新生活を始めるにあたって、土地が変わることによって入居者様に降りかかる変化には様々なものがあることかと思いますが、その中でも「ゴミ捨て」に関する変化には難しいものが多くあり、「新居でのゴミ捨てはどういったルールで行われているのだろう」「ゴミ袋は指定のものがあるのか?」などの疑問を抱かれる方も多いことでしょうから、今回は東京23区のゴミ袋についてご紹介していきます。

 

ゴミ捨てとなると、住んでいる地域指定のゴミ袋があり、そのゴミ袋をコンビニやスーパー、ホームセンターなどで購入して、そのゴミ袋に合わせたゴミを袋に入れて指定の日に出して…というイメージを抱かれる方が多いかもしれませんが、東京23区内のゴミ袋は、数年前までは23区推奨のゴミ袋がありましたが、現在はなんと無料となっており、半透明・透明の袋であればなんでも良いということになっていますから、100円均一などで半透明・透明のゴミ袋を買うのももちろん良いですし、スーパーのレジ袋などを活用することもできそうですから、非常に助かりますね。

 

都内でも八王子市や立川市、武蔵野市など多くの市では有料、しかも価格設定がかなり高めのゴミ袋が指定のものとされていますので、こういった細かい出費を抑えたいという方は、23区内に住んだ方が良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る