年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

(神奈川区公示地価)住宅地が県2位の上昇率!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年4月15日

皆様こんにちは。

仲介手数料最大無料【REDS】不動産流通システムの星です。

 

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙タウンニュースより気になる記事を見つけました!

 

本日は「地価公示」について、横浜市神奈川区の公示地価発表記事でとても興味深い内容でしたので、

ご報告いたします。

まず「地価公示」とは、

 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格算定の規準となり、また国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準となる等により、適正な地価の形成に寄与することを目的として、土地鑑定委員会が、毎年1回、標準的な土地についての正常な価格を一般の方々にお示しするものです。

 

詳細は、タウンニュース神奈川版の掲載号:2022年4月14日号に記載された内容です。

 

神奈川区公示地価
住宅地が県2位の上昇率!
入江3.6%、幸ケ谷3.5%に!

国土交通省はこのほど、1月1日時点の県内公示地価を発表した。神奈川区は、住宅地が1・7%、商業地が2・7%上昇。住宅地は入江1が3・6%、幸ケ谷が3・5%上昇し、区内で下落地点がなくなるなど西区に次いで県下2番目に高い上昇率となった。

 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で不動産取引が停滞した前年は神奈川県全体の住宅地の平均変動率がマイナス0・6%だったが、今回は0・2%と回復した。同様に横浜市でも0・8%(前年マイナス0・2%)と上昇した。

 県政策局によると、東京都心から40Km圏内にあり、利便性、接近性が良好な横浜市東部や中心部では、昨年、先行き不透明感などから横ばいとなった地点が上昇に転じるなど、上昇地点が前年より増加。市平均の上昇につながったという。

 今回、調査対象となった神奈川区の標準地は住宅地24地点(選定替え2地点含む)、商業地12地点、工業地1地点。住宅地では、20地点で上昇し2地点が横ばいとなった。ほとんどの地点で地価が上昇に転じたことから、区の平均変動率は、1・7%(前年0・7%)と県下で西区に次いで2番目に高い上昇率を示した。

8地点で2%以上

 区内で最も地価が上昇したのは入江1丁目20番4(1平方メートルあたり34万2千円)で3・6%。次いで幸ケ谷7番6(同35万5千円)が3・5%上昇と続いた。昨年は入江と羽沢南の2・5%が区内で最も高い上昇率だった。

 その他2%以上上昇した地点は、大口仲町40番6(2・9%)、三ツ沢上町43番9(2・4%)、三ツ沢下町29番288(2・2%)、六角橋3丁目587番6(2・1%)、神之木台15番3(2・0%)、羽沢南3丁目348番70(2・0%)の6地点。

鶴屋町が堅調 

 商業地の平均変動率は、市内で1・6%(前年0・5%)と上昇幅が増えた。神奈川区は2・7%と市の平均を大きく上回っており、鶴屋町2丁目24番1が4・1%上昇。個別の地点では市内2番目の上昇率となった。県政策局によると、横浜駅周辺の再開発による商業施設の開業などが起因しているという。

 

 

ご売却・ご購入は、仲介手数料割引~最大無料の

REDS【株式会社 不動産流通システム】の星(ホシ)まで

お気軽にお問い合わせください。

 

Mail:ka.hoshi@red-sys.jp

携帯:070-1420-1583

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る