上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

荒 芳弘

売却物件「恵比寿二丁目」売地のご案内

公開日:2018年4月24日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)の荒(アラ)芳弘です。

 

売却依頼を受けました「恵比寿二丁目」売地をご案内申し上げます。

この物件は、JR山手線「恵比寿」駅徒歩9分、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅徒歩11分、東京メトロ日比谷線「広尾」駅徒歩14分で3駅2路線利用できます。通勤・通学・買物が便利です。

販売価格は、1億3,000万円です。

公簿面積は82.64㎡(実測面積:82.46㎡)です。なお、セットバックが4.43㎡必要です。

当該物件の都市計画は、用途地域:準工業地域、建蔽率:60%、容積率:300%(前面道路により240%に制限されます。)、準防火地域、30m第3種高度地区になります。

前面道路は私道ですが、私道の持分は持っていません。そのため、所有者の方から道路の使用承諾・掘削承諾はいただいておりますので、安心です。

販売図面は作成中ですので、詳細内容は別途ご案内申し上げます。

土地の図面と現地の写真がありますので、ご覧ください。

 

 

 

ご興味のあるお客様は、私宛にご連絡ください。お待ちしております。土地の測量図も用意しております。

 

この物件の購入にあたっては、REDSを利用すると仲介手数料が一般の不動産会社の半額になります。

以下、具体的な仲介手数料の金額をお知らせいたします。

今回の物件の場合、一般の不動産会社では、4,276,800円の仲介手数料が掛りますが、 なんとREDSでは、半額の2,138,400円となり、約214万円もお得になります。

つまり、一般の不動産会社の仲介手数料は、物件価格の3%+6万円と消費税になりますが、REDSをご利用いただくことにより、物件価格の1.5%+3万円と消費税で済みます。諸費用が節約できます。

 

いかがでしょうか。REDSを利用して浮いたお金で、家具・家電製品や 車などを購入したり、月々の支払いを減らしたりしませんか?

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

また、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能なREDS独自の販売システムでご協力させていただきます。

是非、私にお任せください。こちらのご連絡もお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

4月も中旬に差し掛かり、もうすぐゴールデンウィークを迎えようとしています。

公開日:2018年4月17日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)の荒(アラ)芳弘です

 

4月も中旬に差し掛かり、もうすぐゴールデンウィークを迎えようとしています。

皆様、ゴールデンウィークの準備はお済でしょうか。

長期休暇になりますので、心身をリフレッシュしていただければと思います。

 

 

弊社のゴールデンウィークは社員が交代で休みを取りますので、皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

私もゴールデンウィークを利用して旅行に行く予定です。

心身をリフレッシュさせる旅行にしようと思っています。

皆様も心と体の疲れを癒していただければと思います。

 

突然ですが、不動産のご購入をお考えのお客様は、私宛にご連絡ください。お待ちしております。

 

弊社を利用すると仲介手数料が一般の不動産会社の半額になります。無料になる場合もございます。

いかがでしょうか。弊社を利用して浮いたお金で、家具・家電製品や 車などを購入したり、月々の支払いを減らしたりしませんか?

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

また、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社独自の販売システムでご協力させていただきます。

是非、私にお任せください。こちらのご連絡もお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

改正宅地建物取引業法の施行について

公開日:2018年4月10日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)の荒(アラ)芳弘です。

 

近年、不動産取引の制度等が専門化・高度化していることから、宅地建物取引業の業務に従事する者の資質の向上および消費者利益の保護を図る必要があるために、宅地建物取引業法を改正し、一部の規定が平成29年4月1日に施行されました。(平成29年4月1日施行以外の部分については、平成30年4月1日に施行されました。)

 

平成30年4月1日に施行されたものは、不動産取引のプロである宅地建物取引業者が、中古住宅取引の際に専門家による建物状況調査(インスペクション)の活用を促すことで、売主様、買主様が安心して取引ができる市場環境を整備することが目的です。

 

そのために、宅地建物取引業者が、媒介契約時、売買契約前の重要事項説明時などにおいて、その建物が建物状況調査(インスペクション)を受けた履歴があるか、または今後実施する意向があるかどうか、を確認または説明することが義務化されました。

 

そもそもなぜ中古住宅だけかと言いますと、

 

1.新築住宅の場合は、構造耐力上主要な部分(柱、基礎など)や雨水の浸入を防止する部分(屋根や外壁など)について、10年間の保証が義務付けられています。

2.中古住宅の場合は、既に劣化が始まっており、建物ごとに築年数、劣化の進行状況、維持管理状況等が異なります。

 

以上の理由により、中古住宅が対象になっています。

今後、建物の状態を正しく把握した上で、売主様も買主様も安心して気持ちよく中古住宅の売買ができるようになると思います。

 

 

さて、私は中古住宅を取引することが非常に多く、今まで取引した中古住宅で引渡後に問題になったことが数件ありました。

問題になったケースは、売主様の物件状況の告知が正確ではなく、物件引渡後に問題が発覚した場合がほとんどでした。

その時、私は買主様の担当をしており、問題の箇所を確認し、取引内容に沿って売主様に対処していただきました。

私が売主様を担当した場合は、物件状況を正確に買主様に告知するようにしていますので、物件引渡後の問題はほとんど発生しておりません。

今後もこのような姿勢で業務に取り組んでいきます。

 

不動産のご購入をお考えのお客様は、私宛にご連絡ください。お待ちしております。

 

REDSを利用すると仲介手数料が一般の不動産会社の半額か無料になります。

いかがでしょうか。REDSを利用して浮いたお金で、家具・家電製品や 車などを購入したり、月々の支払いを減らしたりしませんか?

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

また、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社独自の販売システムでご協力させていただきます。

是非、私にお任せください。こちらのご連絡もお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

マンション売却物件「プレール・ドゥーク東中野」のご案内

公開日:2018年4月3日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)の荒(アラ)芳弘です。

 

3月も終わり、4月になりました。

風に舞う花吹雪が目に眩しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今後の更なる皆様のご健勝とご飛躍を祈念申し上げます。

 

 

先日、売却依頼をいただきました「プレール・ドゥーク東中野」の販売図面ができましたので、ご紹介いたします。

このマンションは、JR中央線「東中野」駅徒歩5分、都営大江戸線「東中野」駅徒歩8分で通勤・通学が便利です。

専有面積は27.52㎡で、間取が1Kのお部屋です。平成28年4月築の築浅物件です。

現在、賃貸中でオーナーチェンジになります。表面利回りは、4.58%です。

販売図面をご覧ください。

 

 

ご興味のあるお客様は、私宛にご連絡ください。お待ちしております。

 

この物件の購入にあたっては、REDSを利用すると仲介手数料が一般の不動産会社の半額になります。

つまり、一般の不動産会社の仲介手数料は、物件価格の3%+6万円と消費税になりますが、REDSをご利用いただくことにより、物件価格の1.5%+3万円と消費税で済みますので、大変にお得です。諸費用が節約できます。

いかがでしょうか。REDSを利用して浮いたお金で、家具・家電製品や 車などを購入したり、月々の支払いを減らしたりしませんか?

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

また、売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社独自の販売システムでご協力させていただきます。

是非、私にお任せください。こちらのご連絡もお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する