上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

手塚 竜也

建売と注文住宅2

公開日:2017年10月31日

REDSの手塚です。

2週連続の台風 そして本日はハロウィン

そんな中でもブレずに先週の続き

 

注文住宅と聞くと良いですよね

河川氾濫でも残ってた旭化成

なんといっても住友林業

阿部寛宣伝の積水ハウス

数々のハウスメーカーがあります。

REDSはその中でも【Z空調】でおなじみ
空前絶後を完コピをした斎藤工をCMで起用した
桧家住宅のグループ会社

 

その辺はさておき
注文住宅は建売業者と違い工法や素材あらゆる面で建売を超えています。

建売と同等な仕様のタマホームさん等は除きますが(私の勝手な感覚です)

 

でも細かいところは建売と変わらないところはあります。

例えばクロスやお風呂・洗面台 特別注文以外であればそんなに変わりません。

また、職人さん

そこの専門職人さんでない限り、下請けの業者や業務提携している業者が建てています。

工法等を抜きにすれば建売でも良いもの

注文住宅でも建売仕様で出来ます。

でもなぜ高いのか

 

それは、わがままを聞いてくれるからです。(これだけではないですが)

この設計で行こうと決めた翌日でも、やっぱりこのプランはとか

色はこれ とか

とにかくこちらのわがままを聞いてくれ

それに見合ったプランを作成します。

そのわがままに最後まで付き合ってくれます

その分人が動きますので、人件費等

 

しかしそこまでこだわって建てた建物ってそんなに良いものですか

建築した建築主にとってはとても良い物件かと思います。

しかし私のライフスタイルには合わないかもしれません。

売る為に建てる人は少ないですが、
いざ売る段階になった時、あまり奇抜な間取りや外観の物は中古市場で流通しにくいです。

 

万人受けする間取り 無難な間取り 悪い訳ではありません。

自分にしか合わない間取り 自分だけなら良いです。

 

後々の事も一応考えてプランニングしてはいかがでしょうか。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

カテゴリー :

建売と注文住宅

公開日:2017年10月24日

台風が過ぎたと思ったら、また台風が発生!!

今週末、月末はまた雨なのでしょうか。

 

今日は建売と注文住宅について少し書いてみます。

 

建売住宅

読んで字のごとし 売主の都合で建てて売るこれが建売

契約まで建てないのが売建

多少注文に応じてくれるが、ほぼプランが決まっている建築条件付き売地

大雑把にこの3つになると思われます。

 

建売住宅は安かろう悪かろうと思いがちですが本当にそうでしょうか?

 

建売の大手と言えば『飯田産業HD』年間に何棟?東京ドーム何個分だが思い出せませんが、

大小色々な現場をやっております。

このHDの中にも比較的高いところ安いところに分かれます。

確かに安い方の建物は全体的に安く見えてしまいますが、

高い方の業者では少しこだわって作っている業者もいます。

 

建売業者の中では地場の建売業者や3階建てや洋風等コンセプトをもった建売業者も多数あります。

決して安かろう悪かろうではありません。

 

なぜ、建売は安いのか?

 

お客様のわがままを聞かず、売主の建てたい物を建て、部材等を一括注文や大量発注できるので安くできる。

他にもあると思いますが、この辺りが安い要因かと思われます。

 

悪い建物かと言うと

現場現場で職人さんが違うのと、監督さんも何現場見ているので、多少のばらつきはあると思いますが、

検査等は注文住宅と同じように行われています。

また、瑕疵担保責任もついてきます。(あたりまえなんですけど)

私はそんなに悪い建物だとは思いません。

 

間取り等について

年間すごい棟数建てるだけあって、

良い意味で作りこまれている

悪い意味で無難な間取りが多いです。

無難...可もなく不可もなく一般受けする間取り

多棟現場であれば他の土地との兼ね合いを考えた中で、無難な間取り

偶になんでこうしたかなぁと思うものもありますが、とにかく無難な間取りです。

 

注文住宅でお考えのお客様、確かに安いですが思ってるほどひどい訳ではではありません。

設備等は10~15年で壊れたりします。

その時に良いものに交換すれば...

お探しのエリアで良い土地が見つからないときは、

一度建売を見てみるのはいかがでしょうか

 

注文住宅との違いは、また後日書こうと思います。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

カテゴリー :

個人間売買の仲介手数料

公開日:2017年10月17日

 

REDSの手塚です。

会社の方で個人間売買に関する資料?チラシ?を作成したので、ご紹介いたします。

 

今回の例は5000万円ですが、

4000万円の場合 約34万円で約102万円のお得(お一人)

6000万円の場合 約50万円で約150万円のお得(お一人)

 

会社のホームページに掲載前でしたが、

昨年この制度を利用して私の方で契約したのが3件

今年は2件となっています。

 

個人間売買お考えの方がおりましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

カテゴリー :

首都圏住みたくない街って

公開日:2017年10月11日

REDSの手塚です。

最近読み終わった本です。

 

簡単に感想としては、よくそこまでその都市の事を調べたし
その電車の事を調べた
そして よくそこまでその都市を馬鹿に出来るもんだ

 

家を買うのに役にはたたないかもしれませんが、

その街のダークな部分にスポットが書いてあります。

 

皆が思う住みたい街もこの本にかかれば、住みたくない街に

 

なんでもそうですが、良いところがあれば悪いとこともあります。

ものは考えようですね

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

カテゴリー :

A様 御成約おめでとうございます!!

公開日:2017年10月4日

今回はマンションのご購入がありました。

マンションは、手数料半額の物件です。

中古マンションは3700万円なので税込みで約60万円のお得!

 

通常の仲介会社では「成約価格×3%+6万円+消費税」ですが、

REDS【レッズ】では半額「成約価格×1.5%+3万円+消費税ゼロ円」です。

お得ですね。

REDS【レッズ】は水曜日も営業(電話受付け)しております。

もちろん土日祝日も営業しています。どうぞお気軽にお電話ください。

優秀なエージェントを揃えてお待ちしております。

そのうえ、エージェントがご指名いただけます。

なんと手塚(テヅカ)でも指名料はかかりません。(飲み屋や美容師ではありませんので)

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

仲介手数料が無料とか半額とか「???」と思っていませんか。

「仕事がいい加減なんでしょ」、「別にかかる費用があるんでしょ」、「そんなうまい話があるわけない」と思っていませんか?

今まで、REDS【レッズ】をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、皆さま初めはそう思っていたと思います。

それでも、「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果が、

【弊社HP(VOICE|お客様の声):https://www.reds.co.jp/voice/】に集められています。

手前みそですが、びっくりするくらい大絶賛です。

どうぞ、ご自身の目でご覧になってみてください。信じるか信じないかはあなた次第です。

次は、あなたの番かもしれませんね。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

カテゴリー :

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • LINEでのお問い合わせ絶賛受付中!
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • 宅建マイスターによる不動産無料相談
  • REDSリフォーム
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
LINE

フリーコールで
REDSに電話発信する