以前治安の良い街として、23区の中でも治安の良い区の代表的存在である文京区をご紹介しましたが、その文京区に次いで治安の良い地域ということができる中央区の治安の良さについて、今回はご紹介していきたいと思います。

 

 

中央区といえば所得の多いイメージの強い銀座、職人の集まる築地を抱えており、治安の良さに関する絶対的な特徴が、警察などの捜査機関によって犯罪の発生が認知された件数である「刑法犯認知件数」が低いことと言えますが、その裏には地域の中での積極的な防犯対策が功を奏していると言えます。

 
例えば、「安全・安心おまかせ出前相談」というシステムが中でも特徴的で、この制度によって「防犯設備士」という資格を有している「防犯アドバイザー」が各家庭、および分譲マンションの管理組合などにも派遣されていますし、他にも防犯に関するボランティア活動や、防犯対策費の一部助成、「安全安心メール」や「子供110番」などもしっかり浸透していることは非常に素晴らしいですね。

 

 

犯罪発生率自体は1.98%と高く見られがちですが、昼間人口で算出すると0.4%程度にまで数値を抑えることができ、人の集まる場所には犯罪が起きやすくなるということを考えれば、かなり低い数値といえることもできるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る