進学や就職、転職などで新しく東京都内に引っ越す予定があるという方にとっては、やはり23区内に住むことに憧れる方も多くいらっしゃることかと思いますので、今回はそんな方々に向けて23区内で新居探しをする時のポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

まず、東京で一人暮らしとなれば考えるのが「山手線の通っている駅の近く」に住むか、あるいは「その沿線を選ぶ」ということになるかと思いますが、山手線でいえば北東方面(田畑、西日暮里など)が地価的には最も安くなっており、反対側である南西側方面(渋谷、恵比寿、目黒など)が最も高くなっているということを、まずは覚えておきましょう。

 

南西側に位置する渋谷や恵比寿、目黒などを中心とした区域は会社や勤務先は多くあるのですが、その分街全体が飲み屋などで溢れていることもあり、住むのにはあまり向いていないことの方が多いので、静かに生活したいという方は避けた方が良いかもしれませんね。
また、大塚駅の北口や五反田駅周辺、新大久保などの周辺は大人のお店や歌舞伎町が近いので、特に女性の場合は避けた方がよいでしょう。
少し時間がかかってしまうかもしれませんが、治安や住みやすさ、そして地価の問題を考えると、山手線沿線では北東方面に住むのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る