住まいの音に関する調査」が行われました。
一戸建てに居住する全国の既婚女性500名を対象に住まいにおける気になる音や音のマナー等について調査したものです。
「住まいで気になる音があるか」については、「ある」が51.8%と半数を占めました。
具体的には「自動車の走行音やブレーキなどの音」(47.1%)
「駐車中の自動車のアイドリングの音」(33.6%)等、自動車に関する音が多いことが分かりました。
また、これらの音が気になるシーンについては「就寝中」(33.2%)や
「就寝前(ベッドや布団に入ったとき)」(32.4%)が多かった。
近隣に対しての音のマナーとして必要なことは、「宴会やパーティーなどで深夜まで騒がない」(52.8%)
「車やバイクはエンジンをかけたまま(アイドリング)にしない」(52.4%)
「大工仕事など音の出ることは昼間に行なう」(50.4%)が上位を占めました。
また、近隣から音が続いた場合の対応については、「近所とのトラブルを避けたいから我慢すると思う」(50.6%)が
多数を占めましたが、「知り合いや行政を通じて間接的に伝えると思う」(21.6%)
「直接、伝えると思う」(17.4%)を合計すると、約4割が何らかの形で伝えると回答した。
みなさん凄いですね。
私ですか????
小心者ですから、黙っています・・・・!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る