東京、あるいは国内でも有数のオフィス街として名を馳せる新宿区は、駅の入り組み具合などからもかなり多くの人間が行き交っている街となっていますが、そんな東京都新宿区はその街の構造的にも、一般的には住みにくい街とされています。
しかし、そんな新宿区に住むことにも、いくつか新宿ならではのメリットを享受することができますので、今回はそのメリットについてご紹介していきたいと思います。

 

 

新宿区に住む最も大きなメリットは、何よりも交通の便が良いことで、JR新宿駅周辺まで歩けばJR、小田急線、京王線、丸の内線、大江戸線、西武線と、かなり多くの路線を利用できますので、首都圏近郊はほとんど乗り換えなしでアクセスすることができるのです。
都内各所までのアクセスは良いものの、乗り換えは欠かせない…という街は多数存在するものですが、新宿駅周辺を利用すれば路線をまたぐ必要のない通勤時間を過ごすことができるので、通勤時間中のストレスをかなり軽減することができるかもしれませんよ。
また、新宿ではとにかく多くの人が行き交っていますので、飲食店やコンビニの数はかなりの多さを期待することができ、夜遅くても開いているお店が多いこともあって、新宿区に住んでいれば終電時間を気にせずに飲み歩くことができるなど、独特の優越感を感じることもできるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加