上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

進藤 聡

東急電鉄さんの手掛けた完成間近の開発・これからの計画

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月29日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

最近ニュースで都心の大型開発関連の話題をよく耳にします。(森ビルさんの虎ノ門・麻布台プロジェクトや横浜IR誘致表明のニュース等)

 

私は東急田園都市線の奥の方に住んでおりまして、通勤で本沿線を利用させて頂いています。本沿線周辺は、東京急行電鉄株式会社さんが、開発・分譲したエリアで、駅前がきれいに整備され、商業施設も充実した人気駅が数多い活性化沿線です。

 

同沿線の二子玉川駅、たまプラーザ駅はどちらも開発が現在進行中で、綺麗な景観がどんどん形成されていっていて、ここ4~5年の間にずいぶん街の風景が変わりました。※ほとんど主要な開発は終わり、どちらもたくさんの商業施設と住空間の両方が形成され、魅力的な明るいイメージの街づくりに成功しています。

 

そんな中、同沿線の南町田駅が11月13日に再開発プロジェクトが完了し、街開き予定になっております。こちらは2000年にオープンして、2017年に一旦クローズしたグランベリーモール跡地を再度リニューアルしたプロジェクトです。※敷地広さは約22ヘクタールで、234店舗が開店予定!

 

東急電鉄さんと、ソニー・クリエイティブプロダクツさんと町田市の官民連携のプロジェクトで、前回とは違い、駅と公園と商業施設一帯のさらに大規模な計画になり、ほぼ大枠は完成し、オープン間近な段階になっています。

私が現在住んでいる周辺エリアなので、かなり前から駅の北口が、広場や都市計画道路の整備を始めてどんどん風景が変わっていくのを目の当たりにしてきました。※駅南側は開発メインエリアで、工事関係の方しか入れない、中が見れない状況でした。

ようやく完成か…、という感慨深い気持ちで(私が作ったわけではないのですが…。) リニューアルした街並み・建物を歩くのをとても楽しみにしております。

 

今回の計画では、商業施設と公園の中間に「スヌーピーミュージアム」の開館も予定されていて、また新たな人の流れも期待できそうです。※駅名も「南町田」駅から、「南町田グランベリーパーク」駅に名称が変わる予定になっています。

 

また、東急電鉄さんでは、今月からこれまた大規模なプロジェクト「歌舞伎町1丁目地区開発計画」を本格着工するとのこと。映画館・劇場・ライブホール・ホテルなどからなる、地上48階(地上約225 m)・地下5階の高層複合施設計画です。

エンターテインメント機能とホテルが連動した、ナイトタイムエコノミー(よい響きの言葉ですね!)の活性化に貢献する計画になっているとのことで、こちらも完成が楽しみです。

 

私が長いこと働いていた(約9年間)渋谷エリアも、100年に1度と言われるほどの大規模開発が進んでいて、遠目から見ても街の変化・躍動がわかるほど、どんどん新しいインテリジェントビル・複合施設が出来上がって風景を変えています。街の変化を恐れず、乗り遅れず、楽しんでいきたいです…。

 

※上添付画像は南町田駅完成予想イメージです。(画像:東急電鉄)実際は8割方工事完了し、先日エスカレーターが稼働を始めました。(今まで階段だけだったので、これはうれしいです。)

カテゴリー :

住宅ローンアドバイザーの役割・リバースモーゲージ型ローンとは

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月25日

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

残暑厳しい中、皆様お元気にお過ごしでしょうか?先日駅から距離のある物件のご案内で、お客様と一緒に歩いておりましたら、あまりの暑さにクラクラいたしました。上の写真のような秋の気候が待ち遠しいです。

 

弊社REDSは、営業マン全員が宅建士の資格を持っているのが一つの大きな特色なのですが、その他にも様々な資格を持っている人の多い会社です。今まで、宅建士以外の資格にはあまり興味を持たずに来てしまった私ですが、会社の先輩方が多くの資格を保有し、業務にプラスになる勉強を、多方面から続けていらっしゃる状況に影響を受け、私も「住宅ローンアドバイザー」という資格を取得することにいたしました。(遅ればせながらで、ほんとうに恐縮です。)

 

※先月講習・試験を受け今月23日に合格発表があり、無事取得することが出来ました。(現在登録中)

 

住宅ローンアドバイザーは、公正な立場で、的確なアドバイスや情報提供を行う住宅ローンの専門家という位置づけの資格です。今まで多くの不動産売買仲介取引で様々な金融機関さんとやりとりをしてきて、実地の感覚はある程度身についてはいると思いますが、きちんと最新の情報や、よりお客様へわかりやすくご説明するための知識を、再度学び直したいとの思いで、講座を受講いたしました。

 

本講座は、住宅ローンの基礎知識からコンプライアンス・関連する税金・ケースごとの対応について、丸二日かけて細かく説明する内容で、改めて講義を受講して、より正確な情報を多く取り入れることが出来、よかったと思いました。

 

現在、社会の流れに対応した住宅ローン商品も色々とあり、そんな中「リバース60」という住宅金融支援機構の住宅融資保険制度を利用して提供する、リバースモーゲージ型の住宅ローンの利用者が大きく増えているそうです。(2017年度:174件→2018年度:511件と1年で約3倍に)

 

リバースモーゲージ型とは、毎月の支払いは利息のみで、元金の支払いは死亡時に一括して返済する方式で、利息のみの返済に出来ることで、家計に占める負担感が大きく軽減され、リタイアした際の退職金等を大きく住宅取得に使ってしまうこともなく、ゆとりをもったセカンドライフに貢献出来る仕組みになっています。

 

こうした仕組みは、住宅の住み替え・建替えだけでなく、リフォームや既に借りている住宅ローンの借換えにも利用できる等、幅広い目的に使える特徴も持っていて、ご用途に合うお客様にはご紹介させて頂きたい、有効なものだと思いました。

 

今後も住宅ローンに関する色々な情報も仕入れ、お客様のお役に立てるよう、がんばってまいりたいと思います。※10月から損保大手4社で火災保険料改定(引き上げ)の見通しもございます。最近の各地の風水害の影響で今後も火災保険料は上昇傾向のようです。

 

 

カテゴリー :

不動産業界を舞台にした映画と、「ハウスオブカード」

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月22日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

映画や海外ドラマが大好きで色々と見ている私ですが、不動産業界を舞台にした作品は、意外に少ないと感じます。

 

企業を舞台にした社会派作品は色々とありますが、証券会社や銀行、投資会社等を舞台にしたものはドラマティックに描きやすいからか数多く、名作もある中で、不動産会社が舞台の作品は、よくよくじっくり思い出してみないと、全然思い浮かんできません。(映画:「ウォール街」や海外ドラマ:「スーツ」のような感じで不動産業界を格好良く描いた作品を製作して欲しいものです。)

 

日本のテレビドラマでは、不動産売買仲介会社を舞台にした「家売るオンナ」が続編まで作られ、「おっさんずラブ」も大ヒットし、同業者としてうれしい限りでしたが、最近の海外映画・ドラマではピンとくるものがなく、20年以上前の映画で、私が好きな俳優さん達がたくさん出演している「摩天楼を夢見て」という映画をやっと思い出しました。

 

不動産会社のセールスマン達の悲哀と戦いを描いた群像劇…といった内容の映画なのですが、キャストは非常に豪華で、主演はアル・パチーノで、ジャック・レモン、エド・ハリス、アレック・ボールドウィン等ベテランが脇を固める、良い俳優陣の作品です。※内容のインパクトはそれほどなかったと記憶しています。

 

その中でも、ひとくせもふたくせもある不動産営業マン達を束ねる、狡猾な上司役で、ケヴィン・スペーシーも出ています。ケヴィン・スペーシーは、「セブン」や「ユージュアル・サスペクツ」等のヒット映画で主役級の脇役として(見た方は意味わかると思います…。) 有名な俳優さんなのですが、このケヴィン・スペーシーが主演を務め、最近降板することになってしまった最高に面白い、おすすめしたい海外ドラマが、「ハウスオブカード」です。

 

ハウスは家ではなく、ホワイトハウスのハウスになります。アメリカ大統領を目指し、そして見事その地位に上り詰め、それからは熾烈なパワーゲームに明け暮れるという、NETFLIX(ネットフリックス)の大人気シリーズです。※全てDVD出ております。

 

このドラマはシーズン6で完結で、私自身は最近ようやくあと少しで見終わるところまできたのですが、このシーズン6を撮っている最中に、主役のケヴィン・スペーシーが自身の問題で降板することになり、すべて脚本を変更し、役の中で死んだことにし、奥様のクレアを主役に据えての最終シーズンになるという、実際にも怒涛の展開を見せたドラマです。

 

なんといっても見どころは、主人公のクレアがアメリカ合衆国大統領になり、色々な権力闘争に一歩もひかずに、ご主人亡き後も変わらず、野望の階段を上り続けていくところです。見始めると一気見してしまう作品なので、容易にはお勧めできないのですが、企業物・社会派ドラマがお好きな方や、権力闘争に興味のある方(たくさんはいないかと思いますが…)必見の作品です!

※「フォレストガンプ」のヒロインだったころの面影は本作ではあまりなく、ひたすら強くカッコいい女性です!

カテゴリー :

本当に住みやすい街とは?(神田駅がシニア編で健闘!)

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月19日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

以前のブログで、住みたい街ランキングに入っている活性化エリア・駅についてご紹介させて頂いたことがございました。色々なサイトが独自の視点でランキングを発表していて、とても面白いのですが、そうした憧れの街ではなく、本当に住んでよかった、実際に住みやすい街のランキングってないのかなと、ふと思い探してみましたら、ちゃんとあるんですね…。不勉強ですみません。

 

ご購入を検討されていて、住宅ローンについてお調べの方はよく目にされるかと思います、住宅ローン専門の金融機関さんのARUHI(アルヒ)さんが発表されている「本当に住みやすい街大賞」というランキングがあります。このランキングは、住みたい街ランキングとかなり異なり、かなり渋いラインアップになっているのですが、私自身が不動産業に従事している中で、評判の良さや人気度の上昇を肌で感じたことのある駅が数多くみられ、とても面白いランキングになっておりました。

 

ご参考に2019年度のTOP10を列記させて頂きますと、

1位 赤羽駅

2位 南阿佐ヶ谷駅

3位 日暮里駅

4位 川口駅

5位 柏の葉キャンパス駅

6位 勝どき駅

7位 南千住駅

8位 千葉ニュータウン駅

9位 小岩駅

10位 矢向駅

 

総じて、開発エリアもしくは人気ターミナル駅付近でありながら、下町情緒や住環境の良さがあるという、利便性と住環境のバランスの良い駅が多くランキングしていると感じました。

 

赤羽・日暮里・勝どき・川口・南阿佐ヶ谷駅は、よい評判や人気度のアップを感じることが多い活性化駅で、ランキングはなるほどと感じさせるものでしたが、南千住・小岩・矢向駅や、柏の葉キャンパスや千葉ニュータウン駅は改めて、その人気の理由を自身でも調べてみたいと思いました。住みたい街ランキングにはあまり登場してこない駅かと思いますが、だからこそ、住んでいる方は知っているその独自の魅力が知りたくなります。

 

また、本ランキングのさらに面白いところは、番外編で、本当に住みやすい街のシニア編ランキングも作っているところです。(本年から新設) そのベスト2に、弊社REDSのある秋葉原隣駅の神田駅がランキングしておりました!

 

神田駅は言わずと知れた、都心の利便性の良いターミナル駅ですが、近年スーパーや日常の買い物スポットも増え、かつクリニック・大学病院等の大きな病院も周辺に多く、趣味のスポットも多彩な人形町や神保町エリアに近いことも、シニアの方に支持されるランキング入りの理由になっているようです。

 

また、シニアの方だけでなくファミリーの方にも、物件エリアを選ぶ視点として重要と思われるのは、防災に関する視点かと思われます。神田駅のある千代田区は、耐火建築物が多く、災害時にも防災拠点となりうる大型ビルもあり、地震を含めた地域危険度が総じて低い好エリアとなっています。※緊急車両も通りやすい道路の整備が整っていることもその助けになっているかと思われます。近年自然災害の痛ましい被害のニュースを目にするたび、長期的に住むエリアを選定するに当たって、外せない指標・視点であると感じます。

 

ちなみに本シニア編ランキングの1位は大泉学園駅、3位は印西牧の原駅(千葉県内・北総鉄道北総線沿線)とこちらも意外性のあるランキングになっておりました。物件選定のご参考資料の一つにして頂ければ幸いです。

カテゴリー :

路線価高騰がもたらす相続税増税クライシス

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月16日

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

弊社REDSは、昨日まで夏季休暇頂き、本日より、営業開始いたしましたので、どうぞよろしくお願いいたします。※他社不動産会社さんに本日複数連絡を入れましたが、まだお休みの所が多く、やはり今週末18日まではお休みの会社さん多いようですね。

 

以前のブログで、地価が10年後に上がる駅ランキングを取り上げさせて頂き、ご購入をお考えの際に、資産価値やトレンドを見る指標として有効である旨をご紹介させて頂きました。

 

今回は、地価の高騰がもたらす相続税や贈与税の課税額の上昇についてクローズアップしたいと思います。

 

土地の相続や贈与する際の税金の算定基準になるのが、全国の道路ごとにひもづけられた地価、路線価になります。令和最初の路線価が7月1日に発表され、1都3県においては、6年連続で上昇との結果になりました。(路線価は、国税庁の路線価図でどなたでも閲覧することが出来ます。)

 

先週発売の週刊ダイヤモンドで、この4年間で(2015年と2019年の対比で)敷地が150㎡で築25年の床面積90㎡の木造戸建を基準にした相続税の課税額の上昇幅を試算しているデータがありましたので、その都内ベスト10駅と上昇価格をご紹介いたします。(調査していない駅もある指標かと思われます。周辺エリアでご参考にして頂ければと存じます。)

 

1位 六本木駅    +1523万円

2位 渋谷駅     +1080万円

3位 品川駅     +1020万円

4位 自由が丘駅     +900万円

5位 本郷三丁目駅    +805万円

6位 吉祥寺駅      +685万円

7位 豊洲駅       +630万円

8位 天王洲アイル駅+625万円

9位 二子玉川駅  +495万円

10位 下北沢駅    +450万円  

 

都心を中心とする同心円状に税金が高いエリアが形成され、特に山手線内の城南エリア中心に4年前と比べ500万円以上も上昇したエリアが集中する形になっておりました。※神奈川エリアでは、たまプラーザ駅が上昇金額+210万円で1位、千葉エリアでは船橋駅が+90万円で1位、埼玉エリアではさいたま新都心駅が+126万円で1位となっておりました。

 

優良資産を持っていることは、すなわちこうした税金上昇危機をはらんでいるとのことで…本雑誌では、そうした現状を踏まえた上で、その対策をいかに有効に行うかの特集を組んでおりました。是非ご参考にして頂ければと存じます。(週刊ダイヤモンド:2019年8月10・17号 家族を困らせない相続・完全保存版)

カテゴリー :

大大吉と神社応援(エール)

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月12日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

皆様、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?私は先日、弊社REDSの最寄りの歴史ある、神田明神に参拝してまいりました。

 

今までの勤め先が渋谷区、世田谷区、新宿区等のエリアだったため、その周辺の神社に親しんで参りまして、(渋谷区:金王八幡宮 世田谷区:等々力不動尊 新宿区:花園神社等)恥ずかしながら神田明神は初めての参拝になりました。

 

海外の方の参拝場所として人気NO.1の、京都の伏見稲荷大社は、全国約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社で、商売繁盛にご利益がある神社として高名であり、私自身も毎年1度は参拝させて頂き、1年間の商売の安全を祈念するようにしております。

 

伏見稲荷神社はご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、境内で売られているおみくじに大吉の上の、大大吉という位があり(全体の6パーセントの確率とのことですが)一度引いたことがあります。出た年は最高の年だったような、そうでもなかったような…。でも思い出に残るうれしい体験でした。

 

神田明神は、これから仕事をさせて頂く場所である、秋葉原エリアを含む、江戸総の鎮守様で1300年の歴史を誇る高名な神社であり、勝負事から商売繁盛、縁結びにご利益のある神社としても知られています。

 

関ヶ原の戦いで徳川家康が合戦に臨む際に、本神社で戦勝祈祷を行い、9月15日の神田祭の日に見事勝利して天下統一を果たしたという、まさに勝負事のご利益が最高にありそうな歴史を持っている、これからこの地で勝負をしていきたい私にとって、最高の神社に出会えました。

 

私が訪れた日には、納涼祭りがちょうど行われており、屋台や境内中央部にやぐらが組まれ、アイドルらしき方々が歌を歌って盛り上がりを見せておりました。そのせいか若い人が溢れていて秋葉原という場所柄も感じました。境内もとてもきれいで、くつろぐスペースも充実した、格式にとらわれない、開かれた神社であるとの印象を持ちました。

 

美しい御社殿に始まり、大きな大黒様の像や、えびす様に参拝出来、とてもよい時間を過ごすことが出来ました。※堂々たるよい面構えの狛犬も素晴らしいです!

 

皆様に是非おすすめしたいと思ったのが、境内のカフェで売っている、神社応援と書いてジンジャエールです。そのまんまのダジャレのネーミングなのですが、生姜が瓶の底にたっぷり入っていて風味良く、実にうまく、行かれたら是非飲んで頂きたいです!

まだまだ、夏休みをたっぷり楽しんで下さい!

カテゴリー :

住みたい自治体ランキング(躍進した街・王道を行く街)

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月6日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

色々な不動産関連サイトで、「住みたい街」ランキングを目にする機会って多いかと思います。

 

毎年ランキングが色々なサイトから出てきますが、私は、ランクを上げた駅・人気度を上げ躍進した街を、特に注意して見ております。

それぞれのランキングで不動の地位を築いている駅・区もあれば、順位や顔ぶれが全く違うこともあり、その点も面白いと思います。

 

そんな中で、2019年のランキングで順位を上げてきた自治体(市・区)をご紹介させて頂きたいと思います。

 

複数のサイトで順位を上げてきた駅で、目をひく躍進を見せているのが、東京都心エリアが上位を占める中、埼玉県内の自治体で唯一気を吐く、さいたま市(大宮区、浦和区)です。

2001年に浦和市、大宮市、与野市の3市が合併、その後岩槻市を編入した100万都市で、政令指定都市の中で唯一の内陸県として知られています。

 

生活ガイド.comでは、2019年度で昨年41位→6位のランクアップを果たしています。SUUMOの住みたい自治体ランキングでも17位(大宮区)18位(浦和区)と強豪がひしめく中で上位にランキングしています。※住みたい駅ランキングでも大宮駅が堂々第4位です。

人気の要因は、まず都心へのアクセスの良さが挙げられます。JR・私鉄・新幹線と多くの路線が乗り入れている通勤便の良さがあり、かつ住民の方の多くが(アンケート調査で約8割の方が)住みやすいと答える、住環境の良さを兼ね備えている所が評価に繋がっていると思われます。

 

また、神奈川県勢では、鎌倉市がSUUMOのランキングでは9位で、上位陣の中でも、最も上昇率の高いエリアになっておりました。

 

こうしたランキングで面白いのは、あくまで住みたい街ランキングであって、住んでよかったランキングではない所です。住みたい駅ランキングで、恵比寿駅、新宿駅、横浜駅等の個性のある人気巨大ターミナル駅が多く登場するのは、その象徴かと思われます。

 

また、アンケートをとっている年齢層や独身の方・ファミリーとターゲットにする層の構成率が変わると、内容も大きく変わってくると思われ、そのため多様なランキングが登場するに至っています。

 

それでも、住みたい街に思いを馳せるのは、自由な妄想を限りなく広げることが出来、楽しいですよね。SUUMOランキングの上位、1位:港区、2位:世田谷区 3位:目黒区…。

是非とも住みたいです…。

カテゴリー :

怖いけど、ためになる本

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月5日

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

弊社REDSは、営業部が8月7日から15日まで夏季休暇に入ります。(交代で2名ずつ出社しておりますので、お問い合わせのご対応をすることは可能です。)

 

ここ5年間程、我が家は、毎年夏にはハワイ旅行に行っていたのですが、本年は私の会社移籍や、その他家族の予定等もあり、延期する形になってしまいました…。

 

ハワイ旅行に毎年行くことを家族の公約にしてきた私にとって、今年は肩身の狭い夏であり、そんな背景がそうさせたのか、普段あまり手に取らない講談社新書を店頭で見つけ、購入するに至りました。

 

その本こそ話題のベストセラー「妻のトリセツ」です。

まず、表紙の副題の「理不尽な妻との上手な付き合い方」、書き出しの「妻が怖いという夫が増えている…」とのっけから目が離せなくなり、飛ばし読みをしていく中で「話し合いはビジネスプレゼンのメソッドで」「何十年分もの類似記憶を一気に展開する女性脳」「名もなき家事がふたりをわかつ」とキャッチーかつ、男性ならあるあると、思わず大きくうなずいてしまうようなタイトルがならび、これは今の自分に必要な本であると、即買いするにいたりました。

 

今は食生活や、健康関連の本しかり、ストレスフルな今の時代を生き抜くための本しかり、科学的な調査や根拠に基づく知識を提供してくれる本が多く出ており、それをうまく取り込むことで、人生をよりよく展開していきたいと願う今日この頃です。

 

この「妻のトリセツ」も著者はAI研究者の方(黒川伊保子さん)とのことで、科学的な知識に裏付けされたとても戦略的な本で、実生活に生かせる男性必見の本であると感じました。

※直視するのは怖いけど、ためになる本です。

 

ただこの本を読んでいることは妻には内緒にしようかな…とも思っております。

隠れてせっせと勉強し、さらりと本書で得た知識を行動に移す…、これがベストではないでしょうか?(そうに違いありません。)

 

それでは皆様、良い夏休みをお過ごし頂ければと存じます。

カテゴリー :

この夏公開の楽しみな映画達!

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月4日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

猛暑が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏休み真っ盛りで、ご家族と外出される方も多いと思います。海やアウトドアも良いですが、涼しい室内で、映画を見るのも最高ですよね。(私は、映画館にいる時間が大好きです!)

 

この夏公開される作品は、人気シリーズの続編やスピンオフ、人気監督の最新作など、必見の作品が目白押しです。

 

私は、シリーズものは律義に全て見ていく真面目な性格で(自分で言いますが)、代表的なものですと、先日シリーズ集大成の完結編が世界歴代最高の興行収入をたたき出した、アベンジャーズ/エンドゲームが属するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画は、いまのところ大方見ております。

※シリーズ中「キャプテンマーベル」だけまだ見ていません。それでも20作以上は見ていることになると思います。

MCUのフェイズ3(興味のない方には意味不明なワード…。)の最後を飾る、スパイダーマン最新作ファーフロムホームも、エンドゲームからつながるストーリーで、このシリーズを見てきた方であれば充分楽しめる作品になっていて、おすすめいたしたいです。(個人的にはトビー・マグアイア演じる最初のスパイダーマンが好きです。)

 

8月2日から公開の「ワイルドスピード」シリーズのスピンオフであるスーパーコンボも、ヒット間違いなしの外れのない痛快アクション大作で、私自身も早々に見たい作品です。(ちなみにシリーズ8作全て見ております。)

 

また既に大ヒットしている「アラジン」は吹替版を先日見ましたが、実写版は思った以上に良い出来で(ウィル・スミスのCGのジーニーを心配しておりましたが、ぴったりはまっていました!)実際のキャストの歌声が聞ける字幕版も、是非見たいと考えています。大人でもお子様方とでも楽しめる、是非見ていただきたい作品です。

 

その他にも同じディズニーの実写化「ライオンキング」や人気シリーズの「トイストーリー4」、人気の新海誠監督の最新作「天気の子」、タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を楽しみに見ていきたいと思っております。

 

面白かった映画がありましたら、是非教えてください!(私はおすすめ頂いた映画も、やはりきっちり見るタイプです。)

 

カテゴリー :

マンションのリセールバリューについて

最終更新日:2019年10月4日
公開日:2019年8月4日

 

仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤 聡です。

 

「リセールバリュー」という言葉をお聞きになったことはございますか?

 

一度購入したものを再販売する際の再販価格を言い、主に中古車販売などの際に使われることが多いですが、近年は不動産の中古物件の需要の高まりと、リフォーム・リノベーション技術の向上やその他法的支援等から、資産としての再評価がなされ、不動産(特に中古マンション)においても使われています。

 

ご存じの通り、首都圏の新築分譲マンションの価格が高値継続傾向で、それに連動する形で同エリアの中古マンション価格、成約件数共に上昇している状況です。

 

そうした中、東京カンテイが築10年を経過した分譲マンションのリセールバリューのランキングをまとめておりましたので、上位10位を上げさせて頂きます。

 

1位 JR山手線:原宿駅

2位 横浜高速鉄道みなとみらい線:みなとみらい駅

3位 東京メトロ南北線:溜池山王駅

4位 東京メトロ半蔵門:半蔵門駅

5位 東京メトロ丸ノ内線:淡路町駅

6位 JR山手線:大崎駅

7位 東京メトロ南北線:麻布十番駅

8位 東京メトロ日比谷線:神谷駅

9位 東京メトロ東西線:九段下駅

10位 東京メトロ千代田線:明治神宮前駅

 

さすがに上位駅は、山手線の人気駅や山手線内側・都心の地下鉄沿線の駅で順当な感じがいたしました。

1位の原宿駅は価格維持率が173.4%、10位の明治神宮前駅(原宿とほぼ同じですが…。)が131.3%と依然として高いリセールバリューを誇っております。

 

本データは180位までございますので、ご興味のある方は進藤までお問合せ下さい!

 

※個人的には、豊洲駅が19位:124.2%と依然として高いバリューがあることと、大江戸線:勝どき駅(21位) 田園都市線:二子新地(26位)、都営新宿線:森下駅(36位)、京急本線:青物横丁駅(38位)、都営三田線:板橋区役所前駅(53位)等の知る人ぞ知る、実際は利便性も立地・住環境も良い駅がランク入りしていて納得出来る指標だと思いました。

 

ちなみに弊社REDSのあるJR山手線秋葉原駅は、第98位:104.5%と堂々のトップ100入りを果たしておりました!

 

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する