年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
手塚 竜也てづか たつや

緊急事態宣言解除と不動産

公開日:2020年5月27日

全国的に緊急事態宣言が解除され、第2波が心配されますが、

新しい生活様式になれつつ経済活動をガンガン回していきましょう。

 

緊急事態宣言の中テレワークが推奨され、さまざまな企業がテレワークを開始

都心にオフィスが必要じゃなくなるとも言われております。

 

都市ののオフィスに空室が増える

大家さんは家賃を下げても入居して欲しい

家賃が下がると利回りが下がる

利回りが低い物件は売れないので、物件価格を下げて売る

 

これから都心のビル業は苦労しそうです。

 

しかし人は忘れる生き物

東日本大震災の時は海沿いの物件は嫌われ内陸部に

広島の土砂災害の時は 山から海へ

先日の大型台風の時は河沿いは嫌われ

どこにいても自然災害には勝てません。

地球に住んでいる以上、自然災害のリスクは最低限受け入れなければなりません。

 

話は脱線しましたが、これから数年間 オフィスの需要は下がるかと思います。

しかし魅力的な賃料であれば、入居者は入りますので、数年間の我慢は必要です。

 

テレワークが進み 都心のオフィスに通勤しなくなる

また週2回の出勤で良くなるとなった場合

わざわざ物件価格や家賃の高い都心に住む必要があるのか

といった考えも多く持つ人がいるかと思います。

 

実際私は横須賀から秋葉原に通っていました。(今は横浜にいます)

神奈川県の人は首都圏でも通勤時間が長いといった結果もありました。

横須賀から秋葉原 京浜急行→山手線 ドアTOドアで約2時間

2時間の毎日の通勤は厳しい人も多いかもしれません。

週2回なら、、、  毎日通っているからマヒしていたのかもしれませんが

なんとかなる方もいるかもしれません。

 

これを機に東京だけではなく近隣の都市(横浜、さいたま、千葉)の物件を今の内に狙うのも良いかもしれません。

 

コロナの影響で悲観的な記事が多いですが、もっとプラスに考えて

みんなでこの困難を乗り切りましょう。

 

出来る事からコツコツと

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

 

 

カテゴリー:

コロナ禍で新しい囲い込み様式

公開日:2020年5月19日

ぶるぶるボーテが届き 毎日10分×3回のって

コロナ太りを簡単に解消できないかと目論んでる REDSの手塚です。

 

囲い込み 昔から両手仲介をしたいから 不動産業者間の情報サイト『レインズ』に掲載せず

折込広告や捨て看 不動産ポータルサイトに掲載し 他の仲介業者を排除し

売主様の為にならない 違法なやり方

 

ちょっと前はレインズには掲載しているが

『お話が入ってます』 『商談中です』など掲載しているが紹介させてくれない

なんてこともありました。

 

今回のコロナウィルスの件を使って 新しい囲い込みの言葉が増えてきました。

・売主様は医療従事者の方で、忙しく連絡が取れない。

・コロナの影響で不特定多数の方を家に入れたくない。

・売主様の会社から 不要不急の外出及び家に他人を招く行為の禁止

 

直近でこの3件は確認出来ました。

私個人のヤフーやグーグルのメールから

コロナの影響がありますが、内覧は出来ますでしょうかと

具体的な日時を指定しながらお問い合わせたところ

 

内覧出来ると返信がありました。

 

その他に囲い込みの言葉として

今週は引越しの為内覧出来ません

その翌週も引越中でした 翌々週は売主様より鍵が届かない

(当初内覧希望の翌々週の頃には申込あり 〇月〇日 契約予定)

 

オレオレ詐欺じゃありませんが

よく最新の状況を踏まえた言葉が出てくるもんだと感心する事もあります。

 

また、在宅勤務及びテレワークを行っている業者も多いですが、

こちらが業者とわかると電話に出なくなる。

 

売主様は売却を貴方や貴方の会社に期待してお願いしてます。

貴方が両手取引をしたいのは分かりますが、

それは背信行為です。

 

未だにダークなイメージが付きまとうこの業界

少しでも明るくクリーンな仕事をしていきましょう。

 

コロナの影響で悲観的な記事が多いですが、もっとプラスに考えて

みんなでこの困難を乗り切りましょう。

 

出来る事からコツコツと

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

 

 

 

 

カテゴリー:

新たなご提案 フルリフォームと仲介手数料無料

公開日:2020年5月12日

新型コロナウィルスのに対して 免疫強化じゃないですが、

家でご飯を食べる事も多くなり、また緊急事態宣言で体を動かす事が少なくなり

不摂生と外を動き回る事が無くなった影響でコロナ太りの状況の手塚です。

 

新たな生活様式

常に新築一戸建てやマンションは色々な生活様式を提案してきました。

しかし新築の着工件数は延びておらず、今後は中古のリフォームも多くなってくると思います。

(現在でも中古の取引は非常に多いです)

そこで、既存の間取りを大幅に変更したり、設備の向上をしたりするリフォームと

新築着工件数が伸びない中、既存の建物の取引を合わせ

 

マンション限定になりますが、弊社でフルリフォームをする場合

購入物件の仲介手数料は無料になるサービスを始めました。

EV付など、マンションに関して多少の制限はありますが、

天井・壁 床 水回り 全て新品に交換致します。

また、REDSではコロナショック前から在宅勤務を行っている為、

在宅勤務でのお悩みや使えるアプリなど、

新たな生活様式に合わせた事を色々ご提案致します。

 

設計士やリフォーム提案士、宅建士

在宅勤務が多いREDSならではのリフォーム&仲介手数料無料サービス

 

始めたばかりなので、フルリフォームと仲介手数料無料のセットは実績ありませんが

過去の弊社で行ったリフォームの例は多数あります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

REDSリフォーム

 

自分勝手なリノベーションだけではなく

資産性や流通性を考えたリフォームをご提案致します。

 

コロナの影響で悲観的な記事が多いですが、もっとプラスに考えて

みんなでこの困難を乗り切りましょう。

 

出来る事からコツコツと

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

カテゴリー:

コロナショックと不動産価格

公開日:2020年5月5日

コロナ禍、3密、新しい生活様式、テレワーク、在宅勤務

緊急事態宣言、自粛要請

この数カ月で聞きなれない言葉が色々と出てきました。

流行語と言ってしまうと語弊がありますが、この中から複数ノミネートされるでしょう。

そんなコロナ禍の影響で私の体にも異変が

 

コロナ太り

(ただの不摂生ですが)

 

お問い合わせも少なくなり 通勤日数も少なくなり

ご案内数も少なくなり

食事の回数は多くなり 動かなくなる事が多くなり

家にいる時間が多くなり

 

そんな私を見かねて

TVショッピングで『ブルブルボーテ』を購入してもらった REDSの手塚です。

 

前置きがずいぶん長くなりましたが本題の

コロナショックと不動産価格

エコノミストを含む様々な方が価格は下がると言っておりますが、

本当に価格は下がるのでしょうか。

 

政治や経済 保障 オリンピック開催後、難しい事を色々書いている記事がありますが、

難しい事は経済の専門家では無い私ではわかりませんが、少し考えてみます。

 

簡単に考えると

買いたい人はいくらで買いたい。

売りたい人はいくらなら売りたい。

ここで金額合意できれば契約になります。

 

買いたい人がいくら安い金額で購入したいと言っても

売りたい人がその金額じゃ売らない

 

売りたい人が相場より高く出していても

買いたい人がその金額じゃ見てもしょうがない

 

不動産の価格が上がっている時は

買いたい人>売りたい人

下がっている時は

買いたい人<売りたい人

 

先般のマスク騒動ではありませんが、

市場に物が無くなれば、その物の価格は跳ね上がります。

 

需要と供給のバランスが市場や相場を決めていきます。

 

実際このような状況だと会社や給与、先立つものなど色々考え

購入はもう少し後にしようか

など考える方も多いと思います。

 

売却する方もこんな時だし、コロナの保菌者や可能性のある人が家を見に来るのは

など不安はあると思います。

 

不安だし怖い だから売り出すのやめよう!

 

こんな事で今売却に出ている物件が半分になったら(一般的な人が購入できる価格帯) どうでしょう

価格って下がりますかね?

 

東京都で一番人の多い区

で検索したところ世田谷区でした

東京都23区人口ランキングTOP5【2019年6月】

弊社でもお問い合わせが多く、住みたい人もそれだけ多いのかと思います。

世田谷区全域の戸建て 5000~8000万円 レインズで検索したところ

5月5日現在 379件(一般媒介や新築多棟現場含む)です。

380件として半分の190件しか売却物件がありません。

 

この様な状況だったら、条件の良い物件であれば、今よりも高く売れる可能性はあります。

 

需要と供給のバランスを考えながら売却活動をすれば問題無いと思っております。

 

 

コロナの影響で悲観的な記事が多いですが、もっとプラスに考えて

みんなでこの困難を乗り切りましょう。

 

出来る事からコツコツと

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

リフォームもはじめましたので、ご購入の際リフォームの見積もりをお出しする事も可能です。

リフォームの事はこちら

カテゴリー: