2015年7月1日時点の首都圏の住宅地・中古マンション価格実勢調査結果を公表した。東京都区部、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県の住宅および中古マンションを対象に、通常取引を想定した実勢価格を査定、四半期ごとにまとめている。調査地点数は、住宅地が151、中古マンションが230。

 15年4?6月期の住宅地価格の平均変動率はプラス0.5%(前回:プラス0.5%)で、9四半期連続のプラスとなった。エリア別でも前回に引き続き全エリアでプラスに。
 「値上がり」地点は27.8%(同:25.2%)、「横ばい」地点は69.5%(同:74.2%)、「値下がり」地点は2.6%(同:0.7%)となり、「値上がり」地点と「値下がり」地点が増加し、「横ばい」地点が減少した。

 中古マンション価格の平均変動率はプラス0.8%(同:プラス1.0%)で、9四半期連続のプラス。エリア別でも全エリアでプラスとなった。
 「値上がり」地点は31.7%(同:36.2%)、「横ばい」地点は63.0%(同: 61.5%)、「値下がり」地点は5.2%(同:2.3%)と、「横ばい」地点と「値下がり」地点が増加し、「値上がり」地点が減少した。

 また、14年7?15年6月の年間ベースの平均変動率は、住宅地価格ではプラス2.4%(同:プラス2.2%)、中古マンション価格では、プラス2.9%(同:プラス2.2%)。
 いずれも平均変動率は7四半期連続プラスとなり、平均変動率がプラスに転じた14年1月の調査以降、最大の上昇幅となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加