仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

最近ニュースで都心の大型開発関連の話題をよく耳にします。(森ビルさんの虎ノ門・麻布台プロジェクトや横浜IR誘致表明のニュース等)

 

私は東急田園都市線の奥の方に住んでおりまして、通勤で本沿線を利用させて頂いています。本沿線周辺は、東京急行電鉄株式会社さんが、開発・分譲したエリアで、駅前がきれいに整備され、商業施設も充実した人気駅が数多い活性化沿線です。

 

同沿線の二子玉川駅、たまプラーザ駅はどちらも開発が現在進行中で、綺麗な景観がどんどん形成されていっていて、ここ4~5年の間にずいぶん街の風景が変わりました。※ほとんど主要な開発は終わり、どちらもたくさんの商業施設と住空間の両方が形成され、魅力的な明るいイメージの街づくりに成功しています。

 

そんな中、同沿線の南町田駅が11月13日に再開発プロジェクトが完了し、街開き予定になっております。こちらは2000年にオープンして、2017年に一旦クローズしたグランベリーモール跡地を再度リニューアルしたプロジェクトです。※敷地広さは約22ヘクタールで、234店舗が開店予定!

 

東急電鉄さんと、ソニー・クリエイティブプロダクツさんと町田市の官民連携のプロジェクトで、前回とは違い、駅と公園と商業施設一帯のさらに大規模な計画になり、ほぼ大枠は完成し、オープン間近な段階になっています。

私が現在住んでいる周辺エリアなので、かなり前から駅の北口が、広場や都市計画道路の整備を始めてどんどん風景が変わっていくのを目の当たりにしてきました。※駅南側は開発メインエリアで、工事関係の方しか入れない、中が見れない状況でした。

ようやく完成か…、という感慨深い気持ちで(私が作ったわけではないのですが…。) リニューアルした街並み・建物を歩くのをとても楽しみにしております。

 

今回の計画では、商業施設と公園の中間に「スヌーピーミュージアム」の開館も予定されていて、また新たな人の流れも期待できそうです。※駅名も「南町田」駅から、「南町田グランベリーパーク」駅に名称が変わる予定になっています。

 

また、東急電鉄さんでは、今月からこれまた大規模なプロジェクト「歌舞伎町1丁目地区開発計画」を本格着工するとのこと。映画館・劇場・ライブホール・ホテルなどからなる、地上48階(地上約225 m)・地下5階の高層複合施設計画です。

エンターテインメント機能とホテルが連動した、ナイトタイムエコノミー(よい響きの言葉ですね!)の活性化に貢献する計画になっているとのことで、こちらも完成が楽しみです。

 

私が長いこと働いていた(約9年間)渋谷エリアも、100年に1度と言われるほどの大規模開発が進んでいて、遠目から見ても街の変化・躍動がわかるほど、どんどん新しいインテリジェントビル・複合施設が出来上がって風景を変えています。街の変化を恐れず、乗り遅れず、楽しんでいきたいです…。

 

※上添付画像は南町田駅完成予想イメージです。(画像:東急電鉄)実際は8割方工事完了し、先日エスカレーターが稼働を始めました。(今まで階段だけだったので、これはうれしいです。)

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る