかなり増加してしまいましたね。

 

東京は2日連続1日の感染者が500人を超えて、全国の感染者数は12.6万人になっているそうです。

 

このままだと東京都で1日の感染者数が1,000人を超える日もそう遠くないと言われてますので、東京で仕事をしている私としては油断できない状況になってきました。

 

世界中でワクチンや薬の開発が待たれるところですが、とりあえず出来る事からやるしかないので、今日インフルエンザの予防接種をしてきました。

 

インフルエンザ予防接種もなかなか予約できない状況のようですが、池袋営業所の同僚が予約してくれて、私は予防接種することができました。

 

もうインフルエンザ予防接種は年内予約できない印象ですが、いくつかの病院をあたってみると、まだ予約できるところはありますね。

 

コロナ過によって、手洗いうがいが習慣化された影響で、今年はインフルエンザ患者が減っているとも聞きますが、とにかくやれる事をやっていくしかないですからね。

 

皆さまも、くれくれも体調にはお気をつけください。

カテゴリー:

新型コロナ第3波。

公開日:2020年11月13日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

GoToトラベルやGoToイート効果で、少し活気がでてきたところですが、ここ数日、また新型コロナのニュースが目立ってきましたね。

 

北海道ではこの1週間、1日平均200人前後の感染者が確認され、東京は3日連続で300人を超える感染者が確認されております。

 

新型コロナウィルスの遺伝子が変異し、人への感染力が増したとの説もありますが、寒くなってきたことで窓を開けて換気する時間が短くなったことも理由のひとつとされているみたいです。

 

このままいくと、4週間後に東京では1日1,160人超の感染者がでる恐れがあるとか、ないとか・・・いずれにしても第3波に備える必要があるという事ですね。

 

手洗い、うがい、マスクは、もはや基本中の基本ですが、密をさける行動を改めて見直す必要があるかもしれません。

 

REDSでは、コロナ禍になる以前から、在宅ワークを取り入れてきました。

 

REDSのエージェントは、一般的な不動産会社よりも広範囲なエリアを担当しており、効率的な時間調整が求められますので、通常事務所で行う物件検索や内見手配、資料作成などの作業全てが、REDSエージェントは在宅ワークでも行うことができるシステムを構築しております。

 

4月に発令された緊急事態宣言時でも、REDSのエージェントは在宅ワークにて通常と何一つ変わらぬ動きをしておりました。

 

押し寄せる第3波に対しても、REDSエージェントは通勤時の満員電車や、職場内での密状態を回避し、感染リスクを最小限におさえて業務を行うことができます。

 

仲介手数料が安いだけじゃなく、お客様の立場で確立されているのがREDSのシステムですので、不動産の購入、売却をご検討のお客様は、是非REDSにご相談ください。

カテゴリー:

頭金と手付金の話。

公開日:2020年11月6日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

不動産の広告に「頭金0円で購入できます!」と目にすることがあります。

 

これはどういう事かと言いますと、頭金とは物件を購入する際に、住宅ローンの借入ではなく、自己資金で用意できる金額で、物件代金の一部に充当できる部分のことになりますが、今は主な金融機関の住宅ローンで物件価格100%ローンを組むことができますから、頭金が0円で住宅を購入することができるわけです。

 

それなら現金がなくても全額ローンで不動産の購入ができるんだ、と思われる方も多いと思いますが、頭金は0円で大丈夫でも不動産の購入には手付金が必要になります。

 

手付金とは、一般的に物件価格の5~10%の金額を、売買契約時に一部先払いで支払う代金のことで、不動産売買取引のなかで、契約成立を示すお金として必ず必要なお金になります。

 

住宅ローンを利用される場合、契約から決済まで一般的には1ヶ月前後の期間がかかりますし、まだ建築中の物件や、売主様が居住中の物件ですと決済まで数か月かかる場合もありますので、売買契約時に購入代金を一部先払いすることで、取引が終了するまでの証拠金となり、お互いに簡単にキャンセルできないようにする意味を持つことにもなります。

なので頭金は0円でも、手付金は0円にはなりません。

 

手付金はあくまでも物件購入価格の一部に充当しますので、購入価格100%住宅ローンを利用していた場合、住宅ローンの実行時に手付金として先払いしたお金が手元に残り、頭金0円で住宅の購入はできるわけですが、頭金0円=現金0円ではなく、不動産の契約には購入価格5~10%の現金が手付金として必ず必要になりますので、ご注意ください。

 

住宅の購入また売却に関しまして、ご質問やご相談がございましたら、いつでもREDSにお問合せください。

カテゴリー: