上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

暖かい今

公開日:2019年2月23日

急に暖かくなってきました。
今日は、暖かい強風が吹きましたね。
もう春でしょうか?

 

2月とは思えない暖かさで、昔の季節感はそれほど感じないこの頃です。
例年のように雪で移動しにくい事や、あまりの寒さで外出がおっくうになる事もあまりないかと思います。

 

少し寂しいですが、不動産の売買を考えている方には嬉しい気象ですね。
どんどん物件を見ていきましょう。

 

カテゴリー :

繁忙期について

公開日:2019年2月16日

寒い冬も本格的になり、雪も少し降りました。

 

皆様、体調は崩されていないでしょうか?

 

おかげ様で、今繁忙期のため、多くの契約をさせていただいております。
不動産は1月~3月が繁忙期と言われております。

 

賃貸ではそれは有名ですが、売買でも今が繁忙期となります。

 

それは転勤や学校の区切りによって、不動産の住み替えを考える人が多いからです。

 

特にお子様の転校となると神経を使いますよね?

 

お子様の事を考えると、小学校に上がるタイミングや、クラス替えのタイミングで住みかえれば、学校が変わったとしてもまだお子様の負担は少ないです。

 

そのため、4月から入居できるよう、引き渡しを希望する方の相談をとても良く受けます。
だから、1月~3月は売買契約が多くなるんですね。

 

 

という事は、その時期を過ぎてしまったら、不動産は動かなくなってしまうのでしょうか?

 

それは、、「1月~3月に比べると、動きが鈍くなります。」

 

あまり売れなくなるとまではいきませんが、1月~3月ははっきりとした住み替えの理由がありますが、5月や6月は多くの人に共通する需要があるかと言えば、あまりありません。
逆に5月頃を過ぎてしまうと、来年また考え直すという方もいらっしゃいますので、やはり需要は少なくなります。

 

売却の方は、ご案内が少なくなり、売れるチャンスが少なくなる事になります。
購入の方は、物件の数が少なくなり、気に入った物件を見る機会が少なくなる事になります。

 

もちろん時期にかかわらず良い結果になる事もあり、一概には言えませんが、大きく統計を取るとその傾向があります。

 

時期も考えて動いてみてはいかがでしょうか?
1月~3月は不動産の事をより考えてみると良いかもしれません。

 

カテゴリー :

寒い時こそ

最終更新日:2019年2月10日
公開日:2019年2月9日

皆様

 

今年の冬は何か少し暖かく感じませんか?
本当に今は冬か?
と思う事も多々ありました。

 

しかし、本日ようやく雪が少し降ってきました。
寒く無さ過ぎて、異常気象を少し心配したりもしましたので、何か少し安心しました。

 

この3連休は雪の予報ですが、どこまで降るでしょうか?

 

 

さて、3連休は雪だから物件を見るのは今回はやめておこうと思われていませんか?

 

実は見るならこの時です。
それは、なぜなら他の人が見ないからです。

 

良い物件はライバルが多いのは当然で、繁忙期の今、良いと思う物件を取られてしまう事も多くなります。
今は皆探しています。

 

雪が降る中物件を見に行くのは、寒いし、大変だと思います。
しかし、不動産は人生にそう何度も購入する事も無い、高額の買い物です。
「今日は寒いから、焼肉食べに行くのをやめよう」という日常的なものとは訳が違います。

 

もし、好みに合った、本当に良い物件を購入出来たら、その苦労も忘れてしまうでしょう。

 

大変な時こそ、頑張って物件を見てみてください。
それが結果的には、数十万、数百万円の得を生むかもしれません。

 

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する