一人暮らしをしたいのだけれど、自炊は苦手で、できるだけ外食で済ませておきたい…という方は多いことでしょうから、今回は東京23区の中でも飲食店の多い区についてご紹介していきますので、飽きることなく様々な店で外食をする食生活を過ごしたいという方は、一度参考にしてみてください。

 

23区内で最も飲食店が多い区としては、新宿区・港区・中央区・千代田区・大田区などをあげることができ、特にトップ3に入る新宿区・港区・中央区はその数が5000を超えており、これらの地区に飲食店が多くなっているのは、都心として多くのオフィスなどが集中していることが大きく関わっていそうですよね。

 

最も飲食店が多く集う新宿区内でも、さらにその中で多くの飲食店を有するのが新宿区新宿で、このエリアは新宿駅の東口周辺から新宿御苑、北は東新宿まで広がっており、中でも新宿駅東口の周辺にあたる新宿3丁目にはおよそ600にも及ぶ飲食店が集中していますので、このあたりならば食べたいものに困ることはなさそうですから、新宿区内の中でもこの辺りに住むことはもちろん、新宿駅東口のあたりにアクセスの良いあたりに住むことを検討するのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加