こんにちは。

不動産売買の仲介手数料が《無料・半額》の【REDS】の小野田です。

 

本日、親子間での売買契約 を仲介させて頂きました。

 

親子間売買で住宅ローンを利用する際には、通常の売買の時とは異なる、下記の2つの重要ポイントがあります。

 

1、住宅ローンを借りられる金融機関が少ない。

通常の金融機関では、親子間売買の場合、住宅ローンは組ませてもらえません。

理由としては、不正な資金洗浄や、資金移動、利益隠ぺいの手段として利用される可能性がある為との事です。

従いまして、親子間売買で住宅ローンを組める金融機関はとても少ないのが実状です。

(今回の売買に際しても、かなり苦労して住宅ローンを組める金融機関をお探ししました)

 

2、売買価格の妥当性(相場相当)が必要です。

上にも書いた通り、親子間売買は 不正な資金洗浄や、資金移動、利益隠ぺいの手段として利用されてしまう可能性があるので、売買金額が正常な相場相当の価格であるか否かも、金融機関の住宅ローン審査の大きなポイントになっています。

住宅ローンの審査がスムーズに進む様に、売買のご相談を受けた段階から、売買金額のアドバイスをさせて頂き、また、金融機関にも近隣での成約事例のデータ等を提供して、審査がスムーズに行くように事前に準備をしました。

 

結果、今回無事に住宅ローンの事前審査が下りて、本日 ご契約となりました。

 

 

なお、今回のお客様は、仲介手数料が通常の 1/4でご契約となりました。

 

弊社のサービスの一つで、売主様・買主様が決まっているお話の場合には、仲介手数料をお二人様合計で「売買金額×1.5%+3万円+消費税」(=通常の「1/4」)でお手伝いさせて頂いております。

 

今回の場合、通常の不動産会社を利用すると お二人合計で約200万円必要な仲介手数料が 、弊社のご利用で1/4 となり、約 150万円もお得にお取引されました。

 

誠に おめでとうございます。

次はあなたの番かもしれません。

 

親子間売買だけでなく、知人、ご友人との売買等ですでに売主様、買主様がお決まりの場合には、弊社のご利用で仲介手数料が1/4になるチャンスです!

 

是非、お問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る