特に一人暮らしを検討されているという方にとって気になってしまうのが、新居をかまえる土地の「治安」についてですが、23区の中でも最も「治安が悪い」ということで悪評がつきまとう新宿区の治安がなぜそこまで悪いとされてしまうのでしょうか、今回はその点についてご紹介していきます。

 
東京都内の副都心である新宿区には非常に多くの企業のオフィスが集中しており、駅自体も大きく、非常に多くの人が行き交っていますが、日本最大の歓楽街とすら言われている「歌舞伎町」があり、新宿区で起こる犯罪の多くがその歌舞伎町を起点として起こっています。

 

歌舞伎町内では実際に新宿に住んでいる人々というよりも、関東近県あるいは外国から来ている観光客が多く集まっており、そういった人々が巨額の大金を使う街となっていますので、それだけ犯罪が起こりやすくなってしまっているのです。

 

また、行き交う人々の数が多いにもかかわらず、駅周辺の人口の多さに対して交番の数が少ないとされているのもこの治安の悪さにつながっており、新宿の中でも歌舞伎町周辺の人で不足感はまだまだ解消されていないようですから、新宿区内に住むにしても、治安に関する問題で心配があるという方は、せめて歌舞伎町からは離れたところに住むことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加