年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
水谷 岳洋みずたに たかひろ

仲介手数料のお話。

公開日:2020年10月30日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

10月も終わり、今年もいよいよ残り2か月ですね。

 

今年はコロナ禍の影響で、新しい生活習慣や、新しい経験がたくさんあって、これまで以上に疲れることが多かったですが、最後には今年も良い年だったと思えるよう残り2ヶ月頑張りたいところです。

 

さて、今日は仲介手数料についてお話したいと思います。

 

REDSは仲介手数料が必ず割引、最大無料!と広告していますが、割引になる物件と無料になる物件の違いは、その物件の売主様が個人の方か、不動産業者なのかによります。

 

物件の売主様が個人の方だった場合、REDSの仲介手数料は割引になり、物件の売主様が不動産業者だった場合はREDSの仲介手数料は無料になります。

 

見分け方としては、新築戸建やリノベーションマンションは売主様が不動産業者の確率が高い、つまり仲介手数料が無料になる確率が高い物件です。

 

そして戸建でもマンションでも、居住中の物件は売主様が個人の確率が高く、仲介手数料が割引になる確率が高い物件です。

 

REDSでは、お客様よりスーモやアットホームなど住宅サイトのなかから気になる物件をお問合せいただくと、ただちにその物件をお調べして、まず仲介手数料が割引になるか無料になるかメールでお答しております。

 

その上で、お客様が内見ご希望であれば手配し、ご案内させていただきます。

 

お客様のお問合せ内容そっちのけで、「いつ内見しますか!早くしないと無くなりますよ!」など、とにかく連れ出そうとする乱暴な営業や、ガンガン電話するような迷惑な営業行為はREDSでは一切しておりません。

 

まずお客様が気になっている仲介手数料や諸費用など、お問合せいただいた内容をクリアにしてから、物件をご紹介させていただくのがREDSのやり方です。

 

もちろん仲介手数料が無料だからという理由で、その物件を購入するわけではありませんが、購入希望の物件があるのなら、少しでも諸費用は安くおさえたいと思うのは当然だと思いますので、住宅サイトなどで気になる物件がありましたら、まずはREDSにお問合せいただければと思います。

カテゴリー:

REDS池袋営業所オープンしました。

公開日:2020年10月23日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

これまでREDSは秋葉原本社と渋谷営業所、横浜営業所の3拠点で活動させていただいておりましたが、秋葉原本店が東京八重洲に移転し、さらに池袋営業所がオープンして、REDSは4拠点となりました。

 

私、水谷は本日より池袋営業所に勤務しております。

 

REDS池袋営業所 SKビル

1階がスターバックスコーヒーです。

新しいオフィスは気持ちいいです。

REDS池袋営業所の所在地はこちらです。

東京都豊島区南池袋2-16-4 SKビル10F

 

今後とも宜しくお願い致します。

カテゴリー:

安心R住宅の話。

公開日:2020年10月16日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

日に日に寒さが増してきていますね。

 

この時期は風邪をひきやすいみたいなので、体調管理に気をつけて過ごしたいところです。

 

さて、中古物件をお探しのなかで「安心R住宅」の標章を見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

安心R住宅とは、既存住宅つまり中古住宅の流通促進に向けて、平成29年12月より施行された制度で、・耐震性があり・インスペクションが行われ・リフォーム情報提供が行われている、などの国土交通省が定めた要件を満たした既存住宅のことになります。

 

具体的には

・耐震性等の基礎的な品質を備えている

 

・リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている

 

・点検記録等の保管状況について情報提供が行われている

 

以上の要件を、国の登録を受けた事業者団体の責任において適合している旨を表示していることになります。

 

また「安心R住宅」のRは、Reuse(リユース、再利用)Reform(リフォーム、改装)Renovation(リノベーション、改修)を意味しているそうです。

 

施工されてまだ3年の制度なので数は多くありませんが、中古住宅の購入をご検討中のお客様は参考にしていただければと思います。

カテゴリー:

売りマンションご紹介。「売辞め」

最終更新日:2021年6月26日
公開日:2020年10月9日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

ここ最近、めっきり寒くなりましたね。

 

ついこの間まで、残暑でマスクのなかが蒸れていた気がするのですが、もうスーツの上着を着こむ季節になりました。

 

さて、先日ご紹介させていただいた弊社の専任物件「イニシア上野根岸」が室内クリーニングも済んで、内見が可能になりました。

 

15階建ての14階、角部屋になりますので、陽当、風通、眺望、どれも良好です。

 

東側のバルコニーからは、スカイツリーや隅田川の花火も鑑賞できますし、朝焼けがとても綺麗です。

 

敷地内に駐車場、駐輪場、バイク置場もあり、駐車場は今日現在空きあります。

JR山手線・京浜東北線の鶯谷駅東口から徒歩3分で、周辺には飲食店、スーパーもあり、交通面でも生活面でも利便性のよいマンションです。

 

室内をご覧になりたい、また物件に関してのご質問等ございましたら、いつでもお問合せください。

カテゴリー:

耐震等級の話。

公開日:2020年10月2日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

10月になり、早いもので今年も残り3か月です。

 

今年はとにかくコロナ禍の影響で、明るい話題が少ない年ですが、それでも年の瀬に、今年も良い年だったなぁと思えるよう、残り3か月頑張ろうと思う今日この頃です。

 

さて、新築戸建などを探されているお客様は、販売図面などで「耐震等級」の記載を目にされることが多いと思います。

 

耐震等級とは平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいた「住宅表示制度」に関連しています。

 

第三者機関を経て住宅の性能を数値で評価することができるようになり、10区分された性能分野の「構造の安定」という性能を「耐震等級」で表示するようになっています。

 

耐震等級は、1等級、2等級、3等級と3段階で表示され、数字が大きくなるほど耐震性能が高いということになります。

 

まず耐震等級1とは現在の新耐震基準を満たしている建物のことで、震度5強程度の地震では損傷が認められない建物とし、数百年に1度程度の震度6から7程度の地震で倒壊・崩壊しない建物としています。

 

目安として2016年の熊本地震が震度6弱~7になりますので、耐震等級1でもこのクラスの地震に対して倒壊・崩壊はしないという事になります。

 

耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の強度、耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の強度がある建物の構造となっております。

 

なので等級が高いほど安心感も高くなり、また地震保険料の割引などメリットもあります。

 

となると、当然1より2、2より3を求めたくなりますが、数字だけにこだわり過ぎても決して良い選択とは言えないと思います。

 

例えば耐震性能以外に、免震構造や制震構造なども良く聞くと思いますが、これらは耐震基準とはまた別の方向性からのアプローチ方法となります。

 

免震構造とは、基礎部分に強化ゴムなどのパッキンを用いて「地震の力を受け流す」方法になり、制震構造とは、建物の中に振り子のようなオモリやダンパーなどを用いて「地震の力を吸収する」方法になります。

 

建物に免震、制震補強を行っている建物は、地震に対して高いレベルの性能を確保することができますが、基準が違うので耐震等級は上がりません。

 

また耐震等級を上げるには、耐力壁の量やバランスの基準により間取りや窓の大きさに制限が生じるため、極端な例えですが陽当たりの良い大きな窓を作ることと、耐震等級を上げる事は比例しないことになります。

 

よりハイスペックな住宅を希望するのは当然のことですし、大切な家族を守るために大事なことですが、そこにこだわり過ぎてしまうと逆に良い物件を見逃してしまうかもしれません。

 

住宅はスペックだけで決めるものでは無く、利便性や快適性など、家族が毎日生活するために必要なものを見極め、総合的に判断されることが良い物件を見つけるポイントではないかと私は思います。

 

物件をお探しのなかで、ご質問やご相談がございましたら、是非REDSにお問い合わせいただければと思います。

カテゴリー: