GW中はいかがお楽しみでしたか?
お隣り韓国の大事故も悲惨ですが、日本でも各地で山の事故が相次いでおります。
いまだに行方不明者の捜索も続いています。
ご無事をお祈りします。

最近は山で山ガールならぬ若い女性を見掛けることが多くなりました。
登山ブームですが、特に我々中高年に春山での非劇が起きています。
この時期は天候急変による低体温症での遭難が一番多いそうです。

北アルプス北部は「世界4大最悪気象地域」とも呼ばれGW中でも
暑くなると夏のようになり、吹雪などで冷えれば零下もあっという間です。
特に我々、中高年になると皮下脂肪が少ないため、体温が奪われ易いそうです。

平成10年度での遭難件数は1220件、その中で75%が40才以上、
そして55才以上が全体の6割を占めていました。
かくいう私もつい数年前、脛骨腓骨のW骨折で救急搬送された経験があります。
その節は多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしました。
なので、他人事ではないのです。

「最悪の場合を考え行動し、危険を察したら即下山」が常に基本である事。
これが山々の自然に対する畏敬の念です。

春山の楽しさ、素晴らしさ。そして一転する天候、その怖さ。
改めて肝に銘じます。

263185_photo[1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る