ゴミ出しルールは、ストレスなく生活をしていくならしっかりと押さえておきたいルールですが、その特色は住む地域によって大きく異なってきてしまうものですので、引っ越しに伴うルールの変化についていくことができず、頭を抱えてしまうという方も少なからずいらっしゃると思いますので、今回は豊島区のゴミ出しルール、中でも燃やすごみのルールについてご紹介していきます。

 

 

豊島区で燃やすごみに分類されるものには様々なものがありますが、それぞれにしっかりとルールが存在しており、例えば、野菜の切り屑や貝殻などである生ゴミは、十分に水切りし新聞紙などに包んで出す、木の枝や葉、草花などが該当する少量の木の枝・草花という品目のものは、枝の太さは10センチメートル未満にし、50センチメートル未満の長さに切って出す、などのルールがしっかりと定められています。

 
紙類や、ストッキングなどの布類、マヨネーズなどのチューブ類などのプラスチック類も、基本的には燃えるゴミに分類されますが、資源としてリサイクルできるものは「資源」として出す必要があるので、地球環境に優しいゴミ出しをしていくためには、注意が必要ですね。

 

 

燃えるゴミと燃えないゴミの分類は、地区ごとに意外な差があって難しさを感じてしまうこともあるでしょう、次回は燃えないゴミに関するルールについてご紹介していきますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加