年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
星 和宏ほし かずひろ

接道義務(セツドウギム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月22日

こんにちは。

仲介手数料最大無料【REDS】不動産流通システムの星です。

 

本日は接道義務(セツドウギム」)についてお話いたします。

 

接道義務とは、都市計画区域内で建物を建てる場合、原則として幅員4m(特定行政庁が幅員6m以上を道路として取り扱う区域は6m以上)の建築基準法上の道路に、2m以上接した敷地(土地)でなければならないと定めています。

 

そのため1つの土地を分割して販売する場合などでは、道路から離れた奥まった土地の一部を敷地延長させギリギリ2mだけ道路に接するようにしているケースが多いです。

ちなみにこうした形状の土地を「旗竿状地」といい、旗竿の竿の部分が敷地延長した道路に当たります。また、旧市街地内の土地を購入する際に多いのが、敷地に接している道路の幅が4mに満たないケース。この場合は、道路の中心線から2m敷地の縁を後退させなければならず、これを「セットバック」と言います。

 

 

戸建て、マンション問わずご不明な点等につきましては、適正にご説明・ご提案をさせていただければと思っております。

 

REDS【株式会社 不動産流通システム】の星(ホシ)までお気軽にお問い合わせください。

 

Mail:ka.hoshi@red-sys.jp

携帯:070-1420-1583

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る