多くの人々が暮らしやすい街として、飲食店が充実している点や、閑静な住宅街である点などを挙げる傾向があり、東京23区内においても、そのような便利で暮らしやすい街が注目を集めています。

 

「東京23区内で最も人口密度が低い街」として知られているのが、千代田区で、この千代田区には、数多くの企業の本社や事務所などが密集しているのですが、夜になると、ほとんどのビジネスマンやOLたちは他の区に帰宅してしまいますので、夜間は人通りも少なく静かになる一方、昼間人口は多くなり、注意が必要です。

 

東京都区内をはじめとする都会では、このような昼間と夜間で人口が大きく変わるという現象はよくありますね。

 

千代田区の人口密度が低いのは、この地域の面積が原因であると考えられており、というのも十分な広さで大型のビルディングも立ち並ぶこの地区では、ビジネスマンやキャリアウーマンの勤務地が多くなり、昼間は人口が多くなるのですが、夜間や土日祝日などは急速に人口が減少することから、東京都千代田区は、ビジネス街として世界中の人々の間で高い知名度を誇っているのです。

 

日中はいきいきと働ける職場として、夜や休日は静かなオフィス街として異なる面を持っているので、「昼間はしっかり働いて、夜はゆっくり過ごしたい」という方にはぴったりの土地と言えるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る