皆様、こんにちは。

売るときも買うときも仲介手数料最大無料の不動産流通システムREDSの高坂(こうさか)です。

興味のない方は飛ばしてネ。

 

永遠の都ローマをあとに、「ナポリを見て死ね」のナポリへ電車で向かいました。

ナポリ行電車

まずは一皿ナポリ中央駅から徒歩2分のお店で食べました。

ナポリピザです。

ナポリ初ピザ

食べかけで申し訳ございません。

写真では伝わりにくいかもしれません。かなりの大きさですが、ぺっろと食べきれます。

うまいです!!

移動日に予定を詰め込むのが大好きな高坂は、ナポリから火山の噴火で一夜にして埋もれた街「ポンペイ」へ移動しました。

「ポンペイ入口」

ポンペイ2

「ポンペイ内部」

ポンペイ3

暗くて見えにくいですが、入口付近はキレイになっています。内部はまだまだ調査中の所も有ります。

半日いましたが、駆け足すぎてもう少しゆっくり観たかったです・・・。

ただ、訪れたのが第一日曜日だったので、入場料無料でした(ラッキー)。

世界遺産だしね。

ナポリへ戻って夕食にピザ食べました。

昼とは別のお店です。

これも美味でした。

お店によって全く別の物になっています。

ナポリピザ恐るべしww。

夜も遅くなってきましたので、そろそろ不安になってきました。

観光材料も豊富なナポリですが、イマイチ盛り上がらないのは治安の悪さだと思います。

団体旅行では、バスから降りずに素通りするケースもあるとかないとか。

確かに大通りを外れるとちょっと怖かったです←

ホテルは、夜景の見える場所にとったのでこんな物に乗って行きました。

いわゆるケーブルカーです。

現地では「フニコラーレ」と呼ばれています。

ケーブルカー(フニコラーレ)

急こう配を上っていきます。

ホテルからはこんな夜景が望めました。

ナポリ夜景

世界3大夜景の一つですが、高坂のスマホのカメラってこの程度です・・・。

実際は、もっともっと綺麗な夜景が望めますwww。

諸説ありますが、高坂は「香港、函館、ナポリ(順不同)」の三大夜景をすべて制覇しました←

明けて1/4(月)に、とうとう今回のイタリア旅行の目玉ナポリピザといえばこのお店「ミケーレ」に行きました。

ミケーレマリナーラ

ミケーレマルゲリータ

マルゲリータとマリナーラを一枚ずつ注文しました。

日本円で一枚500円位です。

安い!!

日本で予習までしましたが、やっぱり本店(本場)のは、全然違いました。

日本に帰ったら、また恵比寿のお店に食べに行ってみよう←

駄菓子菓子、前日の夜(写真ありませんwww)のピザが今回は一番好みに合いました。

もし、ナポリに行くことがあったら、複数のお店でピザを食べてみることをお薦めします。

悪名高いナポリでもなぜか地下鉄の駅は、こんなアートの世界が広がります。

「トレド駅」

トレド駅

他の駅も「これが地下鉄の駅?」と思うような駅があります。

ただし、1号線です。

2号線は、さすがナポリという雰囲気です。

はっきり言って怖いです。

海外旅行に慣れていない方は、乗らないほうがよいと思います。

とはいえ、タクシーはもっと怖いですが・・・。

あとは市内をブラブラいつもの高坂スタイルです。

「ナポリ市街」

ナポリ市街

こんな感じです。

石畳の狭い道が続きます。

行っちゃいけないエリアにさえ入り込まなければ全く危険は有りません。

危険なエリアで有名なのは、「スペイン地区」

スペイン地区

昼間はいいですが、夜は確かに異様な雰囲気が漂ってましたwww。

ナポリが危険だと言われてますが、よく考えれば高坂は新宿に住んでいて、歌舞伎町で買い物したりします。

よっぽど危険ですね。

用心は必要ですが、ナポリもそう考えれば十分楽しい街でした。

翌日には成田への飛行機に搭乗しました。

相方は、パリへ向かいました。

ナポリでお別れです。

約10日間パリで過ごすそうです。

羨ましいぃぃぃ。

一気に書きましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

結論としてイタリアは物凄く楽しかったです。

ミラノとかは分かりませんが、ローマ・ナポリは旅行者に優しいと思います。

ナポリの夜は注意が必要ですが・・・。

一度訪れてみてはいかがでしょうか?

高坂はまた行きたいです。

今度はどこへ行こうかな?

それでは、またお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加