日本の首都である東京には、日本の中でも数多くの外国人が住んでおり、その数は東京都全体4%ほどであるともされているようですが、そんな外国人の方とできるだけ多く交流を持ちたいという方もいれば、できるだけそういった縁は必要ない…という方もいらっしゃると思いますので、そういった方々に土地探しをしていただくときの参考にしていただくために、東京23区の中でも外国人の方が多く住んでいる地域についてご紹介していきたいと思います。

 

東京23区の中でも外国人の方が多く住んでいらっしゃる区としては、新宿区や港区をまず挙げることができ、これらの区では人口に対して10%前後もの外国人の方が住んでいることが大きな特徴で、新宿区在住の外国人の方は9割ほどがアジア系の方に、港区在住の方の半数近くは欧米の方が占めているようですから、こういった方々との交流がしたいという方は、新宿区や港区に住むことを考えてみるのも良いかもしれませんね。

 

また、割合的に上位に挙がったのは新宿区と港区ですが、数だけを見るならば江戸川区や足立区、江東区なども2万人以上の方が暮らしてるとのことですから、これらの区に住むことを考えてみるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加