上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

Agents REDS

ブランズ市谷仲之町

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年6月24日

みなさま、こんばんは。

 

 

【仲介手数料無料または割引】不動産流通システムの桶谷です。

 

 

前回の続きです。販売図面をご高覧ください。

 

 

周辺は同物件に限らず、「パークコート」や「プラウド」と名だたるブランドマンションも建ち並ぶ「選ばれし」抜群の立地です。

 

 

まだまだ築浅なので、高めの賃料単価も狙えそうですが、出口を見据えた、資産価値重視の不動産投資をお考えの方、ぜひご検討ください。

 

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

新規物件をお預かりいたしました

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年6月17日

みなさま、こんばんは。

 

 

【仲介手数料無料または割引】不動産流通システムの桶谷です。

 

 

新規物件をお預かりいたしました。

 

 

新宿区の閑静な住宅街に佇む低層のブランドマンションです。

 

 

オーナーチェンジで利回りは表面5%となっております。

 

 

販売図面は次週UPいたします。ご期待下さい。

 

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

トーラー作業

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年6月10日

みなさま、こんにちは。

 

 

【仲介手数料無料または割引】不動産流通システムの桶谷です。

 

 

前回の続きですが、台所の排水管詰まり解消の為、トーラー作業に立ち会ってきました。

※↓の赤い器具のワイヤーで配管内をグリグリ掻き回して汚れを落とす作業です。

 

 

今回のマンションでも、管理組合により、定期的に高圧洗浄機で専有部の排水管清掃は行っていたようですが、排水管内の固着した汚れには対処できていなかったようで、排水が共用部の排水竪管に至るまでに、固まった油・汚れ等で詰まっており、溢水して、水漏れが起きておりました。

 

 

以前、マンション管理会社に在籍していた際に、トーラー作業を依頼していた業者さんにお願いしようとしましたが、専有部の排水管が共用部の排水竪管まで5m程度と伝えると、開通費用は5万円程度かかるといわれてしまい、今回は売主さんの瑕疵担保責任にあたり、売主さんの費用負担になることから、もう少し安価なところはないものかと、社内の先輩に尋ねたところ、川口の「かっぱ水道」さんをご紹介いただきました。

 

 

結果、作業は1時間程度で、排水管内の汚れを除去し、詰まりは解消しまして、費用も17,280円(税込)に収まりました。

 

 

管理会社在籍時は、トーラー作業を依頼する時点で緊急性があり、なによりクレームに発展するのが嫌で、相見積をとることもなく、管理組合への説得もし易い、安心感がある大手の業者さんに作業を即発注しておりましたが、費用が倍以上も違う業者さんの存在を知ってしまうと罪悪感があります。

 

 

「かっぱ水道」さん、急なご依頼にも関わらず、迅速にご対応くださいまして誠に有難うございます。

カテゴリー :

キッチンの排水管について

最終更新日:2019年3月22日
公開日:2018年6月3日

みなさま、こんにちは。

 

 

【仲介手数料無料または割引】不動産流通システムの桶谷です。

 

 

先日お引渡を終えた物件で、キッチンの排水管から漏水の報告がございましたので、水道屋さんとの打ち合わせをしておりましたが、日常生活を改めさせられました。

 

 

排水管に使用されている、一般的なグレーの塩ビ管や排水ホースは、耐熱性(最高使用温度)60度のものが多く、冷静に考えれば至極当然ですが、キッチンで熱々のものを排水することは、排水管が破損したり、変形して勾配不良になったり、接着剤が解けてそこから漏水する原因にもなり、結構深刻な問題をはらんでいるようです。

 

 

これからは、ワイルドにペヤングのお湯はそのまま流さず、蛇口からチョロチョロ水を出しながら、排水管にやさしく捨てようと心に誓いました。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • 宅建マイスターによる不動産無料相談
  • REDSリフォーム
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する