年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菅原 秀泰すがはら ひでやす

新規物件 CHIBA CENTRAL TOWER 39階 77.54m2 2LDK

公開日:2020年10月25日

コロナの新規感染者数がやや増加傾向になって、心配しておりますが、皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、この度、新規にご売却のご依頼をいただきました CHIBA CENTRAL TOWER をご紹介させていただきます。

 

平成21年築 JR千葉駅 徒歩10分、京成千葉線千葉中央駅 徒歩4分、千葉モノレール葭川公園駅 徒歩2分の好立地。

43階建の39階で眺望良好です。

総戸数436戸 4タイプのゲストルーム、コミュニティルーム、ライブラリー、フロントサービスなど 共用施設も充実しています。

77.54m2でゆとりの2LDKです。室内きれいにお使いですので、是非一度、ご見学いただければ幸いです。

 

また、弊社REDSなら仲介手数料割引でご利用いただけます。

皆様からのお問合せをお待ちしております。

 

カテゴリー:

コロナ禍の不動産市況 レインズ月例速報 令和2年9月度

公開日:2020年10月20日

コロナの第三波が懸念されていますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

 

さて、先日9月度のレインズ速報が発表されましたので、お知らせ致します。

9月の取引件数は対前年比は―10%となっておりますが、件数を見ると8月よりは増加しております。

相変わらず、取引単価は下がっておりません。

また、このグラフには反映していませんが、レインズの登録されている売出物件数が、このところ減少傾向が進んでおります。

良い物件は早く決まる傾向、また購入申込が複数入る傾向がございます。

皆様も気になる物件がございましたら、お早めに動かれることをお奨め致します。

 

皆様からのご相談をお待ちしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー:

東京マスタープレイス 内覧可能になりました。

公開日:2020年10月11日

9月のシルバーウィークでコロナが蔓延するのではと心配しておりましたが、2週間経っても特別増加すること様子もなく、少し胸を撫で下ろしている今日この頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、先日ご紹介させていただきました東京マスタープレイスですが、ルームクリーニングが終わり、内覧可能になりました。

24階建の21階の角部屋ですので、眺望も良好です。晴れていれば富士山も望めます。

15帖のLDKと繋がっている洋室6帖は三枚引戸が収納でき、LDと一体で利用できますので、21帖のLDKの3LDKとしても使え、L字型のバルコニーに全てのお部屋が面している明るい間取りです。

 

是非、実際のお部屋をご覧ください。

もちろん、弊社へお問合せいただければ、この物件も仲介手数料半額でご購入いただけます。

皆様からのお問合せをお待ちしております。

 

カテゴリー:

専任媒介と一般媒介

公開日:2020年10月8日

10月になり、だいぶ涼しい日が増えてきましたね。皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、売却を不動産会社へ依頼する際に、媒介契約書を取り交わすのですが、3種類あるのをご存知でしょうか。

  • 専属専任媒介契約型式

依頼者は、目的物件の売買または交換の媒介または代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買または交換の契約を締結することができません。当社は、目的物件を国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録します。

  • 専任媒介契約型式

依頼者は、目的物件の売買または交換の媒介または代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買または交換の契約を締結することができます。当社は、目的物件を国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録します。

  • 一般媒介契約型式

依頼者は、目的物件の売買または交換の媒介または代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができます。依頼者は、自ら発見した相手方と売買または交換の契約を締結することができます。

 

大きく分けると、1社にしか依頼できない専任媒介か、複数社に依頼できる一般媒介に分けられます。

 

専任媒介で依頼したのに、囲い込みをされてしまったら。。。と思うと、一般媒介のほうが良いのではと思いますよね。

 

でも、一般媒介はお奨め致しません。

 

理由その1 反響が分散してしまい、反響状況の把握が難しい。

数社でレインズに掲載することになりますので、業者からの物件確認の本数や検討状況の把握ができません。反響状況の確認は売出価格の検証に重要な判断材料のひとつです。それができなくなります。

1社に任せていれば、何件の問合せがあったか、販売図面のダウンロードが何件あったか、集計して報告され、適正な価格のご提案が可能です。

 

理由その2 案内等の対応が煩雑

数社から見学希望が入り、調整を行わなければなりません。週末の午前と夕方などに分散してしまうと、無駄な時間の拘束になってしまいます。

1社に任せていれば、担当者がまとめて調整してくれます。

 

理由その3 購入希望が重なったときの買主の選定が難しい

複数の購入希望が重なった場合の調整は非常に神経を遣います。価格交渉があったり、住宅ローンの審査の状況など、判断材料も多岐にわたり、誰がトラブルなく、取引ができるお客様なのか、ご自身で判断しなくてはなりません。

自分のお客様で契約できないなら、契約に至らないほうがメリットがある相手に相談できますか?

1社に任せていれば、そのような心配はなくなります。

 

つまり、不動産取引で一番重要なのは、信頼関係だと思います。

囲い込みをしない、任せて安心な会社、担当者に専任媒介で売却を依頼することが一番だと思います。

 

ご売却のご相談は、是非、不動産流通システム《REDS》の菅原へお願い致します。

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー: