住む場所を決める上で欠かせないのがその場の交通の便がどうなっているのかということですが、中でも千代田区にある秋葉原駅の交通の便はどのようになっているのか、今回はその点についてご紹介していきたいと思っています。

 

 

秋葉原駅には、JR東日本の中でも東北本線と総武本線、東京メトロの日比谷線、首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレスの3社の路線が乗り入れている、接続駅となっており、山手線・東京メトロによる東京都内各地へのアクセスの良さはもちろん、京浜東北線にる大宮や横浜方面へのアクセス、総武線による千葉方面へのアクセスが可能になっているほか、つくばエクスプレスによるつくば方面へのアクセスも可能になっているなど、多方面へのアクセスに非常に優れた駅になっていると言えそうです。

 

 

1日の平均乗降人員はつくばエクスプレスの開業以来増加傾向を続けており、2014年度の1日の平均乗降人員は約72万人、年間に直すと約2億6280万人で、他者との乗り入れなども考慮すると正確な順位を出すことはできませんが、JR東日本では利用者数が第9位、東京メトロでは23位、首都圏新都市鉄道では1位など、国内でもトップクラスの利用者数を誇っており、この点からも便の良い駅であるということが言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る